2人目出産時の上の子の預け先は?

2人目出産時の上の子の預け先は?

出産時の上の子の預け先はどうしよう?

おめでたい2人目の出産。しかし、最も気がかりなのは、ママの産前産後に上の子のお世話をする人がいなくなってしまうということでしょう。
パパやママの実家が遠く、頻繁に手伝いに来てもらえない・上の子の幼稚園や保育園があるため、里帰り出産ができないというママもいますよね。

 

大事な子どもの預け先なので、そう簡単には決められないと思います。
今回は、そんな2人目出産時の上の子の預け先についてまとめてみました。

①ママの実家で預かってもらう

ママにとって最も気が楽なのは、ママの実家に預けるという選択。
多少の無理も言いやすく、上の子の様子を確認したい時に連絡も取りやすいですよね。

 

実家が近所になかったとしても、予め期間を決めてお願いするのであれば、身の回りの荷物や子どものおもちゃを持ってお泊まりさせれば安心です。
行ったり来たりする手間が省けるので、おじいちゃんおばあちゃんも楽でしょう。

②義理の両親に預かってもらう

少し気を遣ってしまいますが、ママの実家が遠い・健康上の理由などでお願いできないという場合は、パパの実家にお願いするというのも1つです。

 

なかなか、ママからお願いするのが大変という場合は、パパから依頼してもらいましょう。
義理の両親とは言え、おじいちゃんおばあちゃんからしたら可愛い孫というのは変わりません。時間が許せば、快く協力してくれるはずです。

 

パパと相談して調整してみるといいですね。

③保育園などに預ける

上の子が未就園児だった場合は、ママが妊娠中に保育園に通わせるという方法もあります。
保育園であれば、慣れたスタッフが子どもをみてくれますので安心ですね。
送迎をパパにお願いして、日中はゆっくり過ごすママもいます。

 

延長保育の有無や土曜保育などについても確認しましょう。

 

もし、出産予定日前後だけの利用にしたいという場合は、一時保育を利用するのもおすすめです。
おじいちゃんおばあちゃんのサポートが受けられたとしても、体力的に上の子の面倒を見るのが大変ということもあります。
そんな時は、日中だけでも専門スタッフに預けることができれば、負担も軽くなりますよね。

 

このように保育園など外部施設を利用する場合は、あらかじめ慣らし保育をしておくといざという時にスムーズです。
徐々に慣れてくれば、泣いていた子もお友達と遊ぶ楽しさを知るようになります。
子どもにとっても良い影響があるかもしれませんね。

④パパにお願いする

最近では積極的に男性も育休取得を促している会社もあります。

 

もし、出産予定日前後にパパが育休を取ることができるのであれば、パパにお願いして面倒を見てもらいましょう。
これまであまり育児に積極的に関わらなかったパパにとっても良い機会です。
家事や育児の大変さを知ってもらえれば、2人目出産後は今以上に協力的になってくれるかもしれません。

⑤子連れ入院を利用する

子連れで入院できる病院を探すという選択肢もあります。
一緒に入院できれば、いつでも上の子の様子が分かるので安心して出産に臨めますよね。

 

病院によっては、託児所が併設されていたり、保育士がいるところもあるようです。
近くにそのような病院がないか、探してみるといいでしょう。

⑥ベビーシッターを利用する

少し費用はかかりますが、ベビーシッターを利用する方法もあります。
依頼するのに少し抵抗があるという場合は、利用する前に面談をして人柄などを確認しておきましょう。

 

パパの仕事の帰りが遅く、保育園の送迎が難しい場合などは、ベビーシッターに依頼して代理でお迎えをしてもらうことも可能です。
パパが帰宅するまでの数時間の利用であれば、金額も少額で済みますよね。

 

ただし、トラブルを避けるために、貴重品などの管理はしっかりしておきましょう。
入って欲しくない部屋がある場合は、施錠をしておくと安心です。

⑦自治体のサービスを利用する

パパや実家の両親にお願いできないという場合は、自治体のサービスを利用することも検討してみましょう。
お住いの地域によってサービス内容は異なります。事前に子育て支援課などの窓口で問い合わせてみてください。

 

【ファミリーサポートセンター】
ファミリーサポートセンターとは、お住いの地域で子育てのサポートができる人が、利用者の子育て支援を行うサービスです。「協力できる人」「協力して欲しい人」どちらも事前登録をすることで利用できます。

 

いわば、地域内での助け合いができる活動ということです。
これなら、地域の人との結びつきもでき、今後の子育てにおいても心強いと思います。

 

【ショートステイ】
ショートステイサービスは、小学校入学前の乳幼児を対象としたサービスで、自治体の定めた施設で一時的に子どもを預かってもらえるというものです。
原則、利用期間は1回につき7日以内となり、宿泊も可能です。
利用金額などは、自治体によって異なりますので、事前に利用の可否や詳細について自治体の子育て支援課に問い合わせてみましょう。

まとめ

出産は予定日通りにいくとは限りません。
早めに上の子の預け先を決めておきましょう。

 

預ける際は、上の子のお世話するにあたっての注意点をまとめておきましょう。特に食物アレルギーがある場合はしっかりと伝えるようにしてください。

この記事を書いたライター

藤田 ゆか
藤田 ゆか

東海地方在住の主婦です。 以前は事務職をしていましたが、夫の転勤に伴い在宅ライターを始めました。 現在妊娠中で、記事を執筆することで自分の情報収集にもなっています。 記事を読むママさんにより近い目線で、役に立つ情報を届けていきたらと思っています。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。