赤ちゃんの名前が決まらない時の解決法

赤ちゃんの名前が決まらない時の対処法

赤ちゃんの名前が決まらないのはなぜ?

ママやパパから赤ちゃんへの最初のプレゼントでもある名前。妊娠中から考える人もいますし、実際に産まれてきた赤ちゃんの顔を見てから決めるという人もいますが、なかなか決まらないという場合も少なくありません。

 

やはり大切な名前だからこそ、慎重にじっくり考えてあげたいという気持ちから、決めるのって難しいのでしょう。名前に込める思いや音の響き、漢字の画数や意味までさまざまなことを考えますよね。その他にも周りの親戚や友だちの子どもの名前と被らないようにしたり、おじいちゃんおばあちゃんの意見も取り入れたりなど、配慮しなければいけないことも。

 

しかし、名前は出生届を出す期限である、生後14日以内に決めてあげなければいけません。一度出生届を提出し、受理されると、そこからは改名手続きが必要なのです。生まれてから14日以内に赤ちゃんの名前を決めるために、なかなか決まらない場合はどのように解決していけばいいのでしょうか。

 

赤ちゃんの名付けで悩んだ時のポイント

赤ちゃんの名前がなかなか決まらないと言っても、候補はいくつかある場合と、候補すら全くない!という場合に別れるでしょう。それぞれ、どのようなポイントで名前を考えていくといいでしょうか。

 

【候補が複数あり決められない時のポイント】
候補がいくつかあるということは、その中から決められない!またはママとパパで名前の候補が対立しているなどの場合があるでしょう。そのような時には次のような点で、選んでみるのもいいでしょう。

 

①呼びやすい名前を選ぶ
これから何度も何度も呼ぶことになる赤ちゃんの名前。また、これからできる友だちや先生などさまざまな人に、その名前で呼ばれるようになります。できるだけ誰もが呼びやすく、発音しやすい名前を候補の中から選びましょう。

 

愛称を考えてみるのおすすめです。名前から1文字2文字とり、「〇〇ちゃん」「〇〇くん」とつけて呼んでみて、親しみを感じやすい名前であれば、呼びやすい名前ではないでしょうか。

 

②分かりやすい名前を選ぶ
呼びやすさとも通じるところがありますが、できるだけシンプルで分かりやすい名前を候補の中から選んでみましょう。名前に込めた思いが分かりやすい、男の子か女の子か分かりやすい、漢字が誰でも読みやすいなど、複雑な名前よりもシンプルな方が親しみを感じられやすいです。

 

③名前の画数がよいものを選ぶ
画数はあまり気にしないという方もいるかもしれませんが、悪いよりはいい方が嬉しいですよね。それまで画数を気にしたことがなかった方は、苗字と合わせて調べてみるのはどうでしょうか。

 

【候補が全くない時のポイント】
名前を考えてはいたものの、なかなか思い浮かばず、候補がない…という場合は次の点から考えてみましょう。

 

①ママやパパの名前から1字とる
全く候補が思いつかない場合は、ママとパパの名前から漢字1字とるというのがおすすめです。赤ちゃんとのつながりを感じやすいですし、長年使ってきた自分の名前、またはパートナーの名前であれば親しみが湧きやすいでしょう。

 

②流行りの名前から考えてみる
毎年、その年に人気である名前のランキングや人気の漢字のランキングが発表されますよね。その中からいいなと思う名前を候補としてピックアップしてみるのもいいでしょう。人気があり、流行っている名前は時代が反映されており、分かりやすさもあります。

 

ランキングを見ている中で、インスピレーションが湧くこともありますので、一度チェックしてみましょう。

 

③尊敬している人の名前から考える
尊敬している人の名前をいただくというのもおすすめです。身近なおじいちゃんおばあちゃん、恩師などからでもいいですし、好きな有名人や芸能人の名前を参考にしてみるのもいいでしょう。

 

赤ちゃんにも尊敬している人のように育ってほしいと思いを込めやすいですね。そのまま付けるのは避けたいのであれば、1字とったり、漢字だけもらったり、また響きの似た名前を考えるといいでしょう。

 

あくまで決めるのはママとパパ

どうしてもおじいちゃんおばあちゃんに決めてもらいたい、尊敬する方などに決めてもらいたいということもあるかもしれませんが、あくまで赤ちゃんの名前を決めてあげるのはママとパパであることを忘れないようにしましょう。
ママとパパが第三者に決めてもらおうと判断したときはいいですが、2人の意に反して口をはさんでくることもありえます。

 

しかし、赤ちゃんを育てていくのはママとパパ。大きな責任を負うとともに、その大切な存在である赤ちゃんの名前を決める権利もあるはずです。第三者の意見に惑わされず、ママとパパが最終的に名前を決めてあげましょう。

 

まとめ

大切な名前だからこそ、なかなか決まらないということはよくあるようです。また、ママとパパで意見が食い違って、お互いが譲らず決まらないパターンも。しかし、よく話し合い、お互いが納得する名前をプレゼントしてあげるのが一番です。これから何度も何度も親しみを込めて呼ぶ名前。ぜひ素敵な名前を付けてあげてくださいね。

この記事を書いたライター

おかだ うみ
おかだ うみ

11歳、6歳の兄弟を育児中のママライター。うどん県出身、お蕎麦の美味しい北陸在住。趣味はカフェ巡り、キャンプ、音楽鑑賞。子どもたちとの些細なできごとを100%楽しめるような毎日にしたい!と日々模索中。その中で学んださまざまな情報をお届けできたらと思っています。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php