赤ちゃんの名前の画数は気にする?



赤ちゃんの名前の画数

赤ちゃんの名前を決める際、画数で悩むママは多いのではないでしょうか。
しかし、画数で判断する「姓名判断」はあくまでも占いの一種。
気にする人・気にしない人が大きく分かれます。

もちろん気にする・気にしないは親の考え方次第ではありますが、やはり名前は一生もの。
「少しは気にした方がいいのかな?」と考えるママも多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、赤ちゃんの名前の画数についてどのような意見があるのか、また将来苗字が変わる可能性の高い女の子の場合はどうするのかをまとめました。

 

気にする?気にしない?名前の画数

赤ちゃんの名前の画数を気にする・気にしないは大きく意見が分かれます。
そこで赤ちゃんの名前の画数を気にする人と気にしない人ではどのような意見があるのかをご紹介します。

 

【画数を気にする派】

<自分自身が良い画数の名前だから>

自分が良い画数の名前を親につけてもらったから、赤ちゃんにも同じようにしてあげたいという意見が多いようです。
名前の画数以外でも、自分が親にしてもらって嬉しかったことはわが子にもしてあげたいというのが親心。
わが子を想う気持ちが代々受け継がれていくのは素敵なことですよね。

 

 

<赤ちゃんが成長した時に悪い運勢だとかわいそうだから>

なんとなく興味本位で、自分自身の名前の姓名判断をした経験のある人は多いのではないでしょうか。
赤ちゃん自身も成長し、自分の名前を占う機会があるかもしれません。
そんな時にとても悪い運勢だったら、あまりいい気分にはならないかもしれませんね。
そんな事態は避けたいと、姓名判断で良い運勢の名前をつけてあげたいママは多いようです。

 

 

<姓名判断は昔からある占いだから>

ママやパパが生まれたときと現在では、名前の付け方や基準・流行も異なりますが、姓名判断の基準は大きくは変わりません。
伝統的な姓名判断は、なんとなく格式の高いイメージを持つママも多いのかもしれませんね。
また、昔からあるからこそ、おじいちゃんやおばあちゃん世代にも説明しやすく、受け入れてもらいやすいというのも利点ですね。

 

<選択肢が狭まるので悩まずに済むから>

赤ちゃんの名前をゼロから考え出すのは難しいもの。
夫婦の意見が食い違うと、余計に迷走してしまいなかなか決められずに焦ってしまいますよね。
姓名判断を一つの大きな基準とすることで、名前の選択肢が狭まるため悩まずに済むというママの意見もありました。

 

 

【画数を気にしない派】

<つけたい名前をつけられなくなってしまうから>

「この名前にしたい」「この漢字を使いたい」と思っていても、姓名判断の結果が好ましくない場合もあります。

しかし、名前や漢字にこだわりや強い想いがある場合、姓名判断の結果を取り入れることで本当につけたい名前をつけられなくなってしまうことも。
特に他人とかぶりにくい名前や、流行の名前を付けたい場合、姓名判断まで考慮するのは難しいかもしれませんね。

 

 

<自分の名前の占い結果が現実と異なるから>

ママやパパ自身の姓名判断をしてみたところ、現実と全く異なっていた!ということも。
そうなると、「姓名判断の意味なんてない」と思うママも多いようです。

確かに、自分というモデルに当てはまっていないと少し信ぴょう性は低くなるかもしれませんね。
姓名判断を名づけに取り入れようか悩んでいる場合は、まず自分や身近な人の名前を占ってみてもよいかもしれません。

 

<苗字が変わることもあるから>

赤ちゃんが成長し結婚をする際、特に女の子の場合は苗字が変わることが想定されます。
もちろん男の子の場合でも、お嫁さんの姓にするパターンもありえますよね。

姓名判断は、名前だけでなく苗字も含めて運勢を占います。
苗字が変わってしまうことで、意味がなくなってしまうと思うママも多数いるようです。

 

女の子の場合の画数はどうする?

先述した通り、姓名判断は苗字も含めて運勢を占う方法です。
赤ちゃんが女の子の場合、男の子よりも苗字が変わる可能性が高くなり、画数にこだわりたいもののどのように取り入れればよいか悩むママも多いようです。
女の子の場合、画数をどのように決めるママがいるのかをまとめました。

 

【気にせずに今の姓を含めて占う】

「赤ちゃんが女の子だからと言って、苗字が変わらないかもしれないし、結婚自体しないかもしれない」
「生まれた時点での運勢を気にしたい」
という意見が多く見られました。

 

また、赤ちゃんが大人になるころには、夫婦別姓が認められているかもしれません。
「女の子だから」という考えに固執するのではなく、柔軟な考え方をするママが多いようです。

 

【名前の運勢を重視する】

姓名判断は、五格とよばれる格によって判断されます。
五格の中には、名前だけの画数で占う「地格というものがあります。
名前は一生変わることがないので、「地格」の運勢を重視して名前を考えるというママもいるようです。

 

まとめ

赤ちゃんの姓名判断の運勢は、良いことに越したことはありませんがあまり気にしすぎるとなかなか名前を決められなくなってしまいます。
また、占いの結果を気にしすぎて子どもに過度な期待をしたり、意見を押し付けたりするのは避けたいもの。
あくまでも「占い」の一種として、参考程度に楽しみながら名づけができるといいですね。

 

この記事を書いたライター

小橋 まな
小橋 まな

2歳の娘を育児中のママライター。出産前は子供がとても苦手だったのに、今では娘を溺愛しすぎてたまに我に返ることもあるほどです。育児休暇後職場復帰の予定が、実父の体調不良をきっかけに退職し在宅ライターの道へ。心配性で神経質になってしまった0歳児育児の過去の自分を振り返り、ママたちが安心して育児ができるような記事をお届けしたいと思います。

この記事もおすすめ

int(887)

赤ちゃんの名前付け!画数の流派とは?

赤ちゃんの名前の画数は気する? 赤ちゃんの名前を考える時、画数を気にしますか?...

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php