ベビーベッドはいつまで使う?

ベビーベッドはいつまで使う?

赤ちゃんが生まれてすぐから、ずっと使うことになるベビーベッド。

これからベビーベッドを選ぼうと考えている方は、いつまで使えるのか気になりますよね。

赤ちゃんの成長によって、ベビーベッドをいつかは手放す日が訪れることでしょう。

できるだけ長く使いたいと考えている方もいるかもしれません。

実際には、いつまで使えるものなのでしょうか。

 

そこで今回は、ベビーベッドを卒業するタイミング、卒業後のベビーベッドの使い道についてご紹介します。

 

ベビーベッドはいつまで使える?

まずはベビーベッドがいつまで使えるのか、「対象年齢」について見ていきましょう。

 

ベビーベッドは多くのメーカーから販売されていますが、そのほとんどが0ヶ月〜24ヶ月を対象としています。

ベビーベッドの大きさによっては、24ヶ月を過ぎてもサイズ的には使える場合もあるかもしれませんが、安全面を考慮して対象年齢を守るようにしましょう。

ただ、実際には対象年齢よりももっと早く卒業する赤ちゃんが多いようです。

 

赤ちゃんベッドを部屋に置く必要性は?

 

ベビーベッドを卒業するタイミング

ベビーベッドの対象年齢とは別に、どんなタイミングで卒業することが多いのでしょうか。

 

【寝返りをし始めたタイミングで】

生後6ヶ月くらいになると、赤ちゃんは寝返りを始めます。

ベビーベッドの中で寝返りをするとすぐに柵にぶつかってしまい、それを危ないと感じ卒業するケースも多いようです。

 

 

【つかまり立ちを始めたタイミングで】

生後8ヶ月くらいになると、今度はつかまり立ちを始めます。

ベビーベッドの柵を持ってつかまり立ちをすると、赤ちゃんが落下しそうになる場合もあるかもしれません。

また、つかまり立ちだけではなく柵をよじ登ろうとする赤ちゃんもいるため、危険を感じ卒業するというケースも考えられます。

 

 

【赤ちゃんが大きくなったタイミングで】

コンパクトなベビーベッドを選んだ場合、赤ちゃんの成長によっては早く卒業のタイミングが訪れるかもしれません。

赤ちゃんが予想よりも早く大きく成長したり、活発に動き回ってすぐに柵に当たったり、ベビーベッドが狭く感じるようになったら使い続けるのは難しいかもしれませんね。

 

 

【添い寝の方が楽になったから】

実際に赤ちゃんが産まれてからお世話をしてみると、ベビーベッドだと寝かしつけが難しく、添い寝の方が楽という方もいるようです。

添い寝する機会が増えるとベビーベッドを使わなくなるので、そのまま卒業というケースも。

 

 

【レンタル期間が終了したから】

赤ちゃんグッズはどれも一時的にしか使わないので、レンタルサービスを利用する方も多いようです。

レンタルなのでどれも期限があるため、その期間が終了したらそのまま卒業するという方法もあります。

 

ベビーベッド卒業後の使い道

せっかく選んだベビーベッドを、すぐに処分するのはもったいないですよね。

ベビーベッド卒業後に別の使い道ができると、選択肢も広がりますよね。

卒業後の使い道についてご紹介いたします。

 

【二人目のために取っておく】

もっとも多いのは二人目のために取っておく、ではないでしょうか。

そのままだと場所を取るので、一旦きれいにしてから解体し収納しておくことが必要です。

 

 

【ベビーゲートやベビーサークルとして】

ベビーベッドの種類によっては、柵を取り外し、もしくは部品を付け替えるなどをすればそのままベビーゲートやベビーサークルとして使うことができます。

二人目のためにただ取っておくよりも、このように使い道があるとすぐに片付けなくて良いので助かりますよね。

 

 

【物置として】

ベビーベッドは赤ちゃんを寝かせる場所以外にも、下に収納棚がついている種類もあるため、収納力は抜群です。

その収納力を生かし、赤ちゃんのお世話グッズなどを収納したり、子供が成長してからも荷物おきとして使ったりする方もいるようです。

 

 

【他の家具にリメイク】

もっと長く使うために、卒業後にベビーベッドをリメイクする方も増えているようです。

例えば、机・ソファーベッド・収納ラック・ベンチなどが挙げられます。

ただし、リメイクした際は本来の用途とは異なるため、安全面には十分に注意しましょう。

 

ベビーベッド卒業後はどうやって寝る?

