6ヶ月の赤ちゃんとの旅行やお出かけ

6ヶ月の赤ちゃんとの旅行やお出かけ

6ヶ月になったら旅行やお出かけへ!

赤ちゃんは生後5ヶ月を過ぎると、首の座ってきてお出かけできる状態になることが多くなります。
とはいえ、出産を終えたママの体力も5ヶ月ほどではまだ完璧とはいえません。

 

家族みんなが楽しく元気にお出かけをする為には、生後6ヶ月くらいになると、赤ちゃんもママも準備万端、最適なタイミングではないでしょうか。
生後6ヶ月の赤ちゃんと旅行に行くメリットやこの時期だからこそ気を付けたいポイントを紹介していきます。

 

生後6ヶ月でお出かけをするメリット

生後6ヶ月になると1日の生活リズムが安定してくる事が多いです。
やっと大人と同じペースで生活できる様になったとはいえ、生後6ヶ月はまだ言葉もしっかり話せない赤ちゃん。

 

そんな時期に旅行やお出かけに連れ出すメリットはあるの?
赤ちゃんに負担をかけるだけじゃない?

 

そう思っても無理はありません。
しかし、この生後6ヶ月の赤ちゃんはできる事が広がる時期。
旅行やお出かけに行くメリットはたくさんあります。

 

【メリット①世界が広がる】
首も据わり、食事や睡眠も一定のリズムでできる様になってきた赤ちゃんは、次のステップに向かいます。
これまでは家の中で過ごす事が多かった分、外の世界に興味を持ち始めるのです。

 

軽く散歩に出かけるだけでも十分なのですが、この時期に旅行をしたりお出かけをしたりする事でより広い世界を見る事ができます。

 

ママやパパと一緒に行くというところも、赤ちゃんにとってはとても貴重な体験です。
感じた事を言葉にして共有してあげたり、これまで見た事のなかった景色に触れさせてあげたり。

 

「外の世界って楽しいんだよ!」
と、教えてあげる機会になります。

 

【メリット②安全が守られている】
この時期はまだ自分の足で歩けない為、どこかにふらっと行ってしまう心配もありません。
ママとパパの目の届く範囲にいられる為、安心して遠出ができる時期なのです。

 

もう少し大きくなると自分の足で歩くようになり、興味を持つと一直線に走って行ってしまい危険です。
大人の目がそれだけかけられる状態なら良いのですが、その前にワンクッション遠出を挟んでおくとママとパパもある程度の段取りが経験できて安心。

 

小さな子どもとの遠出は思った以上に体力を要します。
イレギュラーな事も沢山起こります。
まだ腕の中にいられる状態の時に、一度外の世界を経験させてあげる事は、その後の経験にもプラスになってくれます。

 

【メリット③ママのリフレッシュになる】
メリットは赤ちゃんだけではありません。
妊娠期間には体を気遣って制限があり、出産後も体の回復で時間を必要としてきたママだからこそ、リフレッシュする事も大切です。

 

もちろん、ママによっては出産で手術をし、6ヶ月経っても体調が万全ではない事もあります。
一般的には産後半年ほど経つと、家事をこなしたりできるママが多い為、半年のタイミングでリフレッシュを挟むのもおすすめです。

 

育児ストレスで怖い顔をしているママよりも、楽しんでいる笑顔を見せてあげた方が赤ちゃんも嬉しいはず。
ただ、これにはパパの協力は必須なので、ママに負担をかけない様に全力を尽くしましょう。

 

旅行やお出かけの時には病気に注意!

生後6ヶ月は、やっと遠出が十分にできるようになる時期ですが、旅行やお出かけに行く際に注意しなければならない事があります。

 

この頃はちょうど、お腹にいた頃のママからの免疫が切れてしまう時期。
ママからの免疫が切れてしまった状態で旅行やお出かけをして、人が多い場所に行くと、ウイルスに感染する危険性があります。

 

特にインフルエンザなどが流行する冬場には、人の混みあう場所はできるだけ避けて、目的地を選んで下さい。

 

また、普段とは違う場所へ行く疲れから体調を崩すこともあります。
休息や水分補給、こまめな消毒にも心がけて、体調不良を予防しましょう。

 

自然の多い場所へお出かけしよう

免疫力が弱い事もあり、人が多いテーマパークよりは自然が多い場所の方がおすすめです。
自然が多い環境の方が、赤ちゃんも外の世界を感じられます。
小さい頃から自然のある環境に慣れさせられるといいですね。
動物園や虫かごの中ではない、外の世界で自由に生きている生き物を見せてあげるのも良いですね。

 

ただ、自然が多い場所でも、街中から遠すぎる場所はおすすめできません。
いざという時に頼れそうな病院をあらかじめ確認しておきましょう。
赤ちゃんはいつ体調を崩すか分からない為、アクセスが良い場所や近くに街があるスポットが安心です。

