ベビーバスはいつ買う?

ベビーバスはいつ買うのが正解?

産まれたばかりの赤ちゃんは抵抗力が弱いため、赤ちゃん用のお風呂を用意して洗ってあげるのがいいとされています。

このことを沐浴と言いますが、細菌感染などから赤ちゃんを守るというのが目的です。

大人が普段使っている湯船には、見えない雑菌などが存在していることがあるため、新生児時期は湯船に入れるのではなく、赤ちゃん用のお風呂を用意してあげるのが一般的。

 

その赤ちゃん用のお風呂としてよく使われるのがベビーバスです。

産前の両親学級や産院でもベビーバスを使った沐浴指導をされる場合があるでしょう。

 

【ベビーバスを使うのはいつまで?】

ベビーバスを実際に使うのは、赤ちゃんとママが産院を退院してから、生後1ヶ月頃までが多いです。

産まれて1ヶ月経つと、徐々に赤ちゃんに抵抗力がついてきます。

生後1ヶ月頃にある1ヶ月健診で、大人と一緒のお風呂でも入っていいと許可が下りたら、沐浴は卒業です。

そのため、実際にベビーバスを使うのは1ヶ月程度という場合が多いでしょう。

 

そんな使用期間の限られるベビーバスですが、いつ頃に買うといいのかについて紹介します。

 

ベビーバスはいつ買うといい?

赤ちゃんの沐浴に使うベビーバスは、いつ買うのがいいのでしょうか。

 

【ベビーバスは産前に購入が◎】

ベビーバスは赤ちゃんが産まれ、ママと赤ちゃんが退院したらすぐに使うことが多いものなので、産前に買っておきたいものの1つです。

どちらかというと大物のベビーグッズに入ることがため、できればまだ身動きがとりやすく、お買い物に行くのにも余裕のある、妊娠8ヶ月頃を目安に購入を考えるといいかもしれません。

 

ベビーバスには、次のように様々な種類があります。

・昔からある安定感のあるプラスティックのベビーバス

・キッチンや洗面所のシンクにすっぽりハマるタイプ

・空気を入れて膨らませるタイプ

・折りたたみできるタイプ

・赤ちゃんを寝かせたまま洗えるマットタイプ

など。

これらの中にも、手が滑って赤ちゃんをベビーバスの中に落としてしまわないようずり落ちを防止する支えがついているものや、赤ちゃんの頭を支えてくれる枕がついたものもあります。

また、大きくなってからも、水遊びで使ったり、ボールプールとして使ったりできるものを選ぶ方もいます。

 

それぞれに衛生面や収納面などのメリットデメリットがあります。

これらを踏まえながら、お家の事情や、ママとパパの好みに合わせて、ママもパパも納得するものを選ぶのが一番。

そのためには、やはりどのようなものを購入するか話し合う余裕のある産前に購入するのがいいでしょう。

 

あまりにも早く買いすぎると、場所をとってしまう場合もあるので、収納に余裕がない場合は避けた方がいいですね。

 

【里帰りする場合は里帰りしてから購入】

また、赤ちゃんが生後1ヶ月になる頃までは里帰りをするというママもいますね。

その場合ベビーバスを使うのは、主に里帰り先ということになります。

里帰り先の家族とも相談して、購入を考えましょう。

 

里帰りの場合は、里帰り前に購入してしまうと、持ち運びが大変になることがあります。

どのようなものを購入するかだけを考えておき、実際に買うのは里帰りしてから、里帰り先の家族と一緒に購入するのがおすすめです。

 

【0ヶ月】ベビーバス選びのポイント

 

そもそもベビーバスって必要?

先述したように、ベビーバスは基本1ヶ月程度しか使わないことがほとんどです。

もちろん、赤ちゃんが生後1ヶ月を過ぎても、ワンオペなどで一緒にお風呂に入るのが不安な場合などに使う方もいます。

しかし、だんだん赤ちゃんが大きくなると、片手で赤ちゃんを支えて片手で洗うのは大変。

 

最近では折りたためるタイプなど場所を取らないタイプのベビーバスもありますが、そうでなければ保管にも場所を取ります。

 

そのため、購入ではなくレンタル商品を利用したり、お下がりを貰ったり、たんすの引き出し等で代用する方もいます。

(ただし、新品のものを購入する場合と異なり、レンタル品やお下がりなどを利用する際には傷や汚れなどがある場合もあるため、衛生面での注意は必要です。)

 

このように、ベビーバスは必ず購入しないといけないものではありません。

レンタルやお下がりなど、色んな選択肢があるので、産後しばらくの赤ちゃんの沐浴をどうするかも、産前の余裕のあるうちに、夫婦で話し合って決めておくといいですね。

 

