生後4ヶ月の赤ちゃんの体の成長

身長・体重

生後4ヶ月はねんね期の最後になり、行動が活発になってきて筋肉が発達するため、体重の増加が緩やかな傾向にあります。

 

この頃の身長の目安は、男の子で59.9cm~68.5cm、女の子であれば、58.2cm~66.8cmです。
また体重は、男の子で5.7~8.7㎏、女の子は5.4~8.2㎏くらいが目安となります。

 

この時期の平均的な体重の増え方は、20g/日(600g/月)くらいが目安です。(※)

 

体重があまり増えないと心配するママもいますが、この頃に注意すべきは身長と体重のバランスです。
身長・体重は個人差がでてきますが、赤ちゃんが母乳やミルクをよく飲みウンチも出ていて、手足を動かし、ご機嫌よくあーあーうーうーお話をするようであれば、あまり心配することはないでしょう。

※データ参照:厚生労働省『平成22年乳幼児身体発育調査』

 

首すわり

生後4ヶ月になるとより首がしっかりしてきて、縦に抱いても首がグラグラしなくなり、おんぶすることが可能になります。

首がすわりはじめると同時に筋肉も発達し、手足をバタバタするなど、活発に動きはじめる頃です。
背筋や腹筋も発達するので腹ばいになったまま頭を持ち上げた姿勢を保てるようになり、その姿勢のまま両手を使っておもちゃで遊び始めます。

 

上半身がしっかりしてきたら、ママやパパのひざの上に乗せて、お腹にもたれさせ胸の辺りを支えることで「おすわり」の練習もできるようになります。
急に視界が開けていろいろなものが目に入るようになるので、大喜びする赤ちゃんの姿が見られます。

 

まだ赤ちゃん自身の力で「おすわり」しているわけではないので、ママやパパがしっかり支えるようにしてください。

 

感覚・情緒の発達

自分の意思で微笑みかけ発声するなど、コミュニケーションをはかり始める頃です。また、感覚を連携させて動けるようになります。

 

【表情】

表情が少し豊かになり、機嫌のよいときは大きな声を出して笑ったり、手足をばたつかせて怒ったり、体を反らして大声で泣いて訴えたり、体全体を使ってさまざまな表情を見せてくれるようになり、ママやパパを楽しませてくれます。

 

【感覚・運動の連携】

生後4ヶ月は、目で見たおもちゃを触る、音が聞こえる方を見ておもちゃをつかむなど、感覚と運動機能が連携して動けるようになります。音の鳴るおもちゃによく反応するので、ガラガラなどを赤ちゃんの周りで鳴らすと、音のなる方向へ顔を向け、つかもうとする反応が楽しめます。

 

【言葉】

言葉になるのはまだ先ですが、母音が主な喃語(なんご)の種類が増えてきて「あう~」「えっえっ」などよく声を出すようになります。かなり大きな声を発することができるようになり、赤ちゃんが自分の声にびっくりすることもあるようです。

この記事を書いたライター

赤ちゃん成長ナビ
赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php