生後1ヶ月の赤ちゃんにおすすめの絵本

生後1ヶ月の赤ちゃんにおすすめの絵本

生後1ヶ月の赤ちゃんの絵本選びは?

誕生して1ヶ月の赤ちゃん。

この時期の赤ちゃんはまだ視力が0.01〜0.02程度で、授乳するくらいの距離ならなんとかママの顔を見ることができます。
色の違いが分かるのは生後2〜3ヶ月と言われていますが、生後1ヶ月でも明るくはっきりとした原色や白黒のコントラストが明らかなものなら、ボヤッと認識することもできるでしょう。
聴力については、胎児の頃にほぼ出来上がっているため、「音」に反応できる力をすでに持っていると言えるでしょう。
また、手や肌の感触は十分に発達しているので、親子のスキンシップを大切にして、赤ちゃんの心と体の発達を促していきましょう。

そんな生後1ヶ月の赤ちゃんへの絵本選びのポイントをおさえておきましょう。

【ポイント①カラフルでコントラストのはっきりとした絵柄を選ぼう】
この時期はまだ視力が弱いので、細かい絵や淡く描かれたものだと認識するのが難しいでしょう。
カラフルな原色で、コントラストがはっきりと描かれたものを選びましょう。

【ポイント②音が楽しめる絵本】
視覚と比べると、新生児の頃から聴覚はしっかり備わっているので、大人が読んでいて楽しくなるような絵本を選びましょう。
テンポよく読めるものや言葉を繰り返す絵本がおすすめです。

生後1ヶ月の赤ちゃんにおすすめの絵本

生後1ヶ月の赤ちゃんには、カラフルでコントラストのはっきりとした絵本や音が楽しめる絵本がおすすめです。
具体的にはどのような絵本があるのでしょうか。おすすめの絵本をご紹介していきます。

【おすすめ絵本①「いっしょにあそぼ しましまぐるぐる」】
絵/かしわら あきお
学研

「しましまぐるぐる」というタイトルの通り、カラフルで分かりやすい「しましま」と「ぐるぐる」が表紙の大人気の絵本です。
赤ちゃんが思わず、「これ何だろう?」と興味を持ってくれるかもしれません。
カラフルな色とともに、低月齢でも認識しやすい黒を中心に描かれているので、早い赤ちゃんだと生後1ヶ月でもなんとなく見えることができるでしょう。
また、絵柄だけではなく「ぐるぐるぐるー!」という面白い言葉も楽しみながら読み聞かせをすることができますよ。

【おすすめ絵本②「いっしょにあそぼ あかあかくろくろ」】
絵/かしわら あきお
学研

前作「しましまぐるぐる」に引き続き大人気シリーズの一冊です。
この時期の赤ちゃんでも反応してくれるくらい、はっきりとした「赤・黒・白」を中心に描かれています。
ネコや長靴など、絵柄もはっきりとしているので興味を持ってくれるかもしれません。
穴あきの仕掛けもあり、楽しく遊びながら読み聞かせることができます。

【おすすめ絵本③「ごぶごぶ ごぼごぼ」】
作/駒形 克己
福音館書店

絵本のタイトルにもある通り、「ごぶごぶ ごぼごぼ」というなんとも不思議な音。
少し低い声で読んでみたり、声に強弱をつけるとさらに面白く読み聞かせることができますよ。
登場するのは、これまた不思議な形の水の塊のようなもの。
水色や青、オレンジなどのはっきりとした色で描かれており、「ごぶごぶ ごぼごぼ」をはじめ「ぷくぷく」「ぷぷぷ」など面白い音がたくさん登場します。

【おすすめ絵本④「くっついた」】
作・絵/三浦 太郎
こぐま社

赤ちゃんとのスキンシップを楽しみたい方に特におすすめの絵本です。
「くっついた」とタイトルにあるように、ママと赤ちゃんの頬がくっついた絵の表紙が目印です。
お話がとてもシンプルで、ページをはさんで向かい合った動物たちがページをめくるとくっついていく、というのを繰り返します。
その度に、ママと赤ちゃんも頬をくっつけたくなるような絵本です。
ぞうさんやあひる、おさるさんなど可愛らしい動物の絵柄にも和みますよ。

1ヶ月の赤ちゃんと絵本を楽しむには

この時期の赤ちゃんと絵本を楽しむためには、どのような工夫をしたらよいのでしょうか。

【コツ①赤ちゃんの顔をしっかり見て読み聞かせる】
赤ちゃんに絵本を向けて読み聞かせるのも良いですが、ぜひ赤ちゃんの顔をしっかり見て読んであげましょう。
ページをめくる度に赤ちゃんの表情がどう変わるのか、観察するのも楽しいでしょう。
また、絵本がよく見えていないかも?と感じたら、近づけるなどをして、見えやすくなるように工夫してみましょう。

【コツ②優しく語りかけるように】
読み聞かせていると、ちゃんと見えているのか、ちゃんと聞こえているのかよく分からないこともあるでしょう。
ですが、生後1ヶ月の赤ちゃんでも聴覚はしっかりと発達しているので、ぜひ根気よく読み聞かせてあげましょう。
聞こえているのか分からなくて、つい声が大きくなってしまうこともあるかもしれません。
そうではなく、ぜひ優しく語りかけるようにして、赤ちゃんがびっくりしてしまわないように注意しましょう。

まとめ

生後1ヶ月の赤ちゃんにどうやって絵本を読んだらいいの?と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。
この時期でもしっかり聞こえているので、おすすめの絵本から選んで、ぜひ楽しく読み聞かせてあげましょう。

この記事を書いたライター

おがわ みなみ
おがわ みなみ

関西在住で一児の母です。 子育てをしながら仕事も両立したいと思い、在宅ライターを始めました。 日々、子供と楽しく暮らせるよう工夫することが大好きです。 新米ママやプレママさんのお役に立てるような記事をお届けします。よろしくお願いします。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php