里帰り出産のメリットデメリット

里帰り出産する?しない?

初めての妊娠出産は不安がつきものですよね。 そのため、ひと昔前までは妊娠したら里帰り出産をするのが当たり前のよう行われていたそうです。

しかし、最近では里帰り出産をしない人も増えていると言われています。

その要因には、男性の育児休暇取得が積極的になっていることや、家事代行サービス・宅配サービスやネット通販などが普及したことで、実家に帰省しなくてもなんとか自宅で産前産後を乗り切ることができるからだと考えられています。

 

また、晩婚化・晩産化により、頼れるおじいちゃんおばあちゃんも高齢となり、里帰り出産をしてもなかなかママと赤ちゃんのサポートをするのが難しいといった家庭も増えているかもしれませんね。

里帰り出産をするのが当たり前ではなくなった今、どのような選択をするのかは、ママやパパの考えに委ねられています。 里帰り出産のメリットとデメリットを知り、どのような出産が自分にとって楽なのか、是非考えてみてください。

里帰り出産のメリット

里帰り出産の最大のメリットは、産後にゆっくりと体を休ませることができることです。

他には以下のようなメリットがあります。

 

【里帰り出産のメリット】

・両親が側にいることで安心する

・産後は、洗濯や掃除、家事全般から赤ちゃんのお世話までサポートしてもらえる

・育児のアドバイスをして貰える ・家事を実母にお願いし、自分は育児に専念できる

 

【里帰り出産するのが向いている人】

①両親が健康で産後のお世話を頼むことができる

②里帰り先で出産する場合、里帰り出産できる産院や病院がある

③ママと赤ちゃんの生活するスペースが確保できている

④両親との関係が良好である

里帰り出産することで、ママの体が休まるだけでなく精神的な安心感も得られます。

それと同時に、ママの両親にとっても可愛い孫を見ることができる「喜び」を感じてもらうことができるでしょう。何よりもの親孝行になりますね。

里帰り出産のデメリット

一見、良いイメージの里帰り出産ですが、デメリットもあるようです。

 

【里帰り出産のデメリット】

・パパと長期間離れての生活になる

・親のアドバイスにイライラしてしまう

・滞在中の生活費に気をつかう

・パパが新生児の期間のお世話ができない

・パパと離れいるため、父親としての実感がわきにくい

・パパの立会い出産が難しくなる

・自宅に戻ってから家事全般をやらなくてはいけないので生活リズムに慣れるのが大変

・ママが里帰り中、自宅ではパパが家事をやらなくてはいけなくなる

 

【里帰り出産に向いていない人】

①パパが育児に協力してくれる環境にある

②両親との関係が悪い

③里帰りする方がストレスになると感じる

実家が近いため両親が手伝いに来てくれる環境にある

里帰り出産のデメリットは、両親との関係に大きく関わります。もともと両親との関係が悪いと、育児のアドバイスなどが逆にストレスになってしまうため、関係性が悪化する原因になることもあります。

また、パパが赤ちゃんへの愛着がわきにくい・パパの自覚が生まれにくいというデメリットもあるため、自宅に戻ってからが大変になってしまうこともあります。

里帰り出産をしないママも増えている

最近では里帰り出産を選ばないママも増えています。

里帰り出産を選択しなかった理由としては、

・パパと一緒にいたかった

・今の環境が1番落ち着く

・パパが立会い出産を希望している

・病院や産院でママ友を作りたい

・パパが新生児のころからお世話したい

などが挙げられます。 このように産後戻ってからの生活を考えて、里帰りをあえてしないと言う選択をするママも沢山います。

パパが子育てに協力してくれる環境や、里帰り先が遠い、家族と疎遠になってしまうなど、帰ることでストレスになってしまう場合は、無理に里帰りしない方が良いのかもしれませんね。

里帰り出産をしない場合に注意したいこと

里帰り出産をしない場合は、パパの手助けが必要不可欠です。
パパが仕事が忙しくて毎日帰りが遅い・なかなか休めないなどの場合は、パパ以外に頼れる人を探しましょう。

もともと実家が近くの場合は、帰省をせずとも自宅出産をし、両親に手伝いに来てもらうのも1つの方法です。
そうでない場合は、自治体のファミリーサポート制度や家事代行サービスなどを利用して産褥期をうまく乗り切りましょう。

食洗器やお掃除ロボットの活用など、便利な家電を活用することで時短家事をするなどの工夫もできますが、それ以外にもネットスーパーや食事の宅配サービスを利用することも1つです。

現在の住まいで、どんなサービスが受けられるか、サービス内容や料金も含め、事前に確認しておくと安心ですね。

まとめ

里帰り出産する場合は、今回ご紹介したメリットデメリットを参考に、パパと実家の両親とよく話し合ってから決めるようにしましょう。

最も重要なのは、ママと赤ちゃんが安心して過ごせること。 それにはどんな環境でどんな生活を送るのが望ましいのか、考えてみてくださいね。

この記事を書いたライター

西村 みどり
西村 みどり

信州在住。 3歳の娘と猫2匹と暮らしています。 フルタイムで働きながら、空いた時間でライターを勉強中。 休みの日に娘と公園に行ったりするのが楽しみです。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。