初めての紙おむつの選び方

初めての紙おむつの選び方


紙おむつってどう選べばいいの?

赤ちゃんが生まれてすぐから使用する「紙おむつ」。
絹のように柔らかい赤ちゃんのお肌を守るために、少しでも赤ちゃんに合ったよい紙おむつを選んであげたいというパパやママがたくさんいます。

しかし、紙おむつにはいろいろな種類があり、これから赤ちゃんを迎えるパパとママにとってどれを選べばよいかわかりにくいのが現状です。
そこで、赤ちゃんが初めて使う新生児用の紙おむつの選び方をご紹介します。

新生児用の紙おむつの選び方

赤ちゃんが生まれてすぐ使う「新生児用の紙おむつ」。
同じ新生児用の紙おむつでもメーカーによっていろいろな種類がありますよね。初めての時は、下記のようなポイントを参考に選んでみてください。

 

【赤ちゃんの体に合ったサイズのものを選ぶ】
紙おむつにはサイズがあります。
赤ちゃんそれぞれで体重や体格が違いますが、新生児用の紙おむつは、3,000gまでの赤ちゃんで使えるものと5,000gまでの赤ちゃんが使えるものに分かれているものもあります
サイズが大きいと、うんちやおしっこが漏れてくる原因になりますので、サイズの合ったものを選ぶようにしましょう。
同じ新生児用おむつでも、メーカーによって若干サイズが異なりますので、色々と試してみるといいかもしれません。

 

【肌触りが良いものを選ぶ】
赤ちゃんのお肌は繊細です。
メーカーによって使用している素材や肌触りに違いがありますので、肌触りの良いものを選んであげましょう。

 

【吸水性と通気性が高いものを選ぶ】
おむつの中は湿気が多いので、赤ちゃんのお肌に悪い環境です。
おしっこをしっかりと吸水し、通気性の良いタイプの紙おむつを選ぶことでお肌のトラブルを少なくすることができます

 

 

【漏れにくい形状になっているものを選ぶ】
生まれたばかりの赤ちゃんは1日のほとんどを寝て過ごしています。
そのため、背中や股の部分からおしっこやうんちが漏れてしまうことがありますので、漏れにくいように工夫されている形状のものを選んであげると良いでしょう。

 

【テープの付け外しが容易なものを選ぶ】
生まれたばかりの赤ちゃんは、寝ている状態でもおむつが変えやすい「テープタイプ」の紙おむつがほとんどです。
このテープの形状もメーカーそれぞれで変わりますので、テープの付け外しが容易なものを選ぶことでおむつ替えがスムーズにできます。

 

【価格もチェックして選ぶ】
様々なメーカーから紙おむつが販売されていますが、メーカーによって価格が異なります。
それは、紙おむつの構造や特色に違いがあるからです。毎日使うおむつですから、価格面も比較して選びましょう。

紙おむつ選びの注意点

「紙おむつはどれも一緒?」と思われがちですが、実際に使ってみると大きな違いに気づきます。
失敗しないためにも下記の点に注意して選ぶようにしましょう。

 

【メーカーによって微妙にサイズが違う】
先述したとおり、各メーカーによって同じ「新生児用」でも微妙にサイズ感が異なることがあります。
頻繁にうんちが漏れてしまうという場合は、おむつのサイズが合っていない可能性もありますので、他の商品も試してみると良いでしょう

 

【赤ちゃんの肌に合わないおむつもある】
どのメーカーのおむつも赤ちゃんの肌を考えた優しい作りになっていますが、赤ちゃんによっては肌に合わないおむつもあります。
こまめにおむつ替えをしているにもかかわらず、赤ちゃんのお尻が赤くなっているなど、お肌のトラブルが起こった場合はおむつの種類を戻すなどして様子を見ましょう

 

【試しに使ってみたい場合はサンプルや少量パックを利用する】
紙おむつは肌触りや吸水性、通気性などが異なりますので、いろいろ試してみることで赤ちゃんに合ったおむつを見つけることができます。
しかし、新生児用の紙おむつはかなりたくさん入っていますので、試してみたいと思っていても、使い切る前にサイズアウトしてしまう可能性があります。

 

新しいおむつを試してみたい場合は、赤ちゃん用品店や産院などでもらえるサンプル品を試すか、少量パックを購入してみると良いでしょう
赤ちゃん向けのイベントなどに参加すると、紙おむつのサンプル品がもらえることもありますよ。

ママ友などの意見も参考にしよう

分からないことだらけの紙おむつも、実際に使ったことがある人の口コミは大変参考になります。

 

