生後7ヶ月の赤ちゃんの注意すること

家の中での事故

生後7ヶ月になると、お部屋の中を動き回れるようになるので、お部屋の危険ゾーンを再チェックしましょう。赤ちゃんの目線になり、生後7ヶ月になってできるようになる行動を考えて、危険がないか再確認します。

 

【すりばい】

「ずりばい」をする頃になると、お部屋の床など低い場所に気を配りましょう。ママの想像以上にお部屋の中をずりばいして動いてしまう赤ちゃんもいます。電化製品などのコードが床にあると、引っかけて自分の上に物を落としてケガをする恐れがあります。特にポットやアイロンなどはやけどの危険がありますので注意しましょう。

また、テレビ台などのガラス扉など、ワンタッチで開閉する磁石式のものは、開けてしまう可能性がありますので、ベビー用のドアロックなどを活用しましょう。

 

【おすわり】

おすわりをし始めたばかりのときは、まだ安定していないので、手を伸ばした反動や何かを取ろうとした拍子に、バランスを崩して横に転んだり、後ろに倒れたりします。倒れても大丈夫なように、家具の角をガードしたり、赤ちゃんの周りにクッションを置いたり、工夫しましょう。

また、おすわりができるようになると視界が開け、ママやパパがしていることに注目するようになります。時にはおもちゃよりも大人が触るものに関心が向き、手をのばすこともあるでしょう。先の尖ったものや、乾電池やタバコなど口に入れると危険なものは赤ちゃんの手の届かない場所へ移動するようにしてください。

 

便秘や下痢

離乳食中期に入る生後7ヶ月の赤ちゃんは、便秘になりやすい時期です。これには、以下のような原因が考えられます。

 

・離乳食が進むことで授乳量が減って水分不足になってしまった

・離乳食をあまり食べないことで、便秘になってしまった

・腸の発達により、これまでより便が溜められるようになった

・運動不足によるもの

 

離乳食が始まると、大人と同じように硬い便になります。もし、排便の際に赤ちゃんが痛がったり、便が硬くて血が混じっていたりしたら、かかりつけ医に診てもらうようにしましょう。

 

また、水分が多いゆるゆるの便が続く場合も注意が必要です。消化不良を起こしていたり、なんらかのウイルス感染の疑いもあります。便の状態がいつもと違う、赤ちゃんの様子がおかしいと感じた時は、早めに受診すると良いでしょう。便の状態は携帯などで写真を撮り、診察時に持参していただくと、診察の助けとなることがあります。

 

赤ちゃんの機嫌がよく、食欲もあるようであれば、たとえ便秘や下痢であっても心配する必要はありません。食物繊維たっぷりの離乳食にし、水分をしっかり摂らせて様子を見るようにしましょう。

 

夜泣き・寝ぐずり

生後7ヶ月頃、夜泣きが激しくなったり、寝ぐずりをしたりすることがあります。

 

原因がつかめず戸惑うかもしれませんが、ずっと続くわけではなく一時的なものなので、大きくなるのに必要な過程だと思って、パパに協力してもらったり、赤ちゃんと一緒に昼寝をしたりして乗り切りましょう。

 

生活リズムを整えて、赤ちゃんの睡眠サイクルを改善することも効果的です。また「赤ちゃんを置いて離れても赤ちゃんにとって安全な場所」を確保しておきましょう。泣き止まない時は泣きやみませんが、イライラして赤ちゃんにあたってしまいそうになることもあるかもしれません。揺すっても赤ちゃんは泣きやみません。

 

どうしてもイライラしてしまった時は、一旦その「安全な場所」に赤ちゃんを寝かせ、一時的にその場を離れるようにしましょう。安全な場所での放置は育児放棄ではありません。

 

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php