生後4ヶ月の赤ちゃんへのおもちゃ選び

生後4ヶ月の赤ちゃんとおもちゃ

生後4ヶ月の赤ちゃんは、首がしっかりと据わり、早いと寝返りをしだす子もいます。

今まで仰向けばかりだった赤ちゃんも、だんだんと自分の意思で動くようになってきますよ。

また、今まで以上にたくさんの笑顔が見られるようになり、キャッキャと声を出して笑うことも増えてくるため、ママにとっても癒しであり、あやし甲斐がありますよね。

そんな生後4ヶ月の赤ちゃんへのおもちゃ選びのポイントと、おすすめのおもちゃをご紹介します。

 

【生後4ヶ月】おもちゃ選びのポイント

生後4ヶ月の赤ちゃんのおもちゃ選びのポイントから見ていきましょう。

 

【ポイント①お手入れがしやすいものを選ぶ】

生後4ヶ月の赤ちゃんは、物を掴んで自分の口に入れるようになります。

これは、赤ちゃんの成長段階では避けられないことであり、やめさせる必要もありません。

 

しかし、やはり気になるのが衛生面。

洗濯や水洗い、消毒などがしやすいおもちゃを選ぶと、ママも安心して赤ちゃんにおもちゃを手渡すことができますよ。

哺乳瓶の薬液消毒を利用すれば、プラスチック製のおもちゃは消毒ができるものもあります。

薬液消毒をする場合は、おもちゃのパッケージやタグなどに「薬液消毒OK」の表示があるかどうかを確認して選ぶといいでしょう。

 

【ポイント②赤ちゃんの窒息につながるものには注意】

赤ちゃんへ、ぬいぐるみや布おもちゃなどのおもちゃを選ぶママは多いと思います。

これらのおもちゃは赤ちゃんにも大人気ですよね。しかし、注意したいのが赤ちゃんの窒息です。

 

生後4ヶ月の赤ちゃんは、個人差はありますが寝返りをしだす子もいます。

しかし、寝返りの後に元通りに仰向けになる「寝返りがえり」は、まだまだできない子が多いです。

 

赤ちゃんがふと寝返りをした際に、口元にぬいぐるみや布製のおもちゃがあると、赤ちゃんはそれらを避けることができずに窒息してしまう可能性があるのです。

手で上手にそれらを避けることも難しい時期。

 

そのため、ぬいぐるみや布製のおもちゃで遊ぶ際には必ず赤ちゃんから目を離さないことがポイント。

また、ベビーベッドや布団などに飾りとして、これらのおもちゃを置く人もいますが、それは避けてください。

大人と一緒に遊ぶ用のおもちゃとして、選ぶのであれば問題ありません。

 

【生後4ヶ月】おすすめのおもちゃ

具体的にどんなおもちゃが良いのか、見ていきましょう。

 

【おすすめおもちゃ①布絵本】

布絵本とは、その名の通り布製の絵本のことです。

一般的な絵本というと、ママが読み聞かせをしてあげるというイメージがありますが、布絵本は赤ちゃんが触ったり舐めたりして楽しむ絵本です。

ビニールなどがページの間に挟んであって、ガサガサという音を楽しんだりと、赤ちゃんの喜ぶ仕掛けがついているものも。

赤ちゃんが大好きな布製のタグや、紐などが縫い付けてあるものもありますよ。

布絵本は、軽くて持ち運びにも向いているので、お出かけの際にも重宝します。

 

また、紙製の絵本と異なり赤ちゃんが舐めてしまったとしても、ふやけたり破れることがなく、ページの端で手を切ってしまうという危険もありません。

 

【おすすめおもちゃ②オーボール】

オーボールとは、網目状になってるボールのおもちゃのことです。

ボールのおもちゃはつるつるとしていて赤ちゃんには持ちにくいものが多いですが、オーボールは網目に指をひっかけることができます。

生後4ヶ月の赤ちゃんでも持ちやすいので、おすすめです。

 

オーボールを必死に舐めようとしたり、大きく口を開けて口の中に入れようとする赤ちゃんの仕草は、見ているこちらも思わず笑ってしまいそうになるくらい可愛いですよ。

オーボールの網目におもちゃクリップをつければ、ベビーカーなどに引っ掛けることができるのでお出かけ用のおもちゃとしても活躍します。

 

【おすすめおもちゃ➂ベビージム】

ベビージムとは、アーチ状のポールなどに赤ちゃんが喜ぶおもちゃなどがぶら下げられたもの。

仰向けで寝ている赤ちゃんのちょうど視界に入るところにおもちゃがぶら下がっているので、赤ちゃんはおもちゃを取ろうと必死に手を伸ばします。

赤ちゃんが手足をバタバタさせておもちゃに触れると、おもちゃがプラプラと揺れるので赤ちゃんは大喜び。

 

ベビージムは、ベビーメリーから組み替えられるものや、マットと一体になっているものまで種類は様々です。

マットと一緒になっているものを選べば、マットの面にも仕掛けや可愛いイラストがついているので赤ちゃんの寝返りのきっかけになるかもしれませんよ。

 

