赤ちゃんの名前占いについて

赤ちゃんの名前占い

赤ちゃんの名前を決める際に、多くのママやパパが気にするのが「画数」による名前占いの運勢だと思います。
わが子へ贈る初めてのプレゼントでもある名前。もちろん運勢のよい名前をつけてあげたいですよね。
そこで今回は、赤ちゃんの名前占いについてご紹介します。

 

赤ちゃんの名前占いの「姓名判断」

赤ちゃんの名前を占う上で、用いられるのが「姓名判断」。

では姓名判断とは、一体どのようにして占うものなのでしょうか。

 

 

【姓名判断とは】
赤ちゃんの名前を姓や名の画数で運勢を判断する占いを「姓名判断」といいます。
この姓名判断は、基本的には五格(ごかく)で占います。

五格には、「天格・人格・地格・外格・総格」の5種類があり、それぞれ異なる意味合いを持っています。
以下で、五格のそれぞれの意味合いをご紹介します。

 

<天格>
天格は、姓(苗字)の合計の画数です。
姓は生まれたときから決まっていて変えることができないため、その赤ちゃんの宿命的な運としてとらえられます。

 

<人格>
人格は、姓の一番下と名の一番上を足した画数。
人格は、姓名判断で最も重視される部分でもあり、才能や性格・家庭運・仕事運・結婚運などのその人の総合的な運勢をあらわします。

 

<地格>
地格は、名前の合計の画数です。
健康運・家庭運・友情運などその人の幼少期から青年期にあたる、人格形成期の運勢をあらわします。
この「人格形成期」は、人生の基礎となる時期でもあります。

 

<外格>
外格は、総格から人格を引いた画数です。
主に人間関係・信用度・健康運などを判断します。

 

<総格>
総格は、姓名すべての画数を足したものです。
姓名の運勢の基本となり、その人の一生の総合的な運勢を示します。

 

【姓名判断で吉または凶となる画数】
天格や地格で、吉または凶とされている画数は以下の通りです。

 

<吉とされている画数>
1・3・5・6・7・8・11・13・15・16・17・18・21・23・24・25・29・31・32・33・35・37・38・39・41・45・47・48・52・57・58・61・63・65・67・68・78・75・81

 

<凶とされている画数>
2・4・9・10・12・14・19・20・22・26・28・34・36・44・46・50・54・56・59・60・62・64・66・69・70・72・74・76・79・80

 

名前占いを信じる?信じない?

名前占いを信じるか信じないかは、人により様々です。
特に近年では、他の人とかぶりにくい名前や、名前に使用する漢字を重視するママやパパが増えているので、名前占いを信じないで名づけをすることも多いようです。

 

逆に、名前占いを信じる派の意見として、

 

・自分の名前の運勢が良かったので子どもにも良い運勢の名前をつけたい
・ママもしくはパパのどちらかが画数にこだわりがあった
・子どもが成長して、自分自身で占いをしたときに悪い結果だとかわいそうなので

 

というものが多く見られます。

 

名前占いでの名づけの注意点

名前占いの結果を重視して名づけをしようと考えている場合は、以下の点に注意しましょう。

 

【苗字が変わることがある】
姓名判断で最も重要視される「人格」は、苗字の最後の一文字と名前の最初の一文字の合計画数です。
しかし、特に女の子の場合は結婚を機に苗字が変わる可能性が高いです。
もちろん男の子でも、お嫁さんの姓になる可能性もゼロではありませんよね。

 

そこでできる限り、名前単体での「地格」の運勢を重視することをおすすめします。
名前は一生変わることがないからです。

 

【流派により占い結果が変わることがある】
姓名判断の本やサイトを見ていると、同じ名前でも占い結果が変わることがあります。
これは、姓名判断にも流派があることから生じることです。

しかし、基本の考え方は大きく変わることはないので「良い結果の方を信じるようにしよう」くらいの感覚で楽しむようにしましょう。

 

【姓名全体のバランスも考慮する】
占い結果ばかりに目が行ってしまい、意外と見落とし勝ちなのが姓名全体のバランスです。
文字として見たときにバランスが良いか、声に出したときに読みやすいかなどもしっかりと考えるようにしましょう。

 

例えば、苗字と名前、両方ともに複雑な漢字を多用すると、とてもごちゃごちゃとした印象になってしまいます。
また、声に出し時に苗字の最後と名前の最初のよみが同じだと、発音しにくいこともありますよね。

子どもが成長すればするほど、自己紹介や記名などで名前単体のみでなく苗字と名前がセットで使われるシーンは増えてくるので意識するようにするといいですよ。

 

【占いに固執しすぎない】
あまりにも占いに固執しすぎると、名前がなかなか決められなくなってしまいます。
赤ちゃんの名づけに時間がかかると、名づけ自体がストレスになってしまったり、重荷になってしまうことで夫婦喧嘩の原因になることも。

姓名判断に関しては、五格すべてが最良の名前というのはなかなか存在しません。
占い結果にこだわるのはほどほどにして、赤ちゃん自身がどう育って欲しいのかという願いを込めて、名前を考えられるといいと思います。

 

まとめ

赤ちゃんが一生付き合っていくことになる名前。
名前占いの結果は気になりますが、大切なのは占い結果よりもその子自身がどのような人生を歩んでいくかということ。
ママやパパの大切な想いがたくさん詰まった名前であれば、占い結果よりも更によい人生が歩めるのではないでしょうか。

この記事を書いたライター

小橋 まな
小橋 まな

2歳の娘を育児中のママライター。出産前は子供がとても苦手だったのに、今では娘を溺愛しすぎてたまに我に返ることもあるほどです。育児休暇後職場復帰の予定が、実父の体調不良をきっかけに退職し在宅ライターの道へ。心配性で神経質になってしまった0歳児育児の過去の自分を振り返り、ママたちが安心して育児ができるような記事をお届けしたいと思います。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php