乳幼児のチャイルドシートは義務

乳幼児のチャイルドシートは何歳から?

チャイルドシート(幼児用補助装置)は、車に赤ちゃんを乗せるときに使うものですが、何歳から必要なのでしょうか。

必要な年齢は法律で使用義務として定められていますが、新生児からチャイルドシートは必要です。

 

赤ちゃんが病院からおうちに車で帰るなら、車にはチャイルドシートを装着しておかなければなりません。

パパは、ママと赤ちゃんが退院するときに車でお迎えに行こうと思っているなら、まずチャイルドシートを準備しましょう。

 

それでは、チャイルドシートは何歳まで使用しなければならないのでしょうか。

2000年4月1日から施行された道路交通法第71条3の3項では、「自動車の運転者は、チャイルドシートを使用しない6歳未満の幼児を乗せて、運転してはならない」と定められています。

法律では生まれたばかりの赤ちゃんから6歳未満の幼児まで、車に乗るときにはチャイルドシートが必要だということになりますね。

 

チャイルドシートを使わない危険性

チャイルドシートを使わずに交通事故に遭った場合、適正に使用していた事故より致死率が16倍高くなると言われています。しかし、平成30年に警察庁とJAFが調べた結果、チャイルドシートの使用状況は66.2%でした。

 

チャイルドシートを使用しないのはもちろん法律違反ですが、わが子の安全のためにも、必ずチャイルドシートを車に取り付けてから子どもを乗せるようにしましょう。

 

せっかくチャイルドシートを車に装着していても、正しくチャイルドシートを取り付けていなかったり、子どもの座らせ方が悪かったりすると、万が一のときにその効果を発揮することができません。

乳幼児用にチャイルドシートを車に装着するときは、チャイルドシートの乗せ方に注意することが大切です。

 

(データ参照元:警察庁HP)

 

乳幼児のチャイルドシートの乗せ方

チャイルドシートを使用するときは、車への取り付けと子どもの乗せ方を適切にしなければなりません。そして何より、座る乳幼児の体格に合ったものを選ぶことが大事です。

 

【チャイルドシートは3種類】
一般的に「チャイルドシート」とひとくくりで呼んでいますが、チャイルドシートは、ベビーシートチャイルドシートジュニアシートの3種類があります。

 

・ベビーシート

新生児~生後10ヶ月くらいまでの赤ちゃん用シートです。
身長70cm以下で体重10kg未満の体格まで使用できます。後ろ向きに車に装着するシートです。

 

 

・チャイルドシート

1~4歳くらいまで使える乳幼児用シートです。
身長100cm以下で体重18kg未満の体格で使用します。車に装着する向きは、前や後、前後切り替えなどバリエーションが豊富です。

 

 

・ジュニアシート

4歳~10歳が対象で、身長は135cm体重15kgまで使用可能です。
車についている3点式のシートベルトを使えるようにするため、小さな子どもの体格でも合うように座席の高さを上げるために使います。

 

 

【チャイルドシートを選ぶときの注意点】
乳幼児のチャイルドシート(ベビーシート)を選ぶ場合は、進行方向に対して後ろ向きに車に装着できるタイプを購入しましょう。

 

もしも事故に遭った時、赤ちゃんは背中の広い面で衝撃を受け止めることになるので、前向きに座るより安全性が高くなるからです。

日本では前向きタイプもありますが、安全性に厳しいオーストラリア・フランス・イタリア・デンマークなどでは、後ろ向きタイプを推奨しています。

 

チャイルドシートが免除される場合

道路交通法第71条3の3項では、「ただし、疾病のため幼児用補助装置を使用させることが療養上適当でない幼児を乗車させるとき、その他政令で定めるやむを得ない理由があるときは、この限りでない」とあり、6歳未満でもチャイルドシートが免除されることがあります。(※幼児用補助装置とは、チャイルドシートのことです)

 

チャイルドシートが免除される場合の一例は以下のとおりです。

 

例)バスやタクシーに乗るとき
例)チャイルドシートを固定できない車に乗るとき
例)乳幼児の人数分のチャイルドシートを車に固定できない
例)障害やケガ、病気などで幼児がチャイルドシートを使用できない

 

 

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php