高齢出産のメリット

メリット①生活面への影響

高齢で妊娠・出産したら、リスクが生じやすいといわれています。確かに、出産の年齢が40歳以上の高齢出産だと、母子ともにリスクが高まる傾向があるのは事実です。しかし、妊娠・出産はもともと個人差が大きく、年齢に関係なく様々なトラブルを生みやすいものです。

もちろん、若い時に出産した方がリスクが少なくメリットも大きいですが、逆に高齢出産には高齢なりのメリットもあります。

 

【経済的な余裕がある】
計画的に高齢出産を望んでいる女性には、仕事でキャリアを積んで、経済的に余裕がある女性も多くいるようです。そんなママは、経済的な不安が少なく、生活水準の高い環境で赤ちゃんを産み育てることができます。

 

【精神的な余裕がある】
年齢に関係なく出産するときは、子育てや出産の様々な不安や心配を抱えるでしょう。しかし高齢で出産するママは、人生経験が豊富です。突然のトラブルにも慌てず落ち着いて対処でき、楽しく赤ちゃんと接することができます。

ママの性格もそれぞれ違うので一貫して言えませんが、ママの心が安らかなのは、赤ちゃんにとって大きなメリットですね。

 

【情報取集が上手くできる】
周りにたくさんの出産・子育て経験者がいて、これだけインターネットも普及していると、たくさんの情報が押し寄せてきます。その中で、本当に役に立つ、大切な情報を見極める必要があります。

人生経験が豊富で仕事でキャリアを積んでいるママなら、情報に振り回されることなく、上手に取り入れることができるでしょう。大人の女性だからできることですね。

 

【ママの知識量が多く、万全な準備で臨める】
高齢出産はリスクばかりに目が行きがちになり、大きな不安を抱えてしまうママもいるでしょう。
しかし、逆に考えればリスクが高いということを常に頭に置いているので、とても慎重になり、色々なことに気を配るようになります。同時に高齢出産のリスクをよく知ることは、それを避ける知恵を収集したり、高齢出産に臨む準備ができるということにもなります。

 

また、高齢出産をするときは、出産だけでなく、その後の子育てに体力を非常に消耗することがわかっているので、自分自身の体のことも思いやるようになるのです。

ですから、多種多様な情報を集めて、生活を改善したり、健康に気を遣ったり、自分の生活習慣や食生活を見直して、立て直す人が多くなります。妊娠前より健康になったと、自信が持てるママもいるほどです。

 

このように、妊娠・出産を機に、健康的な生活をするようになる高齢出産のママがたくさんいるので、高齢出産経験者に長寿が多いということも頷けますね。

 

メリット②母子の健康や頭脳への影響

・子宮がんのリスクが減る(アメリカ予防医学研究チーム)

30歳~49歳で出産すると17%子宮がんのリスクが減少し、その中で35歳~39歳で出産した場合は32%の減少、40歳以上だと44%も減少するという研究結果があります。

 

・高齢出産者は長寿(ボストン大学医学部研究)

100歳まで生きた人たちの長寿の秘密を、解き明かす研究プロジェクトがアメリカで行われ、100歳まで生きた女性は、40歳以上で出産の経験をしている人が多いという結果が出ています。

アメリカの長寿研究者いわく、子どもを育てようという強い意識が生きる力になることと、妊娠によるホルモン分泌の影響があるのではないか、というのがその理由です。

 

・高齢出産で生まれた子どものIQが高い(英ロンドン大学研究)

その理由は、生活水準の高さや生活環境のよさもありますが、高齢出産のママは人生経験が豊かなので、衝動的な行動が少なく赤ちゃんと穏やかに生活できるからなのです。イライラしない愛情豊かなママと一緒にいる赤ちゃんが感じる、精神的穏やかさや子育て方法が関係しているのかもしれません。

この記事を書いたライター

赤ちゃん成長ナビ
赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php