まとめ

生後4ヶ月になると、日々の遊びの中でもたくさんの笑顔が見られるようになり、ますます赤ちゃんとの遊びが楽しくなりますね。

赤ちゃんが寝返りをマスターし、うつぶせでいる時間が増えてくると、今までとはまた違った種類のおもちゃで楽しめるようになります。

わが子がどんなおもちゃに興味があるのか、毎日の遊びの中で観察してみましょう。おもちゃ選びの参考になりますよ。

この記事を書いたライター

小橋 まな
小橋 まな

2歳の娘を育児中のママライター。出産前は子供がとても苦手だったのに、今では娘を溺愛しすぎてたまに我に返ることもあるほどです。育児休暇後職場復帰の予定が、実父の体調不良をきっかけに退職し在宅ライターの道へ。心配性で神経質になってしまった0歳児育児の過去の自分を振り返り、ママたちが安心して育児ができるような記事をお届けしたいと思います。

この記事もおすすめ

int(18)

4ヶ月の赤ちゃんとの遊び方

生後4ヶ月の赤ちゃんとの遊び方

生後4ヶ月の赤ちゃんができること 生後4ヶ月になると、個人差はありますが、首が...

生後4ヶ月の赤ちゃんはこれを知っておこう!

生後4ヶ月の赤ちゃんの体の発達 【生後4ヶ月の平均身長】 男の子:59.9~...

睡眠時間と生活リズム(月齢4~6ヶ月)

月齢が進み睡眠時間はどう変化する? 少しずつ表情も豊かになってきた4~6ヶ月の...

【生後4ヶ月】赤ちゃんの写真を撮ろう

生後4ヶ月の成長を写真に収めておこう 首がしっかりすわり、うつぶせの状態で体を...

【生後4~7ヶ月】寝相アートで月齢フォト撮影

寝相アートで月齢フォトを撮影しよう 赤ちゃんの寝ている姿の周りを可愛らしく装飾...

生後4ヶ月の赤ちゃんの体の成長

身長・体重 生後4ヶ月はねんね期の最後になり、行動が活発になってきて筋肉が発達...

乳児「3,4ヶ月健診」の内容は?

乳児「3,4ヶ月健診」とは 赤ちゃんの健康状態や発育の状態を把握し、病気の早期...

生後4ヶ月の赤ちゃんの注意すること

睡眠 4ヶ月になると、昼と夜の区別がついてきて、まとまった睡眠をとる子が増えて...

生後4ヶ月の赤ちゃんの幼児教育

生後4ヶ月の赤ちゃんの発達と接し方 生後4ヶ月になると、生まれたばかりの時期と...

【生後4ヶ月】赤ちゃんとママの過ごし方

【生後4ヶ月】赤ちゃんとママの過ごし方

生後4ヶ月の赤ちゃんの過ごし方 赤ちゃんが生まれて4ヶ月。   ...

生後4ヶ月の赤ちゃんの生活

授乳 授乳の間隔にリズムができ、3~4時間の間隔で飲むようになります。 母乳や...

赤ちゃんの笑顔が見られる時期は?

赤ちゃんの笑顔が見られる時期は?

赤ちゃんの笑顔はいつから見られる? 寝ているだけでもかわいい赤ちゃん。そんな赤...

生後4ヶ月に発生する赤ちゃんの事故

生後4ヶ月の赤ちゃんの身近に起こる事故 生後4ヶ月の赤ちゃんは、うつ伏せで過ご...

4ヶ月の赤ちゃんにおすすめの絵本

生後4ヶ月の赤ちゃんにおすすめの絵本

生後4ヶ月の赤ちゃんの絵本選びは? 生後4ヶ月にもなると、睡眠や授乳の時間の間...

生後4ヶ月の赤ちゃんのお世話

生後4ヶ月の赤ちゃんのお世話ポイント 生後4ヶ月では、ほとんどの赤ちゃんが首が...

生後4ヶ月の赤ちゃんとお出かけするとき

生後4ヶ月の赤ちゃんとのお出かけ 生後4ヶ月の赤ちゃんは、首が据わり抱っこもし...

生後4ヶ月の赤ちゃんの服選び

生後4ヶ月の赤ちゃんの服選び 生後4ヶ月の赤ちゃんは、ほとんどの赤ちゃんがしっ...

【生後4ヶ月】おうちでの過ごし方

生後4ヶ月の赤ちゃんとおうちで過ごそう 日々めまぐるしい成長を見せてくれる、生...

【月齢別】乳児期に必要なもの

月齢3~5ヶ月の時期に必要なものは? 赤ちゃんも生後3ヶ月になると、ママも育児...

生後4ヶ月の赤ちゃんのママの心と体

授乳トラブル 生後4ヶ月の赤ちゃんは、生まれた時と比べて吸う力も強くなり、赤ち...

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php