総合病院での出産

特徴

総合病院とは、ベッド数が100床以上の主要な診療科が揃った大きな病院で、医師の人数も多く、医療設備も整っています。合併症や子宮の病歴がある場合、母子感染する病気がある場合、計画帝王切開の場合、妊娠経過中の異常などがある場合は、医師の管理下で出産する必要があります。

そんなリスクが高い出産や、何か不安があるプレママは、メリット・デメリットをよく考えて、総合病院での出産を考えてみましょう。

 

メリット

総合病院で出産するメリットをご紹介します。

 

【診療科が多いので便利】

総合病院なら、妊娠中に何か異常が見つかった時でも、産婦人科以外の科を診療してすぐに対応できますし、健診に訪れた時についでに他の科を受診することもできて便利です。

 

【分娩時の緊急処置が可能】

総合病院では、分娩時に緊急を要する手術などの処置が必要になっても、すぐに適切に対処できます。特に、高齢出産・前置胎盤・切迫早産・切迫流産などのリスクの高い出産をする場合は、いろいろな科がある総合病院で出産する方が、速やかに必要な科の診療や治療を受けられますし、医療設備が充実しているので安心です。

事前に何も問題がなくても、出産はどんなことが起きるか分からないものですから、少しでも不安要素があるママは、総合病院での出産を考えておくとよいでしょう。

 

デメリット

総合病院で出産するデメリットをご紹介します。

【担当医が変わる不安】
総合病院では、診察をしている医師が分娩を担当するかどうか分からず、異動などの病院の都合で突然担当医が変わったりすることがあります。

 

【待ち時間が長く診察の時間は短め】

診療科が複数ある総合病院では、個人の産院などと比べると通院する患者さんが多いため、予約が取りにくかったり、予約しても待たされたりすることが多々あります。待つ時間が長いこともあり、短めの診療時間がさらに短く感じてしまうかもしれません。

 

【特別感のない画一的な対応】

プレママや家族にとって、とても貴重な出産の瞬間ですが、総合病院は画一的なケアになりがちで、特別感は期待できないかもしれません。また、病院によっては、全く立ち会いができなかったり、立ち会えるのはパパだけで子どもたちはだめだったり、融通が利かない可能性も高いです。

また、総合病院の入院中の食事も、個人病院などと比べるとボリュームやメニュー内容などに特別感はなく、違いに物足りなさを感じることもあるようです。

 

【制限が多い】

総合病院では、4~6人の大部屋になることもあります。

そうなると、家族や友人などとゆっくり面会して過ごしたい、体調に合わせて自由に休みたいと思っても思うようにいかず、周りのママに気を遣ってストレスを感じることがあるかもれません。

 

この記事を書いたライター

赤ちゃん成長ナビ
赤ちゃん成長ナビ

この記事もおすすめ

ベビーソファのメリットデメリット

ベビーソファのメリットとデメリット

ベビーソファとは?いつから使う? ベビーソファとは、足を入れて座れるようになっ...

ママと赤ちゃんにやさしいドリンク 

妊娠中のカフェイン摂取 今までは気軽にコーヒーや紅茶を楽しんでいたのに、妊娠し...

大学病院での出産

特徴 大学病院とは、総合大学の医学部や歯学部、あるいは医科歯科大学の付属施設で...

頑張ったママに贈るおすすめの出産祝い

頑張ったママに贈るおすすめの出産祝い

ママに贈る出産祝いはどんなものがいい? 出産祝いというと、赤ちゃんの洋服やおも...

夏生まれの赤ちゃんの名前におすすめの漢字

「夏生まれ」の赤ちゃんの名前 パパやママの思いが詰まった赤ちゃんの名づけ。 出...

赤ちゃんの椅子はどの部屋でどう使う?

赤ちゃんの椅子はどの部屋でどう使う?

赤ちゃんの椅子は何歳から部屋で使う? 赤ちゃんは頭が重くバランスを崩しやすいの...

画数にこだわる名づけ

画数にこだわる名づけと姓名判断 画数にこだわって名づけをする方法は、主に2通り...

おしゃれな赤ちゃんの名前~男の子編~

男の子の赤ちゃんの名前の傾向 男の子への名前のつけ方に悩んでいる方はいませんか...

赤ちゃんの粉ミルク人気5選

赤ちゃんの粉ミルク人気5選

赤ちゃんの粉ミルクの種類 赤ちゃん用の粉ミルクにはさまざまな種類があるため、ど...

プレママへ贈るおすすめプレゼント5選

プレママへ贈るおすすめプレゼント5選

プレママにお祝いを贈りたい! もうすぐ赤ちゃんが生まれるプレママへ、どんなプレ...

おしゃれな赤ちゃんの名前~女の子編~

女の子の赤ちゃんの名前の傾向 女の子の赤ちゃんには、かわいらしく誰からも愛され...

出産内祝いにおすすめのアイテムは?

出産内祝いにおすすめのアイテムは?

出産内祝いの金額や時期は? 出産内祝いとは、赤ちゃんの誕生のお祝いをいただいた...

厄年の出産は縁起が良い?悪い?

厄年の出産は縁起が良い?悪い?

厄年に出産するのは心配? 出産が厄年(やくどし)と重なって、心配したり悩んだり...

2人目出産時の上の子の預け先は?

2人目出産時の上の子の預け先は?

出産時の上の子の預け先はどうしよう? おめでたい2人目の出産。しかし、最も気が...

赤ちゃんベッドを部屋に置く必要性は?

赤ちゃんベッドを部屋に置く必要性は?

赤ちゃんを迎える部屋にベッドを準備! 「赤ちゃんが家にやってくる!」 これか...

理想の分娩はバースプランで叶えよう

理想の分娩はバースプランで叶えよう

バースプランとは? 出産は人生においてそう何度も経験できることではないですよね...

お産が死産だったら…赤ちゃんの供養は

お産が死産だったら…赤ちゃんの供養は

死産の赤ちゃんの供養について お腹の中にやってきてくれた赤ちゃんですが、残念な...

地域で違う?乳幼児医療助成制度

地域で違う?乳幼児の医療助成制度

乳幼児の医療助成制度とは? 季節の変わり目や感染症が流行する時期には、子どもの...

赤ちゃんの名前付け!画数の流派とは?

赤ちゃんの名前の画数は気する? 赤ちゃんの名前を考える時、画数を気にしますか?...

男性も育休取得をするメリットは

男性も育休を取得するメリットは?

男性の育休取得の現状 近年、核家族化が進み、ママだけで育児をする「ワンオペ育児...

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php