双子の出産祝いの選び方

双子の出産祝いは予算も2倍?

双子の赤ちゃんが生まれたと聞くと、可愛さも喜びも倍増しますよね。 出産祝いももちろん2人分ですから1人の出産祝いに比べて、予算も2倍に増えてしまうのではと心配になる方もいるでしょう。

また、どんなお祝いを選べば相手に喜んでもらえるのかも悩んでしまいますよね。 そこで今回は、双子の出産祝いについてご紹介します。 まずは気になる予算から見ていきましょう。

 

【一般的な出産祝いの相場】

赤ちゃん1人当たりのお祝いの相場は以下のとおりです。

身内の場合:10.000~30.000円

親戚の場合:5.000~10.000円

友人の場合:3.000~10.000円

ママ友の場合:1.000~3.000円

職場の場合:上司なら5.000~10.000円、同僚なら3.000~5.000円程度

 

【双子の場合】

次に双子の場合を見ていきます。

身内の場合:15.000~45.000円

親戚の場合:7.500~15.000円

友人の場合:4.500~7.500円

ママ友の場合:2.500~4.500円

職場の場合:上司なら7.500~15.000円、同僚なら4.500~7.500円程度

あまり高額な金額ですと、かえって相手に気を遣わせてしまうことになります。 そのため、双子だからと言っても、お祝いの金額も2倍というわけではありません。

上記のように通常の1.5~1.7倍ほどを目安に考えておくとちょうどいいと思います。

双子の出産祝いの選び方は?

双子の出産祝いを選ぶポイントは以下のとおりです。 1人の赤ちゃんの出産祝いと同じように、相手のことを考えて選んであげましょう。

 

【①ママの好みに合ったもの】

ベビー服やスタイなど、赤ちゃんの身の回りのグッズを贈る際は、ママ好みのデザインのものを選んであげましょう。

普段のママの持ち物や着ている服をチェックし、好みのブランドやデザインを考えてみるといいですね。

 

【②実用性のあるもの】

双子が生まれたということは、赤ちゃんのお世話も2倍です。 離乳食用の食器や哺乳瓶、おもちゃやスタイなど、どれも2つ揃えなければなりませんね。

少しでも助けとなるよう、このような実用性のある育児グッズを贈ると喜ばれるでしょう。

 

【③消耗品】

双子の場合、消耗品となるおむつは、通常のおよそ4倍必要と言われています。 特に新生児の時期は、頻繁におむつ替えをしますので、大量のおむつが必要でしょう。

ほかにも、タオルやおしりふきなどもたくさんあると喜ばれると思います。

 

【④双子ならではのもの】

やはり双子の赤ちゃんが生まれたら、おそろいのベビー服やおそろいのスタイを身につけさせてあげたいですよね。 おそろいの服で、同じようなポーズをとっている双子の赤ちゃんはとても愛らしいものです。

是非、双子ならではのおそろいのアイテムを贈ってあげましょう。

双子の出産祝いおすすめ5選

双子の出産祝いの選び方を参考に、具体的なおすすめアイテムをご紹介します。

 

【①おむつケーキ】

前述したように、双子の場合、おむつはたくさん必要です! 何枚あっても困るものではありません。 最近では、可愛く飾った「おむつケーキ」が人気です。おむつ以外にもぬいぐるみやおもちゃが入っていて、見栄えも十分ですね。

ただし、新生児用のおむつはすぐにサイズアウトしてしまうため、おむつケーキを選ぶときはSサイズやMサイズを選んであげましょう。

もし、メーカーにこだわりがある場合は、念のためママに確認しておくと安心ですよ。

 

【②スタイ】

双子ならではのおそろいのスタイもおすすめです。 ネーム入りにできるものもあるため、赤ちゃんの名前が決まっていたら聞いておくといいですね。 スタイは、赤ちゃんにとってのおしゃれアイテム。

よだれやミルクの吐き戻しで洋服を汚してしまわないための実用性もあるので、きっと喜ばれると思います。

 

【③タオル】

タオルは様々な用途に使えるため、あると便利なアイテム。 大判サイズであれば、お風呂上りにサッと赤ちゃんを包んでおくのに大活躍です! 可愛いデザインと赤ちゃんの肌に良いものを選んでプレゼントしてあげましょう。

 

【④ベビー服】 双子でおそろいのお洋服を着てお出かけして欲しいですよね。 ピッタリサイズよりも長く使える少し大きめの80~90センチの服を選ぶのがおすすめです。

 

【⑤食器】

離乳食用の食器も双子だと2個ずつそろえなければいけないのでなかなかの出費になると思います。 こちらもネーム入りにできる商品もあるので、それぞれ1人1人にプレゼントしましょう。

まとめ

双子の出産祝いの場合、やはり2人の赤ちゃんにそれぞれ贈るという意味で、お祝いも2つ選んであげましょう。 出産祝いを贈るなら、生後1週間~1ヶ月以内に贈るのがマナーです。

もし、双子の赤ちゃんに会いに行き、直接お祝いを渡したいという場合は、ママが負担にならない時期に訪問しましょう。 産後のママの体調が落ち着く時期・双子育児が落ち着く時期というのは個人差があります。

事前に相手へ確認してから日程を決めてくださいね。

また、お祝いを選ぶ際は、贈る相手への気持ちを大切にし、喜んでもらえるような品を選ぶようにしましょう!

この記事を書いたライター

西村 みどり
西村 みどり

信州在住。 3歳の娘と猫2匹と暮らしています。 フルタイムで働きながら、空いた時間でライターを勉強中。 休みの日に娘と公園に行ったりするのが楽しみです。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。