男の子の赤ちゃんの古風な名前は?



男の子赤ちゃんの古風な名前が人気!

パパとママから、赤ちゃんへの最初のプレゼントして贈られる「名前」。

少し前までは世界に一つだけの個性的な名前や、漢字の読みに捕らわれなくても漢字が持つ意味を尊重した名前が人気を集める傾向にありました。

 

しかし近年は、日本人に親しみがある名前の響きで、誰でも読めるような古風な名前が「レトロネーム」と呼ばれ、人気を集めています。

古風、と聞くとおじいちゃんの世代のような「しわしわネーム」をイメージするかもしれませんが、令和に入った今だからこそ、逆に「男の子らしい」「斬新」「かっこいい」と感じさせる名前が多々あります。

 

例えば、日本の古き良き文化や和の趣を感じさせるような名前、昔から名付けとしてよく使われている漢字、戦国武将を連想させるような響きの名前や漢字は、男の子の名付けにはぴったり。

さらに聞きなれた響き読みやすい漢字は、相手に名前を覚えてもらいやすいというメリットもあります。

 

赤ちゃんの名前はもう決まりましたか?

古風な名前にも注目しながら、赤ちゃんにぴったりな名前を考えてあげましょう。

 

古風な男の子の名前を付けるポイントは?

古風な男の子の名前の基本は、日本男児らしい「かっこよさ」「たくましさ」などが感じられる名前です。

まずは、古風な名前を付けるポイントから見ていきましょう。

 

【ポイント①「と」で終わる名前】
近年、人気を集めているのは、ひらがなで3文字で最後に「と」が付く名前です。

2019年の男の子の名づけランキング(※1)を見てみても、上位10位には「みなと」「ひなと」「ひろと」「やまと」「ゆうと」と、5つもの名前がランクインしています。

 

「○○と」という名前は、何となくキリっとした男の子らしい響きがしますよね。

漢字で表してみても「斗」「人」「翔」など古風なイメージが強いので、日本男児らしい良さを感じられるでしょう。

 

 

【ポイント②昔ながらの馴染み深い名前】

昔から親しまれてきている「たろう」や「○○すけ」といった名前も、古風な男の子名前です。

 

力強い印象を与える「りんたろう」「そうたろう」「こうたろう」「りょうたろう」。

男の子らしい名前の「だいすけ」「こうすけ」「りょうすけ」「おうすけ」。

 

時代に流されることなく親しみやすい、男の子らしい響きの名前ですね。

 

 

【ポイント③歴史の偉人から連想する名前】

男の子の名前では、戦国武将や歴史の偉人から名前をあやかったり、一文字もらうという名づけの方法もあります。

 

例えば

「むさし」

「のぶなが」

「まさむね」

「やまと」

などがあります。

 

有名な戦国武将を連想させる名前なので、勇ましい・かっこいい印象を与えてくれますね。

 

※1「PR TIMES「2019年赤ちゃんの名前ランキング 」より

 

男の子の古風な1文字の名前

では具体的にどんな名前を付けたらいいのでしょうか。ここからは、男の子に付けたい古風な名前の具体例をご紹介します。

まずは、漢字1文字の名前からご紹介しましょう。

1文字で読めるものでは、以下のような名前が挙げられます。

 

 

・「匠」…たくみ

・「仁」…じん

・「昴」…すばる

・「律」…りつ

・「陽」「洋」…よう

・「元」「玄」「源」…げん

・「連」「煉」「憐」…れん

・「凛」「燐」「鈴」…りん

・「健」「憲」「剣」…けん

・「純」「淳」「潤」…じゅん

・「翔」「章」「将」…しょう

・「猛」「健」「尊」…たける

・「武」「剛」「猛」…たけし

・「誠」「真」「慎」…まこと

・「明」「昌」「彰」「昭」「章」…あきら

・「聡」「智」「慧」「賢」「敏」…さとし

 

いずれも、男の子の名づけで昔から親しまれている漢字や響きの名前です。

 

男の子の古風な2文字の名前

続いて、漢字2文字の男の子の古風な名前をご紹介します。

 

 

・「太郎」「太朗」「大郎」…たろう

・「琢磨」「拓真」「匠眞」…たくま

・「陽仁」「春斗」「春翔」…はると

・「正樹」「雅紀」「将暉」…まさき

・「健司」「健治」「賢二」…けんじ

・「和宏」「一博」「和浩」…かずひろ

・「孝之」「貴幸」「隆行」…たかゆき

・「颯一」「宗一」「聡一」…そういち

・「優生」「裕生」「勇誠」「悠成」…ゆうせい

・「竜馬」「龍馬」「涼真」…りょうま

・「翔太」「将太」「祥太」「昇汰」…しょうた

 

古風な名前は、2文字の漢字を使うことで誰でも読みやすい名前になり、親しみが持たれます。

 

日本人らしい古風な男の子の名前

他にも、日本で昔から親しまれている男の子の名前には、以下のようなものが挙げられます。

 

 

・「龍之介」「隆之介」「柳之助」…りゅうのすけ

・「小太郎」「虎太郎」…こたろう

・「隼人」「勇翔」「波也斗」…はやと

・「敦」「淳史」「篤志」…あつし

・「樹」「一輝」「逸希」…いつき

 

など。

ママやパパが子どものころに流行ったかもしれない「古風な名前」。おじいちゃんおばあちゃんにも評判がよさそうですね。

 

まとめ

古風な響きや漢字の名前をいくつか紹介しましたが、これらはほんの一例です。

キラキラネームがトレンドとなったのも少し前。今では今回ご紹介したような古風な名前が人気を博しているようです。

古風な名前には男の子らしい名前が多く、日本人らしい男らしさを感じさせる響きがあります。

 

世界に一つだけの個性的な名前も魅力的ですが、トレンドになりつつあるレトロネームにもぜひ注目して、わが子にぴったりの名前を考えてあげてくださいね。

 

この記事を書いたライター

斉藤亜依
斉藤亜依

4歳と2歳のやんちゃ娘を育児中の元保育士。現在は旦那の自営業を支えながらも、保育や子育ての経験を活かせる仕事がしたい!と強く思い、上の子の出産を期にライターの仕事をしています。 ワ―ママ×ワンオペ育児でキツイと感じることもありますが、同じように仕事や育児に奮闘するママに寄り添えるような記事をお届けしたいと思っています。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php