赤ちゃんが歩くのはいつから?

赤ちゃんが歩くのはいつから?

赤ちゃんが歩く時期

つかまり立ちや伝い歩きが上手になってきた赤ちゃん。
そろそろ歩き始めるのかなと、ママは心待ちにしていることでしょう。

 

赤ちゃんが歩く時期は、1歳前後です。
この時期には大きく個人差があり、生後10ヶ月頃やもっと早い時期に歩き始めたという赤ちゃんもいれば、最初の一歩を踏み出したのが1歳半を過ぎた時期だというマイペースな赤ちゃんもいます。
1歳前後という時期はあくまで目安として、ママはゆったりとした気持ちで赤ちゃんの成長を待ちたいですね

赤ちゃんが歩くようになるまで

多くの赤ちゃんは生後8ヶ月頃からはいはいを始め、歩き始めるための足腰の力を付けます。
やがて、つかまり立ちでたっちの時のバランスのとり方を知り、伝い歩きで足の使い方を身に付けます。
手を放して立てるようになると、最初の一歩を踏み出すまでもう少しです。

 

中にはこの行程をあっという間に習得したり飛ばして、感覚で歩いてしまう赤ちゃんもいて、ママを驚かせてしまうこともあるようです。
しかし、初めての「あんよ」を見逃してはもったいないですから、歩きはじめまでの段階を、日々の成長のなかで捉えておくといいかもしれません

赤ちゃんが歩き始めたら気を付けたいこと

赤ちゃんが歩き始めた時のために、気を付けたいポイントを押さえておきましょう。

 

【部屋の環境を整える】
歩き始めた赤ちゃんは、あっという間に行動範囲が広がります。
これまでも部屋の環境には気を付けてきたとは思いますが、今一度確認してみましょう。

 

・転倒した時にぶつけそうな角は保護されているか
・歩行の邪魔になるものはないか
・足元に踏んだら痛そうなおもちゃは散らかっていないか
・赤ちゃんの手の届くところに危険なものはないか
・ベビーゲートはきちんと固定されているか
など、気を付けてみてください。

 

余裕があれば家具の配置などを見直し、赤ちゃんが歩くスペースを確保してあげましょう。

 

【室内用の靴を用意】
赤ちゃんが歩けるようになるとファーストシューズを用意しますが、外で履くものの他にも、室内用の靴を用意して歩く練習をしておくといいですよ。
柔らかい素材で通気性が良く、足の裏に滑り止めがついているものを選びましょう

 

【手は繋がない】
赤ちゃんが歩き始めると、パパやママは手を繋いで歩くことに憧れますよね。
しかし、歩行が慣れていないうちに手を繋ごうとすると、赤ちゃんが転びそうになった時に腕を無理やり引っ張ったり、赤ちゃんが歩くことに集中できなくなってしまいます
赤ちゃんがある程度上手に歩けるようになってから手は繋ぐようにし、しばらくは歩くことを楽しませてあげましょう。

 

なお、お散歩の道路やお出かけ先で赤ちゃんが一人で歩くのは、危険が伴います。
家や芝生の公園などで歩くことに慣れ、手を繋げるようになってから歩くようにしてください

歩くのが早くても(遅くても)大丈夫?

1歳前後で歩き始める赤ちゃんですが、あまりに早い・遅いと、ママは心配になるかと思います。
気を付けることはあるのでしょうか。

 

【歩き始めが早い場合】
はいはいをしっかり行うことで腕や体感が鍛えられると言われているので、あまりにもはいはいの時期が短いと、赤ちゃんの体に負担なのではないのか?と不安になるママもいるでしょう。しかし、だからと言って無理やり赤ちゃんが歩こうとしているのを止めさせようとはしなくて大丈夫です。
赤ちゃんの骨格がしっかり整ったから歩けるようになったんだと思って、成長を喜んでくださいね

 

また、歩き始めが早いと、ママも嬉しくなってつい歩行の練習を進めたくなると思いますが、赤ちゃんを無理に立たせたり歩かせるようなことはせず、赤ちゃんのペースで歩行を楽しめるよう見守っていってあげてください。

 

【歩き始めが遅い場合】
歩き始めが遅いことも、多くは赤ちゃんの性格や成長の個人差によるものです。
1歳を過ぎても歩かないからといって焦らず、はいはいの時期を楽しんでいる赤ちゃんを見守っていきましょう。
とはいっても、赤ちゃんの成長が遅いと、ママが心配する気持ちも分かります。

 

1歳半健診でも歩き始めが見られないようでしたら、相談してみましょう
体や知能の発達状態を総合的に見てもらい、専門家に判断してもらったり必要に応じて小児科医に診てもらいます。

 

【歩く練習をしてみる】
赤ちゃんが歩くのが遅いと、ママは心配になって歩く練習をさせたくなるかもしれません。
歩くのが遅いのも、赤ちゃんなりの発達のペースなので、無理に手を引いて歩かせて…という練習は必要ありません

 

