生後7ヶ月の赤ちゃんの体重

生後7ヶ月の赤ちゃんの体重について

生後7ヶ月の赤ちゃんは、ずりばいやおすわりなどをする子が増えてきて、運動量とともに体重の増加が緩やかになります。

今までむちむちとしていた赤ちゃんも、だんだんとスマートな体型になってくる子が増えてきます。

 

しかし、赤ちゃんによっては体重の増加スピードが変わらなかったり、全く増えなかったりと成長具合に差が出てくるのもこの時期です。

そこで今回は、生後7ヶ月の赤ちゃんの体重について、以下で詳しく解説します。

 

生後7ヶ月の赤ちゃんの体重と増え方

【生後7ヶ月の赤ちゃんの体重】

生後7ヶ月の赤ちゃんの体重の目安は以下の通り(※1)です。

 

・男の子 7.71~8.84kg

・女の子 7.21~8.31kg

 

※1出典:平成22年乳幼児身体発育調査報告書|厚生労働省

 

【生後7ヶ月の赤ちゃんの体重の増え方】

生後7ヶ月の赤ちゃんは、1日あたり10~15gほどのペースで体重が増えていきます。

しかし、赤ちゃんによっては1ヶ月でほとんど体重が増えない子もいます。

 

ママは心配になってしまうかもしれませんが、少しずつでも、その子のペースで体重が増えていれば心配ありませんよ。

 

【生後7ヶ月】体重が増えない時

生後7ヶ月の赤ちゃんは、寝返りやずりばいで部屋中を移動したりと、かなり動きが活発になってきます。

赤ちゃんの運動量に比例して消費カロリーも増えていくため、生後7ヶ月には体重が停滞気味になる赤ちゃんも少なくありません。

 

とはいえ、今までぐんぐんと増えていた体重が急に増えなくなったら心配になってしまいますよね。

以下で、赤ちゃんの体重が停滞気味の場合の対処法を紹介します。

 

【ミルクを足してみる】

生後7ヶ月は、赤ちゃんの哺乳量も増えてくるため、ママの母乳の生産が追いつかないこともあります。

授乳後に赤ちゃんが物足りなさそうな仕草をしていたら、完全母乳にこだわりすぎずに、ミルクを足してみるのも良いでしょう。てください。

ミルクを足す場合は、様子を見ながら少しずつ増やしていくようにしましょう。

 

【ミルクを活用した離乳食を】

赤ちゃんにミルクアレルギーがなければ、離乳食にミルクを取り入れてみるのはどうでしょうか。

離乳食にミルクを取り入れることで、摂取カロリーが増えるので体重の増えに悩んでいる赤ちゃんにはおすすめです。

 

ミルク粥や、ミルクパン粥などは、完全母乳でミルクに馴染みのない赤ちゃんでも食べやすく、人気のメニューです。

また、離乳食に牛乳を使用するレシピの際に、全量または半量をミルクに置き換えてみても良いでしょう。

 

【生後7ヶ月】体重が増えすぎる時

【赤ちゃんに「太りすぎ」の心配は不要】

一般的には体重の増えが緩やかになる生後7ヶ月ですが、体重の増加スピードが衰えない赤ちゃんもいます。

赤ちゃんの体重の増え方には個人差があるので過度な心配は不要です。

今だけの赤ちゃんらしいむちむちの体型を楽しんでくださいね。

 

赤ちゃんが重たい!解決策は?

生後7ヶ月の赤ちゃんは、10kg近い重さになる子もいます。

赤ちゃんが成長するのはとても嬉しいことですが、抱っこをするママは重たくてつらいこともありますよね。

以下で、ママの負担を少しでも軽減させるための解決策をまとめてみました。

 

【ベビーカーを活用する】

今までは買い物など、抱っこ紐メインで行動していたママも多いかもしれませんが、なるべくベビーカーを活用するようにしましょう。

「赤ちゃんの月齢が低い時、ベビーカーを嫌がったからなるべく乗せたくない」というママの声もよく聞きます。

 

しかし、生後7ヶ月になると、腰がすわり始める赤ちゃんも増えてきて視界が広がり、ベビーカー好きになってくれることも。

ベビーカーに赤ちゃんのお気に入りのおもちゃなどを取り付けてあげても良いですね。

 

【ヒップシートを活用する】

「ヒップシート」とは、ママの腰に巻いたベルトの上に椅子がついたようなものです。

抱っこ紐と異なるのは、赤ちゃんを腰で支えるため、肩への負担が軽減できるという点です。

 

抱っこ紐ほど装着に手間がかからないので、サッと赤ちゃんを抱き上げたい時にはおすすめですよ。

 

【おんぶ紐を活用する】

抱っこしていないと泣いてしまう赤ちゃんの場合、抱っこ紐に入れながら家事をこなしているというママもいると思います。

しかし、抱っこ紐は赤ちゃんがママの前面に来るので家事のしにくさを感じたり、時には危ないこともありますよね。

もちろん、常に抱っこ紐で赤ちゃんを抱いていると、ママの肩や腰に大きな負担もかかります。

 

