生後11ヶ月の赤ちゃんの幼児教育

生後11ヶ月の赤ちゃんの発達と接し方

生後11ヶ月の赤ちゃんは行動範囲が広がっていき、いままでより活発になっていきます。つかまり立ちができるようになると、一気に赤ちゃんの行動範囲も広がりますので、その分危険な場面も出てきます。赤ちゃんに合った幼児教育を取り入れながらも赤ちゃんが危なくないように目を離さないことが大切です。

 

また、この時期は自己主張も強くなってきているので、思い通りに行かないと癇癪を起すこともあります。うまくいかなくて当たり前なので、「幼児教育」にとらわれ過ぎず、赤ちゃんのペースで進めていきましょう。そしてママ自身もストレスをため込み過ぎないように工夫しながら、赤ちゃんと楽しみながら接していくことが大切です。

 

生後11ヶ月の赤ちゃんの教育

生後11ヶ月の赤ちゃんに幼児教育を始めたいと考えているママ向けに、おすすめの遊びをご紹介します。赤ちゃんもママも楽しみながら教育に繋がっていくようなものがたくさんありますので、今すぐにでも取り入れることが可能です。いろいろ調整してみて、ぜひ赤ちゃんの性格にあった遊びや赤ちゃんの好きなものを見つけてみてください。

 

【新聞をビリビリやぶる】

赤ちゃんでも無理なく扱える新聞紙は、赤ちゃんの思うままにビリビリとやぶることができます。やぶるときの音や感覚が何とも言えずに楽しいので、生後11ヶ月の赤ちゃんにピッタリの遊びです。

 

【動くおもちゃ】

定番の動くおもちゃと言うと電池で動くわんちゃんがあります。「ワンワン」とかわいい声で泣きながら動くので、赤ちゃんの好奇心をくすぐる場合もあります。 しかし、赤ちゃんによっては突然動き出すことにビックリして泣き出してしまう子もいるので注意が必要です。

 

【お絵描き・スタンプ】

赤ちゃんでも使いやすいクレヨンなどを使ってママと一緒にお絵描きを楽しんでみるのも良いでしょう。また、スタンプであれば赤ちゃんも無理なく扱えるので、クレヨンと併せてスタンプも取り入れてみると良いでしょう。口に入れないように注意しながら遊んでみましょう。

 

【積み木】

生後11ヶ月ごろであれば、積み木を2つほど詰む事ができますので、好きな色の積み木を積んだり、好きな形の積み木を摘んだりと赤ちゃんの興味を引きながら指先を使って遊ぶことが出来ます。 また、積み木によっては、振ると音が鳴るものがあったり、キャラクターが描かれているものもありますので、赤ちゃんの好みに合わせて選んでみてください。

 

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php