チャイルドシートの抜け出し防止策

チャイルドシートからの抜け出し防止は?

赤ちゃんと車でおでかけをするときに困ることといえば、チャイルドシートから赤ちゃんが抜け出してしまうことではないでしょうか?

 

一般的には1歳前後の赤ちゃんからよく見られることで、成長するにつれてどんどん手先も器用になり、体を自由に動かすことができるようになるので、放っておくと大変危険です。

 

万が一、ママの運転中に赤ちゃんがチャイルドシートから抜け出してしまい、シートから落下したり、事故に遭ったりしてしまったら…と考えると恐ろしいですよね。

 

今回は、赤ちゃんがチャイルドシートを抜け出さないように、ママたちができる対策についてご紹介します。

 

抜け出し防止策①肩ベルトを調整する

赤ちゃんが抜け出す原因として、肩ベルトの調整が不十分なことが挙げられます。

ぴったりと締めると赤ちゃんが窮屈で嫌がりますが、逆に緩すぎると自分で腕を抜いてしまうことがあります。

かわいそうだからと、ベルトを緩くすることは、かえって赤ちゃんを危険に晒してしまうことにもなるので、チャイルドシートを着用する際は、赤ちゃんの体に合わせて、ぴったりと装着してあげることが大切です。

 

抜け出し防止策②タオルを挟む

赤ちゃんがチャイルドシートを抜け出せてしまうのは、ベルトに隙間があるからです。

しっかりベルトを調整しても、赤ちゃんの体の大きさによっては隙間が生まれてしまいます。

 

ベルトで調整しきれない隙間は、タオルを使うと埋められます。

タオルを背中の部分に置いてから赤ちゃんを乗せてあげることで、隙間ができないように微調整することができるので、赤ちゃんがチャイルドシートを抜け出てしまう場合は、ぜひやってみてください。

 

抜け出し防止策③専用グッズを使う

数ある赤ちゃん用のグッズの中には、チャイルドシートの抜け出し防止グッズがあります。

肩ベルトを束ねて赤ちゃんの胸部分でベルトを装着するタイプや、赤ちゃんのわきの下に布を当てて腕が通れないようにするタイプなどがありますので、活用すると良いでしょう。

 

抜け出し防止策④おもちゃを用意する

赤ちゃんがチャイルドシートから抜け出そうとするのは、ただ乗っているのか退屈なことも原因の1つです。

そのため、退屈しないようなおもちゃなどを用意しても良いかもしれません。

 

普段から遊んでいるおもちゃを車に持ち込んでも良いですし、赤ちゃんが運転している気分になれる車のハンドル型のおもちゃもおすすめです。

また、車の中で動画やアニメが見られるように、後部座席にモニターを設置するのもおすすめですよ。

 

抜け出し防止策⑤お昼寝の時間に外出する

赤ちゃんが抜け出さないようにするために、移動時間を調整するのも良い方法です。

もし、車に乗る時間を調整できるなら、赤ちゃんがちょうどお昼寝の時間になる頃に車に乗せてあげると、ぐっすり寝てくれるかもしれません。

赤ちゃんが眠ってしまえば抜け出したりしないので、ママやパパも安心して運転できますよね。

 

抜け出し防止策⑥ベビーミラーの設置

赤ちゃんがチャイルドシートから抜け出したがる理由には、ママやパパの顔が見えずに不安なってしまっているというときもあります。

 

しかし、ママやパパが運転中に頻繁に赤ちゃんの顔を見るのは難しいですよね。

運転中でも赤ちゃんにママやパパの顔が見えるようにしてくれるベビーミラーを設置するのも良いでしょう。

運転中の赤ちゃんの様子をママも見られるので、赤ちゃんもママもお互いに安心できますね。

 

チャイルドシートからの抜け出しの注意点

色々と試してみても、どうしても赤ちゃんがチャイルドシートから抜け出してしまうというときは、大変ですが、こまめに安全な場所に停車して装着し直してあげましょう。

 

チャイルドシートから抜け出してもいいんだと赤ちゃんが思ってしまうと、この先も素直にチャイルドシートに乗ってくれなくなってしまいます。

 

可能であれば、ママとパパと3人でお出かけするときのみ、車を利用し、ママと赤ちゃんの2人のときは、公共の交通機関を利用することも検討すると良いでしょう。

 

どうしても赤ちゃんがチャイルドシートから抜け出してしまうと、そのことに気を取られてしまい、運転に集中することができなくなってしまいますよね。

また、頻繁に停車してチャイルドシートを装着し直すことも、時間に余裕がなくなり、危険な運転になってしまう原因にもなります。

 

成長と共に、ママやパパが言っていることが理解できるようになるので、それまでは車での移動を極力控えるなどの工夫も必要かもしれませんね。

 

まとめ

赤ちゃんのチャイルドシート装着は、法律で義務付けられています。

たとえ、どんなに嫌がってチャイルドシートから抜け出そうとも、赤ちゃんの命を守るためには必要なことです。

肩ベルトを赤ちゃんの体にぴったりと合わせたり、ほかに気を逸らすおもちゃやベビーミラーを活用したりして、赤ちゃんがチャイルドシートから抜け出してしまわないよう工夫しましょう。

 

赤ちゃんのチャイルドシートの抜け出し防止対策を行って、安全で安心のドライブにしてくださいね。

この記事を書いたライター

森山 あやね
森山 あやね

2歳の子を持つママライター。フルタイムワーママを経験して、ライターになりました。 趣味は読書、ゲームとインドア派。家族みんなが楽しく過ごせる生活を、日々模索しています。

この記事もおすすめ

int(881)

乳幼児のチャイルドシートは義務

乳幼児のチャイルドシートは何歳から? チャイルドシート(幼児用補助装置)は、車...

中古のチャイルドシートのメリットは?

中古のチャイルドシートとは? 赤ちゃん用品の中でも、高価な部類に入るチャイルド...

チャイルドシートをレンタルするメリット

チャイルドシートはレンタル可能 赤ちゃんを車に乗せる際には必須なチャイルドシー...

チャイルドシートはいつまで使うの?

チャイルドシートはいつまで使う? 赤ちゃんとの車でのお出かけの際は、チャイルド...

チャイルドシートで泣くのはなぜ?

チャイルドシートで泣くのはなぜ? 車でお出かけの際に欠かせないチャイルドシート...

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php