頑張ったママに贈るおすすめの出産祝い

頑張ったママに贈るおすすめの出産祝い

ママに贈る出産祝いはどんなものがいい?

出産祝いというと、赤ちゃんの洋服やおもちゃ、おむつケーキやお祝い金などが思い浮かびますよね。
しかし、なかには出産を頑張った友人へ、ママのためのお祝いを贈りたいと考える人もたくさんいるでしょう。では具体的に、ママへ贈る出産祝いは、どんなものが喜ばれるのでしょうか?

 

出産を頑張ったママに出産祝いを贈る場合は、頑張ったご褒美と感じられるようなスキンケア用品やママのリラックスグッズ、妊娠中にはなかなか食べられなかったものなどをあげると喜ばれるようです。
そこで今回は、ママへ贈る出産祝いのおすすめをご紹介します。

 

頑張ったママにおすすめのプチギフト

頑張ったママへのねぎらいの気持ちを込めてプレゼントを贈る場合、赤ちゃんのお祝いとは別にママ用のプチギフトをプレゼントするという方法もあります。

 

プチギフトであれば相手も気兼ねなく受け取れ、ねぎらってくれたことを喜んでくれること間違いなしです。
そこで予算1.000〜1.500円くらいで選べるプチギフトのおすすめをご紹介します。

 

【入浴剤】
出産という大仕事を終え、身も心も疲れ切っているママに、ゆったりとしたバスタイムを過ごしてもらえるような入浴剤を選んでプレゼントしてみるのも良いでしょう。
香りが良いものや疲れがとれる発砲タイプのもの、普段はあまり手のとどかない高級な入浴剤などをプレゼントすると喜ばれます。
いろいろな香りがセットになっているものであれば、使う側も楽しめそうです。

 

【スキンケアグッズ】
出産を終えるとお肌がボロボロになってしまうママも多いことから、小さくても贅沢なスキンケアグッズは喜ばれます。
化粧水や乳液がセットになったものや美容液などもおすすめです。

 

【シャンプー・石鹸】
普段は自分ではなかなか買えない、高級ブランドのシャンプーや石鹸などもおすすめです。
香りが良く、髪やお肌にも良いものであれば、身も心もリラックスできますよ。産後のストレス発散にも一役かってくれるかもしれません。

 

【マッサージグッズ】
出産で体を酷使したうえで、これから育児で更に体力を使うことになりますので、体をいたわるマッサージグッズをプレゼントするのもおすすめです。
肩こりをほぐすものやツボ押し、頭皮をマッサージするグッズなども人気です。

 

【ガーゼハンカチ】
あまり化粧品などに興味がなさそうな相手だったり、逆にこだわりが強すぎて何をあげていいからわからないという場合は、おしゃれなガーゼ素材のハンカチがおすすめです。
ガーゼハンカチならママも赤ちゃんも使えるのでとても便利。
赤ちゃん向けの絵柄よりも、ママが長く使えるおしゃれな絵柄を選んであげると喜ばれるでしょう。

 

出産祝いにおすすめの食べ物

出産を終えることでお腹の赤ちゃんを気にせず、食べたいものが食べれるようになります。
これからは体型を戻すことに力を入れなくてはなりませんが、「お疲れ様!」の意味を込めておいしいものをプレゼントするのもおすすめです。

 

【スープギフト】
退院して赤ちゃんとの生活がスタートすると、家事や育児で忙しくなり、自分の食べるものに気を遣う時間が無くなってしまうママがたくさんいます。
そんなママも手軽に体に優しいものが摂れるよう、スープギフトが人気です。
お湯を注ぐだけなど手軽に作れるものであれば、忙しいママも大助かりですね。

 

【スイーツギフト】
妊娠中の体重を気にして、スイーツを食べたくても我慢していたママもたくさんいるでしょう。
産後のご褒美タイムに、ちょっと贅沢なおいしいスイーツをプレゼントするのもおすすめです。
スイーツとノンカフェインのコーヒーや、リラックスできるハーブティーとのセットなども人気がありますよ。

 

【調味料やだしのギフト】
出産を機に家族の健康を気にする人はたくさんいます。
そんな時に自然素材で作られた無添加の調味料や「だし」のギフトはとても喜ばれます。

 

だしは、赤ちゃんの離乳食にも使用することができますが、もし離乳食用にプレゼントする場合は、添加物や塩分に配慮してあげると良いでしょう。

 

ママ用出産祝いならハンドクリームも◎

出産を機に赤ちゃんにバイ菌がつかないよう、手洗いやアルコール消毒の頻度が高くなるママが多いです。
特に冬場に出産をしたママの場合は、手荒れに悩んでしまう人もいます。

 

そんなママのために「ハンドクリーム」をプレゼントするのもおすすめです。
普段自分で選ばないような高級なハンドクリームもいいですが、ハンドクリームをつけてから赤ちゃんのお世話をする場面も多いので、添加物の少ない、赤ちゃんの肌にもママの肌にも優しいハンドクリームを選ぶと良いでしょう。

 

まとめ

出産祝いというとベビーグッズを想像する人も多いですが、頑張ったママ友を労いたい!と考える人もたくさんいます。
1番は「おめでとう」という気持ちと「お疲れ様」という気持ちを伝えることなので、心のこもった出産祝いを選んであげましょう。
メッセージカードなどを添えると、より気持ちが伝わりますよ!

この記事を書いたライター

きくちまい
きくちまい

2歳と6歳の子どもを育てているライター歴3年の在宅ママライターです。 幅広いジャンルで執筆中。日本中のママへ、わかりやすくて「なるほど!」な情報をお届けします!

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php