まとめ

ベビーバスは赤ちゃんが産まれてすぐの新生児期に必要なベビーグッズです。

そのため、産前のうちに購入するのがいいでしょう。

身動きのとりやすい妊娠8ヶ月頃がおすすめです。

 

しかし、ベビーバスは使用期間が一般的に1ヶ月間と短いものです。

購入するのか、レンタルするのか、また代用品を使うのかなど、その点も含めて産前の余裕のある時期に、パパと話し合っておくといいでしょう。

また、生後1ヶ月頃までは里帰りをする予定のママは里帰り先の家族とも相談して、購入を考えるのがおすすめ。

赤ちゃんを清潔に、そして安全に沐浴する方法を考えてみてくださいね。

この記事を書いたライター

おかだ うみ
おかだ うみ

11歳、6歳の兄弟を育児中のママライター。うどん県出身、お蕎麦の美味しい北陸在住。趣味はカフェ巡り、キャンプ、音楽鑑賞。子どもたちとの些細なできごとを100%楽しめるような毎日にしたい!と日々模索中。その中で学んださまざまな情報をお届けできたらと思っています。

この記事もおすすめ

int(36)

つわり時期から仕事で使える制度とは?

つわりが酷くても仕事は続けられる? 女性の社会進出が当たり前となった今、妊娠、...

プレママ必見マザーズバッグの選び方

プレママ必見!マザーズバッグの選び方

ママが使う「マザーズバッグ」とは マザーズバッグは、赤ちゃんとのお出かけの時に...

赤ちゃんの椅子はどの部屋でどう使う?

赤ちゃんの椅子はどの部屋でどう使う?

赤ちゃんの椅子は何歳から部屋で使う? 赤ちゃんは頭が重くバランスを崩しやすいの...

厄年の出産は縁起が良い?悪い?

厄年の出産は縁起が良い?悪い?

厄年に出産するのは心配? 出産が厄年(やくどし)と重なって、心配したり悩んだり...

出産準備にかかる費用は節約できる?

出産準備にかかる費用が知りたい 出産に備えて準備を進める際に、心配なのがその費...

赤ちゃんの名づけ・命名

赤ちゃんの名付けとは 赤ちゃんを授かったら、最初に悩み、考えることと言ったら名...

ママの年金が免除になる期間とは

ママの年金が免除になる期間とは

産前産後、ママの年金保険料が免除に 2019年4月から、産前産後期間、ママの国...

赤ちゃんの部屋の準備はいつから?

赤ちゃんの部屋の準備はいつからする? お腹が大きくなってくると、赤ちゃんがお家...

働くママは幼稚園か保育園かどっちがいい?

預けるなら幼稚園か保育園どっち? 今までバリバリ働いていた方も、出産を機に働き...

自宅を空ける準備

パパの家事の練習開始 里帰り出産で帰省するときは、少なくとも産前産後の1ヶ月以...

赤ちゃんのミルクの形状と特徴を比較!

赤ちゃんのミルクの形状と特徴を比較!

赤ちゃん用ミルクの種類には何がある? 赤ちゃんのミルクと聞いて最初にイメージが...

ベビーベッドのメリットデメリット

ベビーベッドのメリットデメリット

ベビーベッドは絶対必要? 赤ちゃんを迎える準備をするにあたり、気になるのがベビ...

出産するお金がないときの解決策4選

出産するお金がないと不安なママへ 妊娠出産は、新しい命の誕生ですから嬉しいもの...

助産院での出産

特徴 助産院とは、助産師が開業している分娩施設です。妊娠中の体の管理から自然な...

12月生まれの赤ちゃんに人気の名前は?

12月生まれの赤ちゃんの名前 赤ちゃんの誕生月が12月だとわかったら、12月に...

赤ちゃんのへその緒の胎内での働き

赤ちゃんのへその緒はいつ作られる? 赤ちゃんとママをつなぐ大切な「へその緒」は...

子育てヘルパーを利用する方法

子育てヘルパーとは 産後はママの体を休めることが重要ですが、赤ちゃんのお世話も...

漢字にこだわる名づけ

漢字にこだわる名づけ 漢字から名づけをする時とは、気に入った漢字がある場合や、...

厄年の出産は縁起が良い?悪い?

里帰り出産で家族と上手に過ごすコツ

里帰り出産は家族関係のストレスも? 里帰り出産とは、ママの出産と産後をサポート...

赤ちゃんの粉ミルク人気5選

赤ちゃんの粉ミルク人気5選

赤ちゃんの粉ミルクの種類 赤ちゃん用の粉ミルクにはさまざまな種類があるため、ど...

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php