生後1ヶ月の赤ちゃんの体重

生後1ヶ月の赤ちゃんの体重について

赤ちゃんが生後1ヶ月を迎えると、1ヶ月健診がありますね。

家にベビースケール等がなければ、退院後の赤ちゃんの体重を初めて知ることになるママも多いのではないでしょうか。

 

健診時の赤ちゃんの体重を見て、順調と感じるママもいれば、不安を覚えてしまうママもいると思います。

そこで今回は、生後1ヶ月の赤ちゃんの体重について、増え方やその対処法などを中心に解説します。

 

生後1ヶ月の赤ちゃんの体重と増え方

【生後1ヶ月の赤ちゃんの体重】

生後1ヶ月の赤ちゃんの体重の目安は以下の通り(※1)です。

 

・男の子 4.435~5.22kg

・女の子 4.08~4.86kg

 

※1出典:平成22年乳幼児身体発育調査報告書|厚生労働省

 

出生時からおよそ1kgほど増えており、その成長スピードに驚くママも多いはず。

生まれてすぐの頃は細い手足でか弱かった赤ちゃんも、生後1ヶ月を向かるころにはだんだんと肉付きが良くなってきます。

 

【生後1か月の赤ちゃんの体重の増え方】

生後1ヶ月の赤ちゃんは、生後0ヶ月の時と同様に1日に約30gずつ体重が増加します。

しかし、赤ちゃんの体重の増え方には個人差があるため、「必ずしも1日30g増えていなければならない」ということではありません。

 

【生後1ヶ月】体重が増えない時

【おっぱいを上手に飲めていないことも】

生後1ヶ月にもなると、ママはもちろん赤ちゃんも授乳に慣れ、スムーズに飲めるようになってきます。

しかし、まだまだ上手におっぱいを飲むことができない赤ちゃんも多くいます。

 

特に母乳の場合は、ママのおっぱいが赤ちゃんにとって飲みにくい形である場合もあります。

陥没乳頭や扁平乳頭、また、赤ちゃんにとってママの乳頭が大きすぎ・小さすぎたりと、おっぱいと赤ちゃんがぴったりと相性が合うことは意外と難しいのです。

 

そんな時は、ニップシールドといった、乳頭に取り付けるシリコン製の保護器を使用するとスムーズに授乳が行えることもありますよ。

ニップシールドを使用すると、乳頭の形が変わってきて陥没乳頭や扁平乳頭のママもゆくゆくは直接授乳できるようになったという例もあるので、試してみてください。

 

【湯冷ましに注意】

お風呂あがりに赤ちゃんに飲ませる「湯冷まし」は、一昔前までは必ず与えていましたが、現在は必ずしも必要というわけではありません。

むしろ栄養のない水でお腹が膨れてしまい、その後の授乳に影響することもあります。

 

お風呂あがりの水分補給は母乳やミルクを与えるようにしましょう。

授乳してすぐにお風呂に入れると、嘔吐することもあるので、授乳後1−2時間程度経ってからお風呂にするようにしましょう。

 

【ミルクを足してみる】

完全母乳育児をしたいという気持ちが強すぎると、結果として赤ちゃんが本来と必要とする栄養が不足してしまうこともあります。

生後1ヶ月の頃は、まだまだ母乳育児が軌道に乗らないママも多く、生後3~4ヶ月頃に完全母乳へ以降するというパターンもあります。

完全母乳にこだわらず、赤ちゃんの体重が増えない時はミルクの力を借りるようにしましょう。

 

【母乳外来に相談しよう】

母乳育児で、赤ちゃんの体重が増えない場合は母乳外来へ相談してみるのも一つの方法です。

母乳外来では授乳の方法や、ママのおっぱいの様子などを確認し、適切なアドバイスを受けることができます。

 

【小児科に相談しよう】

赤ちゃんの体重が増えなかったり減ってしまう時は、母乳やミルク以外にも赤ちゃん側に原因があることもあります。

上記の方法を試しても改善が見られない場合は、なるべく早めに原因を見つけるためにも、すぐに小児科へ相談するようにしましょう。

 

【生後1ヶ月】体重が増えすぎる時

【母乳は赤ちゃんが欲しがるだけ与えてOK】

赤ちゃんの体重が増えすぎていると感じたとしても、この時期は、赤ちゃんが欲しがるだけ母乳を与えるようにしましょう。

 

生後1ヶ月の赤ちゃんは、1日におよそ30gのペースで体重が増加しています。

しかし、この数値はあくまでも平均値であり、その増え方は赤ちゃんによって個人差があります。

 

特に生後1カ月の赤ちゃんに「太りすぎ」ということは滅多にありません。

そのため、この数値以上の体重の増加ペースでも、深く気にしないようにしましょう。

 

