生後5ヶ月の赤ちゃんの体の成長

身長・体重

ねんね期が終わった生後5ヶ月は首すわり期に入り、体重が生まれたころの約2.5倍、身長は約1.3倍に育っています。

 

生後5ヶ月の身長は、男の子で61.9~70.4cm、女の子で60.1~68.7cmです。体重は男の子で、6.1~9.2㎏、女の子は5.7~8.7㎏くらいになります。(※)

 

運動量が増えることで一時的に体重の伸びが緩やかになる赤ちゃんもいますので、体重の増減を気にし過ぎずに、赤ちゃんの顔色やご機嫌を見て健康管理をしましょう。

 

※データ参照:厚生労働省『平成22年乳幼児身体発育調査』

 

視力

小さなものも見えるようになり、やわらかいコントラストの色の識別が可能になります。顔の表情も見えるようになるので、表情への反応が敏感です。人の顔が少しずつ区別できるようになり、人見知りの兆候がみえるようになります。

 

また、両眼視できるようになることで遠近感がわかるようになり、物の距離がつかめ、おもちゃを手に取れるようになります。

 

体の発達

赤ちゃんの運動機能は頭から下半身に向かって発達していきます。生後5ヶ月では、背筋と腰まで発達してきます。

 

【腹ばい】

うつぶせにすると、頭を持ち上げて左右を見回し、腹ばいのまま両手を使って遊ぶことができるようになります。両手で上半身を持ち上げる子もいます。

 

【寝返り】

首がしっかりすわり、寝返りをうてる子も出てきます。おもちゃを取ろうとた拍子にくるっと体が回るなど、偶然が重なることで赤ちゃんはコツを覚え、寝返りがうてるようになります。

覚えたての頃は、寝返りしても元に戻れなくなることも多いため、顔が布団などに埋もれ、窒息しないように赤ちゃんの周りにふわふわのおもちゃや布団を置かないように注意しましょう。

 

言葉の発達

これまで以上に喃語(なんご)が増え、大きな声で注意を引こうとするなど、情緒面も発達してきます。「きぃー」「ぶぅー」「ばぁー」という子音を含んだ声が出せるようになり、ときどき奇声を発っすることもあります。 唇や舌の動きも発達し、つばを飛ばして遊ぶ赤ちゃんもいるようです。

 

意味の分からないことをしゃべっていても、「楽しいね」「美味しいよね」と相槌を打ったりオウム返ししたりすると喜びますので、いっぱいお話ししてあげましょう。

 

触覚の発達

何でも手指や唇や舌で、ざらざら・つるつる・ぷにょぷにょ・冷たい・温かいなどの感触を確かめたい頃です。今までは、肌で感じていただけだったのに、唇や舌で感触を確かめて触覚を養い始めます。

 

安全なものであれば、できるだけたくさんのものに触れさせて、触覚の発達を促してあげましょう。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php