生後7ヶ月の赤ちゃんの体の成長

身長・体重

生後7ヶ月の赤ちゃんの平均的な身長は、男の子で65.0~73.6cm、女の子で63.1~71.9cmです。
体重は男の子で6.73~9.8kg。女の子だと体重6.32~9.3kgが平均です。
1年で3倍に成長する乳児期である生後7ヵ月の赤ちゃんに期待される体重増加は、1日に10g~15gとなります。(※)

※データ参照:厚生労働省『平成22年乳幼児身体発育調査』

 

視力

生後6ヶ月くらいから視力は0.1くらいになり、ぼんやりとですが、全体を把握できるようになります。生後7ヶ月になると、よりママやパパとそれ以外の人の顔の区別がついてくるため、人見知りをする赤ちゃんが多くなります。

 

また、自分の周りの環境の違いもわかるようになるため、場所見知りをする赤ちゃんも多いようです。

 

言葉の発達

生後7ヶ月になると、赤ちゃんは周りの人の真似をすることで、いろいろなことを学ぶようになります。いつもそばにいてくれるママの顔をじっと見つめたり、触ろうとしたり、言葉を一生懸命聞いて、真似してしゃべろうとします。

 

早い子は、唇を閉じて発音する「ま」や「ぱ」という声を発することもあり、視力の発達とともに「いないいないばあ」を喜ぶようになります。

 

これまで以上に表情も豊かになるので、赤ちゃんへの愛情も深くなっていくでしょう。

 

ずりばい・おすわり

生後7ヶ月頃になると、手足の動きが活発になり、「ずりばい」をする赤ちゃんが増えてきます。「すりばい」とは、うつぶせになったまま、上手に背筋を使って前に進んで行くことです。まだこの時期の赤ちゃんは、腕の力が弱く「はいはい」はできませんが、「ずりばい」はできるようになります。

 

また、この頃になると背筋を伸ばして「おすわり」が出来るようになります。
これまでより腰が安定していきますので、背中を丸めずに体を支えることが出来るようになりますが、振り向いたときに倒れてしまうこともあるので、ケガをしないように注意が必要です。
視界が開け、周囲を見渡せるようになるので、赤ちゃんの世界がどんどん広がっていきます。

 

指先の発達

おすわりができるようになると、座ったままの姿勢で遊ぶようになります。
両手が自由に使えるようになるので、これまでよりも遊びのバリエーションも増えてくるでしょう。
積み木などのおもちゃをつかんで床に叩きつけたり、右手で持ったおもちゃを左手へ持ち替えたりもできるようになります。

 

最初のうちは、まだ動きがぎこちなくても、成長と共に上手になってきますので、あまり神経質にならず見守ってあげましょう。

 

この記事を書いたライター

赤ちゃん成長ナビ
赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php