 

まとめ

生後6ヶ月以降の赤ちゃんは少しずつ声を発する様になります。
一緒に外の世界を見ながら、ママやパパの感想を話してあげると赤ちゃんも喜びますよ。

 

タイトなスケジュールにするのではなく、余裕を持って行動しましょう。
時にはお昼寝をさせて、のんびり過ごすのがベストです。

 

せっかくの旅行やお出かけだからと詰め込みたくなる気持ちは分かりますが、外の世界に慣れていない赤ちゃんは普段と違う環境にいるだけで疲れてしまいます。
おうちの中では見られない景色を少し覗かせてあげるつもりで、ちょっと足を延ばしてみましょう。

この記事を書いたライター

みはる
みはる

料理が好きでブログも運営しているマルチライター。プレママやこれから妊娠を予定している方に役立つ知識を、分かりやすくお届けします!

この記事もおすすめ

int(22)

離乳食の基本情報

離乳食とは 「離乳とは、成長に伴い、母乳又は育児用ミルク等の乳汁だけでは不足し...

生後6ヶ月に発生する赤ちゃんの事故

生後6ヶ月の赤ちゃんの身近に起こる事故 腰が座ってきて、1人でお座りができるよ...

赤ちゃんのハーフバースデーどう祝う?

ハーフバースデーとは? 赤ちゃんのお祝い「ハーフバースデー」とは、赤ちゃんが生...

赤ちゃんの歯が生え始めたらどうなる?

赤ちゃんの歯が生え始めたらどうなる?

赤ちゃんの歯の生え始めはいつ? 生まれたときには歯が生えていない赤ちゃんですが...

【生後6ヶ月】赤ちゃんの写真を撮ろう

生後6ヶ月の成長を写真に収めておこう 寝返りができるようになり、お座りの姿を見...

生後6ヶ月の赤ちゃんとお出かけするとき

生後6ヶ月の赤ちゃんとのお出かけ 生後6ヶ月頃の赤ちゃん様々な出来事に反応を示...

ベビー用チェアベルトを選ぶコツ

ベビー用チェアベルトを選ぶコツは?

ベビーのチェアベルトはどんなもの? 食事中に椅子から赤ちゃんがずり落ちそうにな...

赤ちゃんの離乳食用食器の選び方

離乳食用食器はいつから必要? 赤ちゃんが生後5~6ヶ月を迎えると離乳食が始まり...

ヨーグルトによる赤ちゃんのアレルギー

ヨーグルトによる赤ちゃんのアレルギー ヨーグルトは食べやすく体にも良いので、特...

離乳食初期(5~6ヶ月)

離乳食初期とは 離乳食とは赤ちゃんが母乳やミルクだけでは不足してくるエネルギー...

【月齢別】離乳食期に必要なもの

月齢6~11ヶ月の時期に必要なものは? 離乳食がスタートしたことで、赤ちゃんに...

離乳食開始前にアレルギー検査は必要?

離乳食と食物アレルギー 離乳食を始める上で、赤ちゃんのアレルギーの有無が気にな...

乳児「6,7ヶ月健診」の内容は?

乳児「6,7ヶ月健診」とは 乳児「6,7ヶ月健診」とは、赤ちゃんが生後半年にな...

生後6ヶ月の赤ちゃんはこれを知っておこう!

生後6ヶ月の赤ちゃんの体の発達 【生後6ヶ月の平均身長】 男の子:61.9~...

6ヶ月の赤ちゃんの遊び方

生後6ヶ月の赤ちゃんとの遊び方

生後6ヶ月の赤ちゃんができること 生後6ヶ月というと、ハーフバースデーのお祝い...

生後6ヶ月の赤ちゃんの生活

授乳・離乳食 生後6ヶ月の赤ちゃんは、離乳食の量に関わらず1日5~6回程度の授...

睡眠時間と生活リズム(月齢4~6ヶ月)

月齢が進み睡眠時間はどう変化する? 少しずつ表情も豊かになってきた4~6ヶ月の...

赤ちゃんの成長と麦茶での水分補給

赤ちゃんの成長と麦茶での水分補給

赤ちゃんの成長と麦茶 夏の暑い季節、大人はのどを潤すためや熱中症予防のため、麦...

ハーフバースデー用の離乳食の作り方

ハーフバースデーを離乳食でお祝い! ハーフバースデーは文字通り1歳の誕生日の半...

パンで離乳食を作る時の基礎知識

パンで離乳食を作るときの基礎知識

パンで赤ちゃんの離乳食を作ろう! 毎日の離乳食づくりは大変ですね。特に2〜3回...

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php