女の子の赤ちゃんの古風な名前は?



赤ちゃんの古風な名前が人気!

赤ちゃんには女の子らしくかわいい名前を付けてあげたいとお考えのママ。

候補はいろいろありますが、赤ちゃんが一生愛着を持って使っていく名前ですから、名付けには悩んでいることかと思います。

 

近年の名付けの傾向では、日本で昔から馴染みのある古風な名前がトレンドとなっているのはご存じでしたか?

古風といっても、おばあちゃんを連想させるような「しわしわネーム」と呼ばれるものではありません。

古き良き日本の風情を思わせるものや、和風モダンを連想させるような女の子らしい名前が多々あり、「レトロネーム」と呼ばれて親しまれているものです。

 

昔から多く使われてきた読みや漢字を使っている事で「覚えやすい」「読みやすい」というメリットもあります。

中には、古風な名前にも拘わらず、逆に今風に聞こえる華やかな響きの名前も。

 

世界に一つだけの特別な名前ももちろん素敵なのですが、もし、赤ちゃんの名づけに悩んでいるようでしたら、古風な名前も候補に入れてみるのはいかがでしょうか。

 

古風な女の子の名前を付けるポイントは?

古風な女の子の名前を付ける際のポイントから見ていきましょう。

 

【ポイント①草花にちなんだ名前】

春夏秋冬の「四季」は、日本ならではのもの。季節によって咲く花が異なり、花言葉や花そのものが持つイメージから、女性らしさや愛らしさを感じさせてくれるものです。

 

例えば

葵(あおい)、彩葉(あやは)、桜(さくら)、楓(かえで)

など、日本の草花の美しさを象徴してくれる、素敵な名前ですね。

 

 

【ポイント②昔から親しまれてきた名前】

女の子といえば「○○子」という名前が親しまれてきました。

可愛らしさや子どもらしさを感じさせてくれる名前で、女の子がどのように育ってほしいか願いを込めて名付ける時に使われる漢字です。

 

実は、この「○○子」という名前は、一時はあまり人気がなかったのですが、ここ数年でまた人気が急上昇。ひと昔前とはまた違ったレトロモダンな名前になり、親しまれています。

 

例えば

莉子(りこ)、美子(みこ)、桜子(さくらこ)、凛々子(りりこ)

など、古風な名前なのに今風に感じさせるような雰囲気をもつ名前が人気です。

 

 

【ポイント③和風な名前】

日本らしい「和」の名前は、漢字に「乃」や「葉」、「琴」、「菜」、「音」などが使われている名前のこと。

これらの漢字が使われていると、どこか日本の女性らしい奥ゆかしさやしなやかさを感じさせてくれます。

 

例えば

乙葉(おとは)、琴乃(ことの)、初音(はつね)、悠菜(ゆうな) 

など、名前の響きも優しい感じがする名前が多いです。

 

 

女の子の古風な1文字の名前

では具体的にどんな名前を付ければいいのでしょうか。

まずは、漢字1文字の古風な名前からご紹介します。

 

・みお…「澪」

・さき…「咲」

・はな…「華」

・こと…「琴」

・ゆず…「柚」

・もえ…「萌」

・もも…「桃」

・らん…「蘭」

・あん…「杏」

・ゆい…「唯」「結」

・れい…「零」「玲」

・のどか…「和」

・こずえ…「梢」

・みやび…「雅」

・さつき…「皐」

・つむぎ…「紬」

・かえで…「楓」

・あかね…「茜」

・あおい…「葵」「蒼」

 

1文字の名前でもかわいらしいですし、もう一文字足して別の名前にし、漢字に意味を込めて付けられる名前もあります。

いずれの名前も日本で昔から親しまれてきているかわいらしい名前です。

 

女の子の古風な2文字の名前

2文字の漢字を使った名前には、以下のような名前があります。

 

・ねね…「寧々」

・みき…「美紀」「未希」

・かな…「佳南」「加奈」

・ゆな…「柚菜」「優菜」「結菜」

・ゆき…「由紀」「有希」「佑季」

・みほ…「美穂」「未歩」「実穂」

・しの…「志野」「詩乃」「柴乃」

・しおん…「紫苑」

・ひより…「日和」

・みつき…「美月」

・おとは…「乙羽」「音葉」

・いちか…「一華」「一香」

・みずき…「瑞希」「瑞姫」

・ゆずき…「柚月」「柚希」

・ちひろ…「千尋」「千紘」

・あいり…「愛莉」「彩里」

・こはる…「小春」「心陽」

・かおり…「香織」「佳織」

・れいか…「怜香」「麗花」

 

女の子の名前は2文字にすると、響きにこだわりつつも漢字のもつ意味合いが強い名前になります。

 

日本人らしい古風な女の子の名前

他にも、日本で古くから親しまれてきている名前には、以下のようなものが挙げられます。

 

・あすか…「明日香」

・さくら…「桜」「咲良」

・しおり…「栞」「詩織」

・あかり…「朱莉」「亜佳梨」

・さおり…「沙織」「佐緒里」

・わかな…「若菜」「和佳奈」

・ももか…「桃香」「百華」「萌々香」

・ゆかり…「紫」「由香里」「友香梨」「優花里」

 

漢字の字数にこだわらず、響きや画数を尊重したい時に参考にしてみてください。

 

まとめ

古風な名前の一例を紹介しましたが、ママの知人にもいるかと思いますし、テレビで見かける著名人の中でも聞いたことがあるような名前が多くあります。

 

古風な名前には、女の子らしい響きやかわいらしい漢字を使った名前が多くあり、日本人らしさを連想させるような名前となっています。

女の子の優しさ、華やかさ、かわいらしさを思いながら、ぜひレトロネームにも注目しつつ、赤ちゃんの名前を考えてあげてくださいね。

この記事を書いたライター

斉藤亜依
斉藤亜依

4歳と2歳のやんちゃ娘を育児中の元保育士。現在は旦那の自営業を支えながらも、保育や子育ての経験を活かせる仕事がしたい!と強く思い、上の子の出産を期にライターの仕事をしています。 ワ―ママ×ワンオペ育児でキツイと感じることもありますが、同じように仕事や育児に奮闘するママに寄り添えるような記事をお届けしたいと思っています。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php