高齢出産のリスク

ママのリスク

出産にトラブルが生じるのは、特に珍しいことではありません。出産には常にリスクが付きまといます。 とは言っても、高齢出産は、そのトラブルの確率が高くなります。

高齢出産を考えているママすべてに、当てはまることではありませんが、これらのリスクは知っておくべきでしょう。そのうえで、精神的にも肉体的にも、できる限り万全を期して高齢出産に臨んでください。

 

【妊娠高血圧症(昔の妊娠中毒症)】
妊娠時に発症した高血圧症のことで、6人に1人の割合でなります。
血圧検査や尿検査で早期発見することで、対策が可能です。 ママが、けいれん発作(子癇)を起こしたり、脳出血を起こしたりする危険もある上、赤ちゃんが発育不全になる可能性もあるので、きちんと対処しましょう。高齢出産で高血圧・腎臓病・糖尿病など持病があれば、特に要注意です。

 

【流産】
妊娠22週未満で妊娠が終わってしまう流産は、自然流産率が10~15%に対して、35歳では約25%、40歳では約40%になり、42歳以上では約50%にもなります。

35歳以上のママは妊娠22週未満の切迫流産の危険は減りますが、流産の確率は年齢とともに高くなります。

 

【胎盤異常(前置胎盤・胎盤早期剥離など)】
34歳以上で前置胎盤の発生頻度が上昇し、加齢とともに増加傾向にあります。また、胎盤早期剥離の原因は、加齢とともに生じる血管内皮障害の影響です。

 

【早産】

50代の高齢出産では、妊娠22週以降から妊娠37週未満 の早産の割合が20%以上になります。

 

赤ちゃんのリスク

【染色体異常による先天性障害(ダウン症など)】
染色体異常による先天性障害の確率は、36歳で約0.64%(156人に1人)、40歳で1.5%(66人に1人)、42歳で2.38%(42人に1人)です。36歳では、30歳の2.5倍近い確率になります。

 

高齢出産でダウン症を恐れるママもいると思いますが、リスクの高さは不妊・流産の順になり、ダウン症などの先天性障害は、流産よりぐっと低いのです。

出典:厚生労働省 第1回 不妊に悩む方への特定治療支援事業等のあり方に関する検討会

齊藤委員提出資料 生殖補助医療の現状からみた特定不妊治療助成のあり方(PDF:637KB)

 

【不育症】

原因はいろいろありますが、半数が染色体異常で、妊娠しても赤ちゃんが子宮内で育たずに流産してしまうのが、不育症です。これは不妊症と合併して発症していることが、少なくありません。

3回以上繰り返す「習慣流産」や2回繰り返す「反復流産」、「死産」や「新生児死亡」を繰り返すのも、この不育症になります。流産を繰り返すことになる不育症は、ママの体と心に深い傷を残します。流産を繰り返す場合は、早めに病院で不育症の検査を受け、原因に合わせた治療をしてください。

 

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php