そこでおすすめなのが、おんぶ紐で赤ちゃんをおんぶすることです。

赤ちゃんの体重がかかることには変わりないのですが、抱っこ紐よりも高い位置で赤ちゃんを固定できたり、ママとの密着度が高いことからおんぶの方が体が楽になったと感じるママは多いようです。

また、両手も開くので、洗濯や料理なども楽々行えますよ。

ただし後ろでどうしているのか目が届かないので、注意は必要です。

 

まとめ

軽すぎても、重すぎても心配になってしまう赤ちゃんの体重。

体重だけでなく、わが子に関すること些細なことでも心配になってしまうのが親心ですよね。

しかし、子育てはまだまだ始まって7ヶ月。あまりにも心配性でいると疲れてしまいます。

 

少し肩の力を抜いて、心に余裕を持った育児ができるようにしましょうね。

この記事を書いたライター

小橋 まな
小橋 まな

2歳の娘を育児中のママライター。出産前は子供がとても苦手だったのに、今では娘を溺愛しすぎてたまに我に返ることもあるほどです。育児休暇後職場復帰の予定が、実父の体調不良をきっかけに退職し在宅ライターの道へ。心配性で神経質になってしまった0歳児育児の過去の自分を振り返り、ママたちが安心して育児ができるような記事をお届けしたいと思います。

この記事もおすすめ

int(24)

生後7ヶ月の赤ちゃんの服選び

生後7ヶ月の赤ちゃんの服選び 生後7ヶ月の赤ちゃんは、ずりばいを始める子も増え...

【生後7ヶ月】赤ちゃんの写真を撮ろう

生後7ヶ月の成長を写真に収めておこう 腕や足の力が強くなり、ずりばいやはいはい...

生後7ヶ月の赤ちゃんへのおもちゃ選び

生後7ヶ月の赤ちゃんとおもちゃ 生後7ヶ月の赤ちゃんは、ひとりでおすわりができ...

離乳食中期(7~8ヶ月)

離乳食中期とは 離乳食をスタートさせて2ヶ月くらい経ち、上手に食べ物を飲みこめ...

生後7ヶ月の赤ちゃんへのプレゼント

生後7ヶ月の赤ちゃんへプレゼントを贈ろう 生後7ヶ月の赤ちゃんは、腰が据わり始...

赤ちゃんにお菓子はいつから与える?

赤ちゃんにお菓子はいつから与える?

赤ちゃんにお菓子はいつから与える? 赤ちゃんの離乳食が進むと、そろそろお菓子を...

市販離乳食のアレンジレシピ【中期編】

市販離乳食のアレンジレシピ【中期編】

離乳食中期に便利な市販の離乳食 離乳食を始めて2ヶ月ほど経った時期を「離乳食中...

生後7ヶ月の赤ちゃんの注意すること

家の中での事故 生後7ヶ月になると、お部屋の中を動き回れるようになるので、お部...

生後7ヶ月に発生する赤ちゃんの事故

生後7ヶ月の赤ちゃんの身近に起こる事故 ずりばいが始まると、赤ちゃんの行動範囲...

生後7ヶ月の赤ちゃんの幼児教育

生後7ヶ月の赤ちゃんの発達と接し方 7ヶ月の赤ちゃんの視力は0.1くらいといわ...

生後7ヶ月の赤ちゃんとお出かけするとき

生後7ヶ月の赤ちゃんとのお出かけ 生後7ヶ月頃の赤ちゃんは、はいはいやずりばい...

【月齢別】離乳食期に必要なもの

月齢6~11ヶ月の時期に必要なものは? 離乳食がスタートしたことで、赤ちゃんに...

生後7ヶ月の赤ちゃんのママの心と体

月経の再開 産後7ヶ月経つと、ママの中にはそろそろ月経が再開する人もいます。た...

ヨーグルトのおいしい離乳食レシピ

ヨーグルトのおいしい離乳食レシピ

離乳食にヨーグルトがおすすめ 離乳食が始まると、赤ちゃんによっては便秘になって...

乳児「6,7ヶ月健診」の内容は?

乳児「6,7ヶ月健診」とは 乳児「6,7ヶ月健診」とは、赤ちゃんが生後半年にな...

生後7ヶ月の赤ちゃんの体の成長

身長・体重 生後7ヶ月の赤ちゃんの平均的な身長は、男の子で65.0~73.6c...

生後7ヶ月の赤ちゃんのお世話

生後7ヶ月の赤ちゃんのお世話ポイント 生後7ヶ月は、多くの赤ちゃんの腰がすわり...

育児中の膀胱炎には早めの対処を!

育児中は膀胱炎になりやすい? 育児中は、慣れない赤ちゃんのお世話で手一杯。自分...

オートミールを使った離乳食レシピ

オートミールを使った離乳食レシピ

オートミールって何? 赤ちゃんの離乳食にオートミールを使えることを知っています...

7ヶ月の赤ちゃんにおすすめの絵本

生後7ヶ月の赤ちゃんにおすすめの絵本

生後7ヶ月の赤ちゃんの絵本選びは? 生後7ヶ月になると、脳や筋肉が発達しさらに...

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php