出産祝いのお返し

内祝いとは

赤ちゃんが生まれて、出産祝いをいただいたら、そのお返しとして「内祝い」を贈るのが一般的です。

 

内祝いは、祝う喜びの気持ちを分かち合うための印として贈るものですから、出産祝いをいただいていない方にも贈ることがあります。

 

これから育児で迷惑をかける場合もある職場の同僚やご近所に、相手が気を遣わない程度の品を「これからお世話になります。よろしくお願いします。」と、ひと言添えて持参すると良いでしょう。

内祝いを贈る時期

お祝いをいただいたら、まず電話や手紙を出して、お礼の言葉を伝えます。親しい友人などの場合は、メールでも構わないでしょう。

 

その後、生後1ヶ月のお宮参りが終わるころに内祝いを贈ります。産後の大変な時期ですが、遅くとも生後2ヶ月以内には贈るようにしましょう。

 

生後1~2ヶ月の育児が最も大変な時期に、内祝いを準備するのはママにとって非常に負担となりますので、出産前にあらかじめ、どのような内祝いを贈るのか目星を付けておくと良いでしょう。カタログなどを事前に取り寄せておき、金額別に候補をいくつか挙げておきます。

 

基本的には、出産祝いをいただいた方には全員にお返しするのがマナーです。しかし、お返しは不要と先方に言われた時などは、お礼状を書くだけでも構いません。また、内祝いの贈り漏れがないように、あらかじめいただいた方のリストを作成しておくと安心です。こちらも出産前に、相手の住所を整理しておくと慌てずに済みます。

内祝いの金額の相場

「お祝いは半返し」と言って、いただいたものの半分をお返しするのが礼儀です。

 

出産祝いより明らかに高価なものを内祝いとして差し上げるのは、たとえ気持ちがこもっていても失礼に当たります。

 

ただし、目上の方や親せきなどから5万円以上の高額な出産祝いをいただいた時は、3分の1くらいの内祝いを選んでも問題ありません。

内祝いの熨斗紙・表書き

出産の内祝いには、紅白蝶結びの水引の熨斗紙を使用し、「内祝い」と表書きをするのがマナーです。表書きの下には、赤ちゃんの名前を記入します。この時、苗字は書かず、名前だけを書きます。

 

親の名前を書くのではなく、赤ちゃんの名前を書くのは、これを機に赤ちゃんの名前をお披露目するという意味合いがあります。先方が誤って赤ちゃんの名前を認識しないように、必ず名前にふりがなをふっておくようにしましょう。送る際は、品物に熨斗をかけるだけではなく、カードや挨拶状を添えると、より心のこもった贈り物になります。

 

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。