誰かから名前をもらう名づけ方

誰かから名前をもらう名づけ方

誰かから名前をもらって命名することを、「あやかり名(あやかりな)」といいます。「あやかり名」の名づけ方は、ある人物の名前をそのまま、もしくは1文字もらってつけます。

 

自分の子に「こんな立派な人になってほしい」と願ってあやかる名前ですが、もらう人物のイメージが一生付きまといますので、よく調べて検討することが必要です。

 

両親からわが子への最初のプレゼントである大切な「名前」ですから、じっくり納得がいくまで考えてから、決めてあげましょう。

 

先祖・親・親族にあやかる名づけ

最近は少なくなってきましたが、昔は先祖や親や親族などの名前にあやかって、子どもに命名することはよくありました。その人との絆を強く感じられるのがよい点です。

何百年も続く老舗の跡取りなどは、先祖の名前をあやかって引き継ぐことがあります。

 

注意したいのは、もし名前をもらった相手との関係が悪化したときに、子どもに対する印象に問題がないかという点です。また、漢字によっては、他の漢字と組み合わせづらいこともあるため、相手と全く同じ名前になってしまう恐れもあります。

 

歴史上の人物にあやかる名づけ

大好きな歴史上の人物の名前にあやかって名づけたい場合、その人物についてよく調べてから名づけるようにしましょう。一般的に良いイメージの人でも、よく調べてみると人間関係や家庭内に問題があったり、心に問題を抱えていたということがあります。

 

人生の成功した部分だけにスポットを当てるような見方をせずに、どんな一生を送ったのか、しっかりリサーチすることが必要です。あやかるのであれば、後で知って後悔することがないように、よく調べてからにしましょう。

 

また、偉大な人物の名をあやかると、名前のイメージが強すぎて「名前負け」してしまう可能性がありますので注意が必要です。

 

【代表的な歴史上の人物のあやかり名】

・坂本龍馬にあやかる・・・竜馬、龍馬

・滝廉太郎にあやかる・・・廉太郎

・野口英世にあやかる・・・英世

・宮本武蔵にあやかる・・・武蔵

・秀吉の妻の名前「ネネ」・・・寧々

 

有名人・知人・恩師にあやかる名づけ

好みの有名人の名前、あるいは尊敬する知人や恩師の名前にあやかって名づける場合、歴史上の人物と同じように、あやかった人物のイメージが子どもにつきやすいため注意が必要です。

 

歴史上の人物はすでに亡くなっているので、子どもの将来に影響を与えることはありませんが、生きている人物から名前をあやかった場合、その人の未来が子どもにも大きく影響することがあります。

 

その人物が、この先もずっとよ良いイメージなら問題ありませんが、評判が悪くなったりトラブルがあったりすると、そのまま子どもにも悪影響を与える可能性があります。 存命中の人の名前にあやかるときは、その人物と子どもの互いの将来も考えて、名づけるようにしましょう。

 

この記事を書いたライター

赤ちゃん成長ナビ
赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php