出産内祝いにおすすめのアイテムは?

出産内祝いにおすすめのアイテムは?

出産内祝いの金額や時期は?

出産内祝いとは、赤ちゃんの誕生のお祝いをいただいた方へ感謝の気持ちをお返しをする「内祝い」の1つです。
基本的には「半返し」と言われているように、お祝いとしていただいた金額の半分程度の金額でお返しします。
ただし、5万円〜10万円ほどのお祝いをいただいた場合は、半返しではなく1/3程度でお返しをしても問題はありません。

 

出産内祝いを渡す時期については、ママや赤ちゃんの体調にもよって変わってきますが、一般的には1ヶ月以内が好ましいと言われています。
初めての育児でバタバタしていると、1ヶ月はあっという間に過ぎてしまうので、赤ちゃんが生まれる前からある程度考えておくのがベストです。
出産・子育て雑誌や産院においてある雑誌などを見て、どんなものがあるのかだけでも把握しておくと良いでしょう。

 

内祝いを選ぶ際の注意点

赤ちゃんが生まれたお祝いをいただくと、「ありがとう」の気持ちを伝えたいと予算オーバーの商品を贈りたくなってしまいます。
しかしそれは相手に対して失礼にあたりますので、「半返し」を意識することが大切です。
また、送り漏れがないよう気を付けるためにも、頂いたらすぐにノートなどにメモをしておくと良いでしょう。

 

出産内祝いには、赤ちゃんの名前を印字したお菓子や食器、食品などもあります。
出産祝いを贈ってくれた方の中にも、そのような「赤ちゃんを連想するグッズ」をもらうことが精神的につらいという人もいるかもしれません。相手を想って心のこもった贈り物を選んであげることが何より重要です。

 

出産内祝いにおすすめのアイテム

出産内祝いのカタログやサイトを見ると、あまりの種類に驚いてしまう人もいます。
せっかく贈るのなら相手に喜んでもらいたい!という人のために、おすすめのアイテムをご紹介します。

 

【大人気!赤ちゃんの名前入りグッズ】
出産内祝いで人気なのは、赤ちゃんの名入れグッズです。
赤ちゃんは新しく家族に仲間入りしたばかりなので、相手にもしっかり覚えてもらえるよう名入りグッズを選ぶ方もいます。

 

名入れグッズと一言にいっても、スイーツや食品から日用品などその種類も豊富です。
例えば有名スイーツブランドのケーキに名前を入れたり、ジューズやゼリーなどのパッケージに赤ちゃんの名前が入ったラベルが貼られているものもあります。

 

最近ではパッケージに名前の入ったお米やお酒、お茶漬けやお吸い物セットなど種類が豊富なので、送る方に合わせて商品が選べるのも魅力です。

 

【ファミリーにおすすめ!スイーツギフト】
贈る相手がファミリーの場合は、小さいお子さんにも喜んでもらえるようなスイーツギフトも人気です。
クッキーやゼリー、ラスクやチョコレートなどの洋菓子から、カステラやどら焼き、ようかんといった和菓子もあります。
スイーツだけのギフトも良いですが、おいしい紅茶やコーヒーとセットになっているものもおすすめです。

 

【みんなうれしい!雑貨・日用品ギフト】
雑貨や日用品ギフトももらって喜ばれるギフトの1つです。
おしゃれなコーヒーメーカーや卓上ケトルといった雑貨や、定番のタオルや寝具も人気があります。

 

他にもコスメや洗剤の詰め合わせなどもありますので、相手に合わせて選ぶことができます。
タオルの場合は、価格やブランドによって入っているタオルのサイズが異なりますので、しっかり確認することが大切です。

 

【大切な人へ「体にやさしいギフト」】
普段忙しくてなかなか体に気を使えていない方へは、身体をいたわるギフトを贈りたいと考える方も多いです。
体に優しいギフトの中でも人気なのが、体に気を使った油類や醤油などの調味料、お茶などがあります。

 

他にもバスソルト、高級シャンプーやせっけん、ボディケア商品等があります。
女性に贈る場合は、普段自分ではなかなか買えないような、高級せっけんや高級シャンプーなども人気です。

 

【季節を感じる「季節限定ギフト」】
出産内祝いを贈るタイミングによって、この時期ならではの季節限定ギフトを贈るのも良いでしょう。
季節限定ギフトは、主にその季節しか味わえない食材を使ったものや、気温の高い春や夏の時期では発送できない品質が変わりやすい商品などが該当します。
例えば、高級ブランドのチョコレートやその季節にしか味わえないフルーツを使った焼き菓子やフレッシュジュースなど、贈る相手の好みに合った商品があったら是非選びたいですね。

 

【今や定番?カタログギフト】
「外しにくいギフト」として、出産内祝いに限らずさまざまなギフトで人気が高いのは「カタログギフト」です。
価格帯が豊富な点も選びやすいポイントでしょう。
最近ではスイーツに特化したものやグルメに特化したものなど専門性の高いカタログギフトがありますので、より贈る相手に合わせて選びやすくなっています。

 

まとめ

出産内祝いと一言に言っても、贈る側の想いを伝える大切なギフトです。
相手の家族構成や好みなど、相手を想いながら心のこもったギフトを贈りたいですね。
これから赤ちゃんも含めた家族でお世話になる相手なので、相手の喜ぶ顔を想像しながら楽しく選びましょう。

この記事を書いたライター

きくちまい
きくちまい

2歳と6歳の子どもを育てているライター歴3年の在宅ママライターです。 幅広いジャンルで執筆中。日本中のママへ、わかりやすくて「なるほど!」な情報をお届けします!

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。