ベビーチェアの基本情報と選び方

ベビーチェアは成長過程で必要なもの

可愛い我が子がご飯をしっかり食べるようになると、一緒に食事をするという喜びが1つ増えます。そんな時に必要になってくるのがベビーチェアです。

「大人が使っている椅子で十分」「ひざに乗せて食べさせれば良い」などという理由から、ベビーチェアは別に必要ないと思うママもいますが、実はベビーチェアは、赤ちゃんの成長にとって欠かせないものなのです。

 

【ベビーチェアが必要な理由】

赤ちゃんにとって、ベビーチェアが必要な理由とは以下の通りです。

 

1、動くようになると抱っこではご飯をあげにくいため

2、椅子に座って食べるという習慣づくりのため

3、食事は座ってするというしつけのため

4、姿勢を良くして噛む力をつけるため

 

大人の椅子で代用したり、ひざに乗せる食べさせ方は、ダラダラ食べの原因になってしまいますし、座った時にテーブルの高さと合わず、子供に無理をさせてしまう事にもなります。

 

ベビーチェアを使用して、しっかりと椅子に座り、正しい姿勢で食事をするということは、赤ちゃんの噛む力を育み、歯やあごの成長を促します。幼いころから、食事のマナーを身に付けさせることはとても大切なことですから、離乳食がスタートしたらベビーチェアの購入を検討してみてください。

 

ベビーチェアの選び方ポイント

ベビーチェアを選ぶ際は、以下の3つのポイントを考慮するようにしましょう。

 

【①安全性】

最も重視したいのが、安全性です。赤ちゃんがケガをすることのないように、安定感のあるしっかりとした作りの椅子を選んでください。また、組み立て式のものは、使用しているうちにネジがゆるんでくることもあるので、定期的にメンテナンスをするように心がけましょう。

 

【②価格】

価格は、平均して1万円前後のものが主流となりますが、木製のものは数万円に及ぶこともあります。ベビーチェアそのものは、長期的に使用するものではないので、無理のない価格帯のものを選ぶようにしましょう。

 

【③生活スタイル】

どのような環境で食事をするかによって、選ぶベビーチェアも変わってきます。

例えば、ダイニングテーブルで食べる家庭であれば「ハイチェア」、こたつテーブルやちゃぶ台などのローテーブルで食べる家庭であれば「ローチェア」を選びましょう。お部屋が狭く、収納や移動を優先させる場合は、ベビーチェアと簡易テーブルが一体型になっている「テーブルチェア」もおすすめです。

 

最近では、2WAY、3WAYタイプのベビーチェアがあり、赤ちゃんの成長に合わせて座面の高さを変えられたり、付属のテーブルを取り外しできたりするものもあります。成長と共に、ママやパパと同じ目線で、同じテーブルで食事をしたいと思うようになりますので、このようにスタイルを変えて使えるベビーチェアは便利です。 使用するときは、くれぐれも赤ちゃんから目を離さないように注意しましょう。

 

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php