生後3ヶ月の赤ちゃんの生活

授乳量と授乳回数

生後3ヶ月の授乳回数は、母乳で1日8~10回ほど、ミルクだと1日6~8回が目安となります。授乳量はその子の体重にもよりますが、1日トータルで、母乳が900~1000ml、ミルクが800~1200mlです。

 

胃が大きく育ってきて、1度にたくさん飲めるようになることと、空腹感が認識できるようになることで、おっぱいやミルクの間隔があいて、飲む時間が定まってきます。また、赤ちゃんは満腹感も認識できるようになるので、自分で適量を飲むようになってきます。赤ちゃんによっては、遊び飲みやむら飲みをする子も出てくるでしょう。

 

一般的には、これまでよりも授乳量が増える時期ですが、個人差もありますし、授乳時間が減っても1回に飲める量が増えていたり、母乳量が増えていることに実感がないこともあったりするため、あまり飲まないからといっても体重が減少していなければ様子を見る程度で構いません。 また、粉ミルクの時にあまり飲まないから、もしくは飲みすぎてしまうからといって、調乳を薄める必要もありません。

 

服装

首がしっかりしてきて、手足を動かせるようになるので、よく動く赤ちゃんは、肌着のひもがほどけてしまうこともあります。そんな時には、前開きのボディ肌着に変えて様子を見るようにしましょう。

 

服のサイズは60サイズが一般的ですが、大きめの赤ちゃんであれば70サイズも着られるようになります。この時期は、成長が早いのですぐにサイズアウトしてしまうため、季節が変わるころに少しずつ買い足すようにしましょう。

 

また、汗をかきやすいので、直接肌に触れる肌着は、やわらかく吸水性の良い素材を選ぶようにします。赤ちゃんによっては、着せすぎると汗をかいて汗疹や湿疹の原因となってしまいますので、大人より1枚少なめに着せるようにしましょう。

 

睡眠時間

この頃の1日の睡眠時間は、13~17時間です。昼夜の区別がついてきて、日中起きている時間が長くなり、夜まとめて寝られることが増えてきます。ただし、睡眠のリズムは個人差が大きいため、この時期でもまだ寝ぐずりしたり夜中に何度も起きてしまう赤ちゃんもいます。

 

昼寝は午前・昼すぎ・夕方の1日3回が目安です。あまり遅くに昼寝をさせすぎると、夜に寝つきが悪くなりますので注意しましょう。

 

外出(お散歩)

これまで外気浴が中心だった赤ちゃんも、生後3ヶ月になると首がすわってくるので、少し安心してお散歩することができます。赤ちゃんにとっても世界が広がりますので、天候の良い日、気候の良い日は、自宅の周りや近くの公園などにお散歩に出かけましょう。 ただし、まだこの時期の赤ちゃんは体力がないので、お散歩は短時間で済ませるようにします。赤ちゃんの成長と共に、少しずつお散歩の時間を増やしていくと良いでしょう。

この記事もおすすめ

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php