赤ちゃんの名前に名付けサイトが便利

赤ちゃんの名前に便利な名付けサイト

ママとパパから赤ちゃんへの最初のプレゼントが「名前」ですよね。
赤ちゃんが一生を通して使う名前なので、簡単には決めることができないでしょう。
色々な思いや意味を込めたいからこそ、悩んでしまう方が多いのではないでしょうか。

 

赤ちゃんの名前を付ける方法には様々な方法があります。

・両親の名前から一文字もらう
・生まれ月や季節にちなんだ名前にする
・姓名判断から名付ける
・音の響きや漢字の持つ意味から名付ける
・その年の人気のランキングを参考にする

などです。いずれにしても後悔しない名前に決めたいものですよね。 しかし、候補がありすぎて決められない・パパとママで意見が分かれて決められないということもあるでしょう。

 

そんなときにおすすめしたいのが「名付けサイト」。
最近では、インターネットで手軽に赤ちゃんの名付けができるんです。
「赤ちゃんの名前をそんな簡単につけるなんて!」と抵抗がある方もいるかもれません。

 

しかし、実は自分たちだけでは思いつかない素敵な名前が出ることもあるため、赤ちゃんの名前を考える際の参考になると評判なんですよ。

そこで今回は、おすすめの名付けサイトや上手な活用法についてご紹介します。

 

赤ちゃんの名前の名付け人気サイト

赤ちゃんの名前の名付けには、名付け専門のサイトを使う方が多いようです。 まずはその中から、人気の名付けサイトとおすすめポイントをご紹介いたします。

 

【人気サイト①赤ちゃん命名ガイド】
リンク先:赤ちゃん命名ガイド

<使い方>
・両親の名字と読み方
・子どもの性別(未定でもOK)
・パパの名前とママの名前 以上を入力し設定すると、相性の良い名前が表示されます。

 

<おすすめポイント>
名前の文字数指定、相性の良い組み合わせや姓名判断で重視する箇所を選ぶことができて、かなり細かく設定することができます。 人気の名前ランキングが随時更新されるので、こちらも合わせてチェックしたくなります。

 

【人気サイト②赤ちゃん名づけ.info】
リンク先:赤ちゃん名づけ.info

<使い方>
・名字だけを入力し送信する
・もしくは候補の名前が決まっている場合は、名字、名前、読み方、性別を入力して送信

 

<おすすめポイント>
名字にあった名前をざっくりと探したいときは「苗字」のみを入力して送信すると、組み合わせたときに総合運勢が高くなる順に表示されます。

 

また、候補の名前が決まっているときは詳しい姓名判断ができるので、どちらも一緒に利用すると参考になります。

 

【人気サイト③ハピネム】
リンク先:ハピネム

<使い方>
・命名ツールから選び方を選択する
・性別を選んで「選び方」に基づいた内容を入力する

 

<おすすめポイント>
一から名付けるサイトというわけではなく、ある程度、名前のイメージが決まっている方向けのサイトです。 イメージで選んだり、読みの長さ、読みの末尾から命名など、こだわりのある方に特におすすめの設定をすることができます。

 

名付けサイトを上手に活用するコツ

赤ちゃんの名前を迷った時に参考にしたいのが便利な「名付けサイト」。
無料で利用できる手軽さも人気の1つでしょう。 ここでは、名付けサイトを上手に活用するコツについてご紹介します。

 

【①サイトによって異なる結果が出ることを理解しておく】
どんな名前が良いのか気になると、色々なサイトで調べる方も少なくありません。 特に姓名判断などで名前を決める場合、サイトによって結果が異なることもあり、どれが正しい結果なのか悩むことも多いですよね。 同じ名前でも、このサイトでは大吉だったのに、他のサイトでは凶だった、なんてことも。
画数の数え方や計算方法、運勢の捉え方などはサイトによって違うためこのようなことが起こります。
そんな時は、あくまで参考程度にとどめて、後は自分の直感で選んだり、自分の好みのサイトを信頼したりするのが良いでしょう。
名付けサイトの結果ばかりに頼りすぎないことを、利用する前にしっかり理解しておくのが大切かもしれませんね。

 

【②候補を絞る際に利用する】
名付けサイトで検索すると、自分たちが考えていた名前とは全く違うイメージの名前がおすすめされることもあるでしょう。
そんなときは、検索結果がママやパパにとって気に入った名前であれば、候補を絞る際の参考にすれば良いだけですし、逆に「この名前はちょっと…」という場合は、候補から外せば良いだけのことです。
名付けサイトの検索結果ばかりに囚われないよう、気を付けたいですね。

