赤ちゃんの椅子はどの部屋でどう使う?

赤ちゃんの椅子はどの部屋でどう使う?

赤ちゃんの椅子は何歳から部屋で使う?

赤ちゃんは頭が重くバランスを崩しやすいので、大人と同じ椅子に座らせるのは危険です。
赤ちゃんが過ごす部屋には専用の椅子を用意してあげましょう。

 

目安としては月齢7~8ヶ月で離乳食を食べる際に椅子に座る赤ちゃんが増えてきます。
ただ、個人差があるため、絶対にこの時期に座らなくてはいけないというわけではありません。
そろそろいいかなと思ったら、椅子に座らせても大丈夫かどうか、以下のような点をチェックしてあげましょう。

 

・支えがなくても1人で座れるようになる
・腰がしっかりしてくる

 

赤ちゃんは首だけでなく、最初は腰もすわっていません。
まずは練習として、ママやパパの膝の上に座らせてあげる事で抵抗なく椅子に座れる様になります。
赤ちゃんが嫌がる場合には無理に座らせないようにしましょう。

 

赤ちゃんの椅子の種類

赤ちゃんの椅子は一般にベビーチェアと呼ばれていますが、さまざまな種類があります。

 

【ハイチェア】
ハイチェアは背の高いベビーチェアで、ダイニングテーブルで使用できます。
ほとんどのハイチェアは、足乗せなどの高さ調整ができる為、成長に合わせて使い続けられるのがメリットです。

 

ただ、ダイニングテーブルに合わせた高さがある椅子なので、頭が重い赤ちゃんは転倒する危険性もあります。
バランスがしっかりとれていて、安全に設計されている椅子かどうか、買う前にしっかりチェックして下さい。

 

【ローチェア】
ローチェアはその名の通り、背が低いベビーチェアです。

 

背が低いので、重心が低くなり安定感があります。
比較的早い段階から使い始められる為、ローチェアを一番最初に購入する家庭もあります。
成長していくにつれて、座る部分におしりが入らなくなる為、使える機関としては短めです。

 

ただ、コンパクトなので持ち運びやすく、どの部屋に持っていっても場所を取らずに使えるのがメリットです。

 

【テーブルチェア】
テーブルチェアは脚が付いていない椅子で、テーブルに据え付けて使用します。
どの部屋でも、テーブルさえあれば赤ちゃんの居場所を確保できるのが便利です。

 

椅子特有の脚がついていないので、コンパクトで持ち運びやすく、たたんで収納できるものもあります。
床に面していないので、掃除機もスイスイかけられるのでストレスフリーなアイテムです。
テーブルの厚み次第では、使用できないケースがあるので無理に付けるのはやめましょう。

 

【バスチェア】
バスチェアは、お風呂で使えるベビーチェアです。
1人で赤ちゃんをお風呂に入れる時には、赤ちゃんを座らせておけるので安心です。

 

ただ、バスチェアに座っていれば絶対に安全なわけではありません。
こまめに様子をみて、バスチェアに頼りすぎないようにして下さいね。
使用後は洗って乾かすなどして、清潔にしておく必要があるのでそこだけ気を付けておきましょう。

 

このように、赤ちゃんの椅子は部屋によって使い分けができるので、種類を把握しておくと便利です。

 

部屋に合う椅子の選び方のポイント

では、部屋に合わせた赤ちゃんの椅子の選び方のコツはどんなものでしょう。

 

【ダイニングで使える赤ちゃん椅子】
ダイニングテーブルを置いて食事をする部屋には、ハイチェアが適しています。
背の高いベビーチェアで、ダイニングテーブルに座る大人達と同じ目線になれる為、赤ちゃんも家族の一員として団らんができます。

 

ハイチェアは、高さとバランスをとる為にそれなりの幅があります。
食事の時に使用するテーブルならば定位置を決めておくと良いです。

 

【リビングで使える赤ちゃん椅子】
リビングに適しているのは、ローチェアです。

 

リビングに置いている低いテーブルに合わせられる為、姿勢を綺麗に保てます。
日中過ごす時や、食事の際にも使える為、ダイニングテーブルがない場合には重宝します。

 

【畳の部屋で使える赤ちゃん椅子】
畳の部屋でちゃぶ台などで食事をする場合、床を傷めないテーブルチェアが役に立ちます。
また、外食に行った際に赤ちゃん用の椅子がないときも重宝します。
帰省時に持ち運ぶなら、テーブルチェアがいいかもしれません。

 

【お風呂で使える赤ちゃん椅子】
赤ちゃんと一緒にお風呂に入った際に、パパやママが自分の体を洗う間は、赤ちゃんを湯船に入れて置く事もできません。
かといって、タオルに包んでお風呂場に寝かせておくのも体を冷ましてしまう事になります。
抱っこしながら洗うなんてもってのほか…。
そんなお風呂にはバスチェアが最適です。

 

部屋によって使い分けができるので、種類を把握しておくと便利です。

 

【まとめ】部屋に適した椅子を選ぼう!

ベビーチェアを購入する際には、どの部屋に置きたいか、どう使いたいかを明確にしておくと選びやすくなります。
全て万能に使いまわしが利く椅子はありませんが、まだ腰が安定しておらず、座る体勢になれていない赤ちゃんだからこそ、椅子を適切に使ってあげて下さい。

 

大人の様にただ座るだけの機能ではなく、赤ちゃんにとってはプラスアルファの機能が必要なのです。
どの部屋でどんな機能を持った椅子を使うか、上手に使い分けてくださいね。

この記事を書いたライター

みはる
みはる

料理が好きでブログも運営しているマルチライター。プレママやこれから妊娠を予定している方に役立つ知識を、分かりやすくお届けします!

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。