特にサイズの情報などは使っている人しか分かりません
児童館や産院などでママ友ができた方は、紙おむつについて聞いてみるとよいでしょう。
違うメーカーの紙おむつを交換してみたり、兄弟がいるママ友に感想を聞いてみて、紙おむつ選びの参考にすることもおすすめです。

 

ただし、ママ友からの情報はあくまでその赤ちゃん・ママに合った「使用感」となります。
すべての赤ちゃんに当てはまるわけではありませんので、参考程度に意見を聞くようにしてくださいね。

まとめ

初めての紙おむつ選びは右も左も分かりませんが、赤ちゃんのお肌を守るためにより良いものを選びたいと思うママはたくさんいます。
ママ友の情報やサンプル品などを使って情報収集をし、赤ちゃんにぴったりの紙おむつを選んであげましょう。

この記事を書いたライター

きくちまい
きくちまい

2歳と6歳の子どもを育てているライター歴3年の在宅ママライターです。 幅広いジャンルで執筆中。日本中のママへ、わかりやすくて「なるほど!」な情報をお届けします!

この記事もおすすめ

int(36)

令和の赤ちゃんの名づけの傾向

令和に生まれた赤ちゃんの名付けの傾向

最新の赤ちゃんの名付けの傾向は? 令和という新しい元号に変わって「令和ベビー」...

おむつ専用ゴミ箱は必要?

おむつ用ゴミ箱とはどんなもの? おむつ用ゴミ箱は、他にも「おむつペール」や「お...

保育園はいつから探す?保活の流れ

保活を成功させるために 保育園に入園するための保活。 育休明けからスムーズに...

初めてのベビーバスタオルの選び方

初めてのベビーバスタオルの選び方

赤ちゃんにはベビー用のバスタオルを 赤ちゃんのバスタオルは、ママやパパが使って...

厄年の出産は縁起が良い?悪い?

厄年の出産は縁起が良い?悪い?

厄年に出産するのは心配? 出産が厄年(やくどし)と重なって、心配したり悩んだり...

2人目出産時の上の子の預け先は?

2人目出産時の上の子の預け先は?

出産時の上の子の預け先はどうしよう? おめでたい2人目の出産。しかし、最も気が...

名づけについてのQ&A

Q.名前に使用可能な文字は? A.戸籍法50条1項により、人の名前に使える文字...

赤ちゃんの名前付け!画数の流派とは?

赤ちゃんの名前の画数は気する? 赤ちゃんの名前を考える時、画数を気にしますか?...

ママと赤ちゃんにやさしいドリンク 

妊娠中のカフェイン摂取 今までは気軽にコーヒーや紅茶を楽しんでいたのに、妊娠し...

マザーズリュックの選び方7選

マザーズリュックとは? 赤ちゃんとのお出かけは、とにかく荷物がいっぱい! お...

新生児用布団を選ぶときのポイント

新生児用布団を選ぶときのポイント

新生児には新生児用布団を用意しよう 退院するとすぐに赤ちゃんのねんねスペースが...

厄年の出産は縁起が良い?悪い?

里帰り出産で家族と上手に過ごすコツ

里帰り出産は家族関係のストレスも? 里帰り出産とは、ママの出産と産後をサポート...

冬生まれの赤ちゃんの名前におすすめの漢字

冬生まれの赤ちゃんの名前におすすめの漢字

「冬生まれ」の赤ちゃんの名前 パパやママの思いが詰まった赤ちゃんの名づけ。 ...

赤ちゃんの名前の画数は気にする?

赤ちゃんの名前の画数 赤ちゃんの名前を決める際、画数で悩むママは多いのではない...

【ベビー用品】ベッドインベッドの選び方

【ベビー用品】ベッドインベッドの選び方

ベッドインベッドでベビーベッド代わり 赤ちゃんが生まれたら眠る場所を用意してあ...

大学病院での出産

特徴 大学病院とは、総合大学の医学部や歯学部、あるいは医科歯科大学の付属施設で...

赤ちゃんの椅子はどの部屋でどう使う?

赤ちゃんの椅子はどの部屋でどう使う?

赤ちゃんの椅子は何歳から部屋で使う? 赤ちゃんは頭が重くバランスを崩しやすいの...

赤ちゃんの粉ミルク人気5選

赤ちゃんの粉ミルク人気5選

赤ちゃんの粉ミルクの種類 赤ちゃん用の粉ミルクにはさまざまな種類があるため、ど...

新生児のプレゼントにママの手作りを

新生児のプレゼントを手作りしよう! 新生児へのプレゼントというと、出産祝いなど...

診療所・専門病院での出産とは

特徴 一般的に病院と呼ばれていますが、大きく分けて診療所と病院の2種類がありま...

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php