 

【③画数を参考にする】
姓名判断ができるサイトの場合、相性の良い画数を自動で表示してくれているだけなので、候補となる名前が見つからなければ、好ましい画数を参考にするだけでも良いでしょう。
同じ画数の別の漢字名を考えて再度検索してみるなど、工夫するのも1つです。

 

まとめ

赤ちゃんの名前は一生モノなので、なかなか決められないことも多いですよね。
そんな時こそ今回ご紹介したような名付けサイトを上手に利用してみてください。
ただし、あくまで参考程度に名付けサイトをチェックし、サイト結果ばかりに左右されないよう気を付けてくださいね。

 

不思議なもので、あんなに悩んで決めたのに、1度その名前で呼んでみると愛着が湧き、わが子のイメージにぴったりに思えてくるものです。
是非皆さんも、とっておきの名前を赤ちゃんへプレゼントしてあげてくださいね。

この記事を書いたライター

おがわ みなみ
おがわ みなみ

関西在住で一児の母です。 子育てをしながら仕事も両立したいと思い、在宅ライターを始めました。 日々、子供と楽しく暮らせるよう工夫することが大好きです。 新米ママやプレママさんのお役に立てるような記事をお届けします。よろしくお願いします。

この記事もおすすめ

満月に出産が増えるって本当?

満月の日に出産が増えるって本当? 満月や新月の日は、病院が出産ラッシュになると...

産休前に仕事でしておくべき3つのこと

産休前には仕事のやり残しがないように 妊娠中、毎日体調や気持ちの変化に戸惑いな...

ベビー服を簡単に手作りする方法

【初心者編】ベビー服を手作りする方法

ベビー服を簡単に手作りするには? 妊娠中、体調が良く、ゆっくりと時間を過ごせる...

男性も育休取得をするメリットは

男性も育休を取得するメリットは?

男性の育休取得の現状 近年、核家族化が進み、ママだけで育児をする「ワンオペ育児...

新生児のプレゼントにママの手作りを

新生児のプレゼントを手作りしよう! 新生児へのプレゼントというと、出産祝いなど...

赤ちゃんの名前が決まらない時の対処法

赤ちゃんの名前が決まらない時の解決法

赤ちゃんの名前が決まらないのはなぜ? ママやパパから赤ちゃんへの最初のプレゼン...

名づけの注意点

名づけの注意点 赤ちゃんの名前をつけるときは、注意しなければならない点がいくつ...

新生児用布団を選ぶときのポイント

新生児用布団を選ぶときのポイント

新生児には新生児用布団を用意しよう 退院するとすぐに赤ちゃんのねんねスペースが...

立会い出産のメリット&デメリット

出産立会いをしてくれるパパ 初めての出産は不安がつきものですよね。そんなとき、...

これで安心!安産のお守りの扱い方

安産のお守りの扱い方は? 妊娠中に安産のお守りを購入する人も多いのではないでし...

ママと赤ちゃんにやさしいドリンク 

妊娠中のカフェイン摂取 今までは気軽にコーヒーや紅茶を楽しんでいたのに、妊娠し...

自宅を空ける準備

パパの家事の練習開始 里帰り出産で帰省するときは、少なくとも産前産後の1ヶ月以...

春生まれの赤ちゃんの名前におすすめの漢字

「春生まれ」の赤ちゃんの名前 お腹の赤ちゃんが大きくなってきたら、そろそろ考え...

出産の準備

出産の準備 出産に向けて、分娩時、入院時、産後に必要なものを準備します。初めて...

【ベビー用品】ベッドインベッドの選び方

【ベビー用品】ベッドインベッドの選び方

ベッドインベッドでベビーベッド代わり 赤ちゃんが生まれたら眠る場所を用意してあ...

厄年の出産は縁起が良い?悪い?

厄年の出産は縁起が良い?悪い?

厄年に出産するのは心配? 出産が厄年(やくどし)と重なって、心配したり悩んだり...

診療所・専門病院での出産とは

特徴 一般的に病院と呼ばれていますが、大きく分けて診療所と病院の2種類がありま...

母乳パッドは必要?

母乳パッドの役割は? 出産準備品の1つとして挙げられる「母乳パッド」。 母乳...

A型ベビーカーはB型とどう違う?

A型ベビーカーはB型とどう違う?

A型ベビーカーとは? 赤ちゃんとのお散歩やお出かけに重宝するベビーカーですが、...

女の子ママにおすすめの出産祝い

女の子ママへの出産祝い何を選ぶ? 女の子ママへの出産祝いを選ぶ時、何をポイント...

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php