【ミルクは既定の量を守ろう】

ミルク育児の場合は、しっかりと既定の量を守ることが大切です。

メーカーの規定量以上のミルクを与えると、体重が増えすぎるほかに消化器官に負担を与えてしまう恐れもあるので注意しましょう。

 

【自己判断で授乳回数を減らさないで】

赤ちゃんの体重の増加ペースが気になっても、自己判断で授乳回数を減らすことは絶対にやめましょう。

どうしても気になる場合は、病院や母乳外来で相談をして、授乳についてのアドバイスをもらってくださいね。

 

まとめ

1ヶ月健診で、体重について医師から指摘されることがあるかもしれません。

しかし、体重はあくまで成長の目安です。

あまり神経質に数字にこだわりすぎず、おおらかな気持ちで育児を楽しめるといいですね。

この記事を書いたライター

小橋 まな
小橋 まな

2歳の娘を育児中のママライター。出産前は子供がとても苦手だったのに、今では娘を溺愛しすぎてたまに我に返ることもあるほどです。育児休暇後職場復帰の予定が、実父の体調不良をきっかけに退職し在宅ライターの道へ。心配性で神経質になってしまった0歳児育児の過去の自分を振り返り、ママたちが安心して育児ができるような記事をお届けしたいと思います。

この記事もおすすめ

int(12)

【生後1ヶ月】赤ちゃんの写真を撮ろう

生後1ヶ月の成長を写真に収めておこう ママも育児に少しずつ慣れてきた生後1ヶ月...

生後1ヶ月の赤ちゃんの体の成長

身長・体重 生後1ヶ月の赤ちゃんは、生まれた直後よりも1kgほど増えて全体的に...

赤ちゃんのお宮参りはしないといけない?

お宮参りはしないといけないの? お宮参りとは、赤ちゃんが生まれて生後1ヶ月を目...

睡眠時間と生活リズム(月齢0~1ヶ月)

月齢によって睡眠時間は変わる 赤ちゃんのお世話が始まって気付くことのひとつが ...

生後1ヶ月の赤ちゃんへのプレゼント

1ヶ月の赤ちゃんへプレゼントを贈ろう 赤ちゃんが生後1ヶ月を迎えた頃にある、1...

生後1ヶ月の赤ちゃんのお世話

生後1ヶ月の赤ちゃんのお世話ポイント 赤ちゃんがいる生活にも少しずつ慣れてくる...

生後1ヶ月の赤ちゃんはこれを知っておこう!

生後1ヶ月の赤ちゃんの体の発達 【生後1ヶ月の平均身長】 男の子:50.9~...

出産内祝いの基本マナー3つ

出産内祝いとは? 内祝いとは、いただいたお祝いに「お返し」として贈るギフトのこ...

出産祝いを渡すタイミング

出産祝いを渡すタイミング 赤ちゃんが生まれるというおめでたい話を耳にするとうれ...

赤ちゃんの夏のお宮参りの服装は?

赤ちゃんのお宮参りを夏に行うとき 赤ちゃんの健やかな成長を願い、氏神様にお参り...

三輪ベビーカーを選ぶポイント

三輪ベビーカーの特徴は? これまで四輪のベビーカーが主流でしたが、最近は前輪に...

乳児「1ヶ月健診」の内容は?

乳児「1ヶ月健診」とは 出産を無事に終え、赤ちゃんとの生活がスタートしました。...

1ヶ月の赤ちゃんとママの過ごし方

【生後1ヶ月】赤ちゃんとママの過ごし方

生後1ヶ月の赤ちゃんの過ごし方 赤ちゃんとの生活も1ヶ月が経過、もっともめまぐ...

お宮参り

お宮参り お宮参りは、赤ちゃんが初めて神社へお参りする行事です。地元の氏神様に...

赤ちゃんのお宮参りでのパパの服装

赤ちゃんのお宮参りのパパの服装は? 赤ちゃんにとって初めてお家以外の場所で行わ...

赤ちゃんのお宮参りの服装は?

赤ちゃんのお宮参りとは? お宮参りは、お家以外で行われる初めての赤ちゃんのお祝...

赤ちゃんをお風呂に1人で入れる方法

赤ちゃんをお風呂に1人で入れる方法

赤ちゃんとママの初めてのお風呂 1ヶ月健診で、特に赤ちゃんとママに異常がなく、...

【産後1ヶ月】ママによくある悩み

産後1ヶ月のママの悩みは? 出産から1ヶ月経ち、1ヶ月健診を終える頃。産後すぐ...

生後1ヶ月の赤ちゃんの遊び方

生後1ヶ月の赤ちゃんとの遊び方

生後1ヶ月の赤ちゃんができること 生後28日までが「新生児」なので、生後1ヶ月...

【月齢別】新生児時期に必要なもの

月齢0~2ヶ月の時期に必要なものは? 赤ちゃんのお世話に必要なアイテムはたくさ...

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php