その代わり遊びの中で楽しみながら赤ちゃんの足腰を鍛えるというのは、取り入れていってもいいでしょう
つかまり立ちをしている赤ちゃんをママが呼んで伝い歩きの練習をし、上手に来れたら抱きしめてあげましょう。赤ちゃんも達成感を感じられ、歩行が楽しいと感じてくれるかもしれません。

赤ちゃんの歩き始めを見守ろう

赤ちゃんによって成長に個人差はあるものの、いつかは歩く時がやってきます。
周りの赤ちゃんと比べることなく、我が子の成長ペースで歩く日を待ちましょう。

 

「もうすぐ歩きそうかな?」と思ったら、最初の一歩は見逃さないよう見守っていきたいですね。

この記事を書いたライター

斉藤亜依
斉藤亜依

4歳と2歳のやんちゃ娘を育児中の元保育士。現在は旦那の自営業を支えながらも、保育や子育ての経験を活かせる仕事がしたい!と強く思い、上の子の出産を期にライターの仕事をしています。 ワ―ママ×ワンオペ育児でキツイと感じることもありますが、同じように仕事や育児に奮闘するママに寄り添えるような記事をお届けしたいと思っています。

この記事もおすすめ

int(34)

赤ちゃんのストローの練習の始め方は?

ストローは赤ちゃんの吸啜反射の対象外 赤ちゃんは、新生児の頃から原始反射の吸啜...

友達への1歳の誕生日プレゼント14選

友達への1歳の誕生日プレゼント14選

1歳の友達用誕生日プレゼントの選び方 1歳のお誕生日プレゼントを友達や、ママ友...

【月齢別】幼児期に必要なもの

月齢12ヶ月以降に必要なものは? 赤ちゃんが生まれてからの12ヶ月、大きな成長...

赤ちゃんの離乳食完了期の献立

赤ちゃんの離乳食完了期の献立

赤ちゃんの離乳食完了期の進め方 赤ちゃんも、いよいよ1歳! 1歳が近くなって...

離乳食完了期(12~18ヶ月頃)とは

離乳食完了期とは 離乳食完了期になると、主食とおかずそれぞれ子ども用の茶碗に1...

離乳の基本指針とは~離乳食の進め方~

離乳の基本方針 離乳とは、赤ちゃんが成長して、母乳やミルクだけでは足りなくなっ...

1歳女の子への誕生日プレゼント

1歳女の子への誕生日プレゼント

1歳女の子への誕生日プレゼント選び 1歳の誕生日は、赤ちゃんの初めての誕生日。...

1歳の赤ちゃんにおすすめのおもちゃ

1歳の赤ちゃんのおもちゃは何がいい? 1歳になった赤ちゃんは、つかまり立ち、つ...

【離乳食後期】だしで作るスープレシピ

【離乳食後期】だしで作るスープレシピ

毎日の離乳食作りは大変! 毎日パパとママの料理に加えて離乳食も作るのは大変です...

12ヶ月の赤ちゃんとのあそびかた

生後12ヶ月の赤ちゃんとの遊び方

生後12ヶ月の赤ちゃんができること 生後12ヶ月、いよいよ1歳になった赤ちゃん...

赤ちゃんは蕎麦をいつから食べられる?

赤ちゃんは蕎麦をいつから食べられる? 日本人にはなじみのある蕎麦は栄養価も高く...

1歳の誕生日におすすめ!離乳食ケーキ

1歳の誕生日のケーキはどうする? 離乳食後期や完了期になると、フルーツや赤ちゃ...

市販離乳食のアレンジレシピ【完了期】

市販離乳食のアレンジレシピ【完了期】

離乳食完了期に便利な市販の離乳食 個人差がありますが、1歳〜1歳6ヶ月くらいの...

生後12ヶ月の赤ちゃんのママの心と体

断乳・卒乳による乳房のケア 赤ちゃんの1歳の誕生日を機に、断乳を検討するママも...

【生後12ヶ月】赤ちゃんとママの過ごし方

【生後12ヶ月】赤ちゃんとママの過ごし方

生後12ヶ月の赤ちゃんの過ごし方 赤ちゃんが生まれて12ヶ月。 赤ちゃんもつ...

生後12ヶ月の赤ちゃんの体の成長

身長・体重 パパもママも家族みんなで、1歳になるわが子のめでたいお誕生日を感激...

赤ちゃんの成長に合った椅子とは?

赤ちゃんに合った椅子かどうかチェック 離乳食がスタートすると、赤ちゃんが食事を...

生後12ヶ月の赤ちゃんはこれを知っておこう!

生後12ヶ月の赤ちゃんの体の発達 【生後12ヶ月の平均身長】 男の子:70....

生後12ヶ月の赤ちゃんへのプレゼント

12ヶ月の赤ちゃんへプレゼントを贈ろう 生後12ヶ月。いよいよ赤ちゃんも1歳を...

睡眠時間と生活リズム(月齢6ヶ月~1歳)

月齢が進むと睡眠時間はどうなる? はいはいしたりおすわりができるようになる6ヶ...

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php