【生後6ヶ月】赤ちゃんとのお風呂

生後6ヶ月の赤ちゃんとのお風呂

生後6ヶ月になると、赤ちゃんは寝返りをして部屋中を移動するようになり、ママはますます目が離せませんね。
赤ちゃんが動き出す前は、ママのケア中は脱衣所で赤ちゃんを待機させていた家庭も、この頃からは浴室内で待っていてもらうようになるのではないでしょうか。

 

浴室内で赤ちゃんを待機させるのに安心なアイテムが「バスチェア」。
動き回るようになる生後6ヶ月以降にあると便利なお風呂グッズです。

今回は生後6ヶ月の赤ちゃんとのお風呂の入り方やバスチェアの選び方を中心にご紹介します。

 

【生後6ヶ月】赤ちゃんとのお風呂の流れ

生後6ヶ月の赤ちゃんとのお風呂の流れは、今までとほとんど変わりません。

1、赤ちゃんのケアを行う
2、赤ちゃん待っていてもらう
3、ママのケアを行う
4、赤ちゃんと湯船につかり、温まる

 

といった基本的な流れで良いでしょう。

ただし、生後6ヶ月頃になると寝返りなど活発に赤ちゃんが動き回ってしまう危険があるため、脱衣所で1人で待っていてもらうよりは、バスチェアを活用し、洗い場で待っていてもらう方が安心です。

バスチェアの対象月齢は生後6ヶ月~であることがほとんどですが、購入の際は念のため、対象月齢を確認しましょう。

 

【生後6ヶ月】バスチェアの選び方

先述したように、生後6ヶ月からはバスチェアの対象月齢となることが多いです。
そのため、バスチェアの購入を検討するママもいるのではないでしょうか。
以下で、バスチェアの選び方のポイントなどについてご紹介します。

 

【素材で選ぶ】
バスチェアには基本的に

 

・プラスチック

・ポリプロピレン

・ビニール

などの素材があります。

 

一般的なものはプラスチック製のもので、丸洗いもしやすく耐久性にも優れているというメリットがあります。
しかし、冷たさを感じやすいので、冬場などはそのまま赤ちゃんを座らせるとひんやりとして驚いて泣いてしまうことも。
背面にひんやり防止マットなどがついているものを選ぶと、敏感な赤ちゃんには安心です。

 

一方でポリプロピレンは、発泡スチロールのような素材で、保温性に優れています。
お風呂場が冷える場合、ポリプロピレン素材のバスチェアにすると冷たさを感じにくくおすすめです。
また非常に軽く、また水切れも良いためお手入れも簡単ですが、折りたたむことなどができないため、スペースをとるというデメリットがあります。

 

ビニールプールのように、空気を入れて使用するビニール製のものもあります。
非常に軽く、畳んで小さくなることから、保管や処分にも困りません。
柔らかくてふわふわとした感覚なので、寝心地も良いですが、空気を入れすぎるとバランスを崩しやすいといったデメリットもあります。

【大きさで選ぶ】
お風呂のスペースは限りがあるため、バスチェア購入前にはどのくらいのスペースがあるかしっかりと確認するようにしましょう。

 

・折りたたみ式のもの
・壁掛けができるもの

などを選ぶと、使わない時の収納にも困りません。

 

【機能で選ぶ】

・おもちゃがついているもの
・抗菌・防カビ機能がついているもの

など、プラスアルファでの機能が充実しているものを選ぶのも良いですね。

 

おもちゃは赤ちゃんの手元に備え付けられていると、ママのケアを行っている間も飽きずに待っていてくれます。
あまり細かい構造のものだと、お手入れがしにくくカビの原因にもなるため単純な作りのものを選ぶと良いかもしれません。

 

また、赤ちゃんが裸の状態で毎日座るものになるので、清潔さを保てるものを選ぶと良いですよ。
抗菌・防カビ機能がついているものを選べば、「必ずカビが生えない」というわけではないものの、安心感が違いますね。

 

【生後6ヶ月】バスチェアの注意点

バスチェアを使用する際は、以下の点に注意するようにしましょう。

 

【転倒・転落に注意】
バスチェアを使用する際の注意点として、転倒や転落があります。
バスチェアに座っているからと言って。100%安全というわけではありません。

 

例えば、赤ちゃんが勢いよく寝返りをしたり、はいはいをするようになったりすると、バスチェアごと転倒してしまう可能性があります。
また、正しい座り方をしていない場合も、転倒をしてケガにつながるため、しっかりと取扱説明書を確認しましょう。

 

【清潔さを保つ】
バスチェアは非常に便利なのですが、使用場所が浴室ということでどうしてもカビが生えやすくなります。
毎日しっかりと洗い、乾燥させるというのは難しいかもしれませんが、立てかけたりフックにかけてつるしたりして、なるべく水を切るようにしましょう。

