生後8ヶ月の赤ちゃんの注意すること

家の中での事故

赤ちゃんによって個人差はありますが、生後8ヶ月になると多くの赤ちゃんがはいはいやつかまり立ちを始めます。この時期に1番注意したいことは家の中での事故です。

 

外出先でも危険はありますが、動き始めた赤ちゃんにとって、自由に動ける場所は家の中です。家の中には、赤ちゃんにとって興味のあるものがたくさんあります。

 

床に落ちている物を誤飲してしまったり、転倒してしまったり、時にはコンセントで感電をしてしまう事例も報告されています。赤ちゃんの安全を守るために、事前に安全対策をしておくことが必要です。

 

【ベビーゲートを設置する】

包丁やコンロなどがあるキッチンや階段の入り口には、ベビーゲートを設置して赤ちゃんの侵入を防ぎます。

 

【ベビーサークルの中で遊ばせる】

料理やお風呂の掃除などで手が離せない場合、サークルの中で遊ばせておくことができると安全です。

 

【コンセントカバーをつける】

コンセントキャップも有効な対策ですが、キャップの種類によっては赤ちゃんの力で外れて誤飲につながるケースも。 コンセントカバーの方がより確実な対策だと言えます。

 

【家具などの角にカバーを付ける】

赤ちゃんがつかまり立ちできる高さの家具の角にカバーやガードを付けておくと、転んで頭を打ったときの衝撃をやわらげることができます。

 

【引き出しにストッパーを付ける】

引き出しの中のものは思わぬ危険につながることもあります。赤ちゃんが開けられないよう、引き出しにはストッパーを付けましょう。

 

【赤ちゃんの誤飲に注意する】

赤ちゃんが誤飲する可能性のある物のサイズを知っておくのがおすすめです。 母子手帳によってはガイドが付いていることもあります。市販のチェッカーや大人が親指と人差し指で作る輪、トイレットペーパーの芯も目安になります。 この太さを通るものは危険と考えた方が良いでしょう。

 

生え始めの乳歯の虫歯

成長に個人差がありますが、8ヶ月の時期には乳歯がしっかり生えてくる赤ちゃんも増えてきます。生え始めの乳歯は特にやわらかく、離乳食の幅も広がってきていることもあり虫歯になる場合があり、注意が必要です。

 

8ヶ月の赤ちゃんのための虫歯対策は、以下のとおりです。

 

【歯磨きの習慣をつける】

歯が生えた直後は、ガーゼで歯をふいてあげるケアをすることもあったと思いますが、この頃から少しづつ歯ブラシでの歯磨きの習慣を付けていきましょう。赤ちゃん用のやわらかい歯ブラシやジェルタイプの歯磨き粉を使うのがよいでしょう。歯磨きの仕方が分からないときは歯科医を受診して教わるのも良いでしょう。

 

【夜間の授乳に気を付ける】

夜泣きも多いこの時期、夜中にミルクや授乳をすることも度々あります。しかし、ミルクや母乳を飲んだまま眠ってしまうと虫歯になるリスクが高まってしまいますので、なるべく夜間の授乳回数を減らすようにしましょう。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php