出産祝いの基本情報

出産祝いをするのにふさわしいタイミング

少し前までは、赤ちゃんが生まれた7日目のお祝い「お七夜」に出産祝いを持参するのがマナーとされていたので、早く渡すのが良いと思われがちですが、現在では退院してから産後1ヶ月を目安に渡すのがよいとされています。これは、赤ちゃんが無事に生まれたのを確かめてから渡すのがマナーとされているからです。

 

また、産後のママは、体調が万全ではないため、出産後10日間くらいまで安静にした方が良いとされています。もし直接出産祝いを渡しに行くときは出産直後は避け、10日後~1ヶ月を目途に訪問しましょう。

 

場合によっては、出産したことを知らなかったり、忙しくてお祝いを贈るのが遅くなることもあります。そのときは「遅くなってしまったけれどお祝いしたい」など正直に出産を祝いたい気持ちを伝えれば問題ありません。

出産から1年以上経ってお祝いを贈る場合は、出産祝いよりは「誕生祝い」というように言葉を変えると良いでしょう。

 

出産祝いにかける金額はどれくらい?

お祝いする気持ちを金額に表すって難しいですよね。あまり高額だと相手に気を遣わせてしまうかもしれません。この場合は、相手との関係性でだいたいの金額を決めると良いです。

・親せき

親せきの場合には、1万円~3万円程度の品物をプレゼントする人が多いようです。

 

・親しい友人

相手が親しい友人の場合には、5千円~8千円の程度のものをプレゼントする人が多いようです。仲の良いグループがいるならば、みんなで何か記念になる少し高価な品物をプレゼントすることもできるのでオススメです。

 

・近所の人

近所の方に渡す時には、付き合いの深さによって3千円~5千円程度の人が多い傾向にあります。

 

・職場

同僚やあまり親しくない職場の人にプレゼントする場合は、何人かでプレゼントするのがおすすめです。3千円~5千円程度のものを渡す人が多いようです。

 

上司へのプレゼントは、趣味などが分からない場合もあるのでカタログから選んでもらうのが無難でしょう。

また、現金をプレゼントにする場合は渡し方にも気をつけましょう。 お祝いごとなので必ず新札を贈るのがならわしです。

 

水引きは紅白の蝶結びにし、のしの表書きの上段には「御出産御祝」や「御祝」と書き、下段には氏名をフルネームで書きましょう。蝶結びの結び方は、何度も結び直せることから、何度あっても良いお祝い事の場合に使います。職場などで連盟で贈る場合には、下段に「〇〇部一同」などと記入しましょう。

 

のし袋では堅苦しい場合、市販で可愛らしい封筒タイプの袋がありますので活用すると良いです。

 

出産祝いにふさわしい品物

出産祝いに物を贈る場合にも、相手との関係性を考慮しましょう。 兄弟などに送る場合は実用的なものが喜ばれます。

 

また、プレゼントの個数にも気をつけましょう。贈り物に縁起の悪い数字は適しません。縁起の悪い数字とは「4、6、9」です。「死」「ろくでなし」「苦」などに通じます。贈り物をする場合は、3個、5個、7個など割り切れない奇数が良いでしょう。

 

喜ばれる品物としては、以下の様なものが適しています。

・ベビーカーや抱っこひも

・すぐ着られるサイズの服

・紙おむつやミルクなどの消耗品

・ママへのプレゼント

・育児の便利グッズ

 

消耗品はいくらあっても困らないので、迷ったらおむつやガーゼタオルなどを選ぶと良いです。せっかくの出産祝いですから、相手に喜ばれる物を選んであげましょう。

 

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php