毎日お風呂洗う時に一緒に洗って干すといいですよ。

 

まとめ

なかなか目が離せなくなる生後6ヶ月の赤ちゃん。
一緒にお風呂に入るとママはバタバタかもしれませんが、生後1~2ヶ月の首すわり前と比べると体もしっかりとしてきて、そういった面では楽になったと感じられるのではないでしょうか。

 

バスチェアは、長い期間使用できるものではありませんが、非常に便利です。(2000−3000円台で購入可能)
リサイクルショップなどでも状態が良いものが売られているので、ぜひ一度検討してみてくださいね。

この記事を書いたライター

小橋 まな
小橋 まな

2歳の娘を育児中のママライター。出産前は子供がとても苦手だったのに、今では娘を溺愛しすぎてたまに我に返ることもあるほどです。育児休暇後職場復帰の予定が、実父の体調不良をきっかけに退職し在宅ライターの道へ。心配性で神経質になってしまった0歳児育児の過去の自分を振り返り、ママたちが安心して育児ができるような記事をお届けしたいと思います。

この記事もおすすめ

int(22)

生後6ヶ月の赤ちゃんの知育遊び

生後6ヶ月の赤ちゃんの知育遊びって? 寝てばかりだった赤ちゃんも大きく成長し、...

【生後6ヶ月】おうちでの過ごし方

生後6ヶ月の赤ちゃんとおうちで過ごそう 寝返りやお座りができるようになるなど、...

離乳食期に活躍するブレンダ―の選び方

離乳食にブレンダ―があると便利な理由 赤ちゃんの離乳食は、ゆででつぶして裏ごし...

生後6ヶ月の赤ちゃんはこれを知っておこう!

生後6ヶ月の赤ちゃんの体の発達 【生後6ヶ月の平均身長】 男の子:61.9~...

赤ちゃんの離乳食はいつから?

赤ちゃんの離乳食はいつから?

赤ちゃんの離乳食はいつから始める? これまではミルクや母乳で成長してきた赤ちゃ...

生後6ヶ月の赤ちゃんとお出かけするとき

生後6ヶ月の赤ちゃんとのお出かけ 生後6ヶ月頃の赤ちゃん様々な出来事に反応を示...

生後6ヶ月の赤ちゃんの体の成長

身長・体重 生後6ヶ月になると今までよりも身長・体重増加のペースが落ち着いてき...

ベビー用チェアベルトを選ぶコツ

ベビー用チェアベルトを選ぶコツは?

ベビーのチェアベルトはどんなもの? 食事中に椅子から赤ちゃんがずり落ちそうにな...

離乳食で卵・乳製品はいつから?

離乳食はいつから? 初めての離乳食は不安がいっぱいですよね。 離乳食の開始は、...

【生後6ヶ月】赤ちゃんの写真を撮ろう

生後6ヶ月の成長を写真に収めておこう 寝返りができるようになり、お座りの姿を見...

【月齢別】離乳食期に必要なもの

月齢6~11ヶ月の時期に必要なものは? 離乳食がスタートしたことで、赤ちゃんに...

生後6ヶ月の赤ちゃんへのプレゼント

生後6ヶ月の赤ちゃんへプレゼントを贈ろう 赤ちゃんが生まれて、もう半年。なんだ...

市販離乳食のアレンジレシピ【初期編】

市販離乳食のアレンジレシピ【初期編】

離乳食初期に便利な市販の離乳食 市販の離乳食は形や食材も豊富になっています。市...

生後6ヶ月の赤ちゃんの体重

生後6ヶ月の赤ちゃんの体重について 生後6ヶ月の赤ちゃんは、寝返りやずりばいな...

生後6ヶ月に発生する赤ちゃんの事故

生後6ヶ月の赤ちゃんの身近に起こる事故 腰が座ってきて、1人でお座りができるよ...

【生後6ヶ月】赤ちゃんとママの過ごし方

【生後6ヶ月】赤ちゃんとママの過ごし方

生後6ヶ月の赤ちゃんの過ごし方 赤ちゃんが生まれて6ヶ月。 いろいろな刺激を...

赤ちゃんのハーフバースデーどう祝う?

ハーフバースデーとは? 赤ちゃんのお祝い「ハーフバースデー」とは、赤ちゃんが生...

生後6ヶ月の赤ちゃんの服選び

生後6ヶ月の赤ちゃんの服選び 生後6ヶ月は、多くの赤ちゃんが寝返りをマスターし...

ハーフバースデー

ハーフバースデーとは ハーフバースデーとは、日本では生後6ヶ月の赤ちゃんの成長...

生後6ヶ月の赤ちゃんとパパの遊び

生後6ヶ月の赤ちゃんとの遊び 生まれて6ヶ月が経ち、ハーフバースデーを迎える時...

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php