ベビーベッド卒業は赤ちゃんとどのように寝たら良いのでしょうか。

 

【ベビー布団】

大人の布団の隣にベビー布団を敷いて寝かせます。

この方法なら、ベビーベッドで使用していた布団をそのまま使うことができますね。

 

 

【同じ布団で一緒に】

大人と同じ布団で一緒に寝る方も多いようです。

その場合は大人が赤ちゃんを覆い被さることがないように注意しましょう。

 

 

【同じベッドで一緒に】

広めのベッドであれば、同じベッドで一緒に寝ることもできます。

ただし、その場合も大人が赤ちゃんを覆い被さることがないように注意するのと、落下しないようにしましょう。

赤ちゃんが落下する危険性を考えて、初めから低めのベッドを検討するのも良いでしょう。

 

まとめ

赤ちゃんは特に小さい頃は一日のほとんどを寝て過ごします。

それが成長に伴い、ベビーベッドが小さくなってきたと感じられる日が訪れることでしょう。

ベビーベッドをこれから選ぶ方は、できるだけ長く使いたいと考えている方も多いかもしれません。

ご紹介した卒業のタイミングとなる目安を参考にして、卒業後の使い道も頭に入れておくと良いでしょう。

この記事を書いたライター

おがわ みなみ
おがわ みなみ

関西在住で一児の母です。 子育てをしながら仕事も両立したいと思い、在宅ライターを始めました。 日々、子供と楽しく暮らせるよう工夫することが大好きです。 新米ママやプレママさんのお役に立てるような記事をお届けします。よろしくお願いします。

この記事もおすすめ

int(36)

A型ベビーカーはB型とどう違う?

A型ベビーカーはB型とどう違う?

A型ベビーカーとは? 赤ちゃんとのお散歩やお出かけに重宝するベビーカーですが、...

令和の赤ちゃんの名づけの傾向

令和に生まれた赤ちゃんの名付けの傾向

最新の赤ちゃんの名付けの傾向は? 令和という新しい元号に変わって「令和ベビー」...

赤ちゃんの部屋の準備はいつから?

赤ちゃんの部屋の準備はいつからする? お腹が大きくなってくると、赤ちゃんがお家...

立会い出産までに準備しておきたいこと

立会い出産を決めたら ママや赤ちゃんが命がけで望むのが出産です。 そんな場面に...

これで安心!安産のお守りの扱い方

安産のお守りの扱い方は? 妊娠中に安産のお守りを購入する人も多いのではないでし...

名づけの注意点

名づけの注意点 赤ちゃんの名前をつけるときは、注意しなければならない点がいくつ...

プレママへ贈るおすすめプレゼント5選

プレママへ贈るおすすめプレゼント5選

プレママにお祝いを贈りたい! もうすぐ赤ちゃんが生まれるプレママへ、どんなプレ...

出産内祝いにおすすめのアイテムは?

出産内祝いにおすすめのアイテムは?

出産内祝いの金額や時期は? 出産内祝いとは、赤ちゃんの誕生のお祝いをいただいた...

産休はいつからとれる?

産休とは 産休とは「産前産後休業」の略称です。 「産休」と聞くと、育児休業(...

高齢出産のリスク回避

出生前診断でリスクを把握する 高齢出産のリスクを回避するためには、まず様々な出...

産休前に仕事でしておくべき3つのこと

産休前には仕事のやり残しがないように 妊娠中、毎日体調や気持ちの変化に戸惑いな...

子育てタクシーってどんなサービス?

子育てタクシーってどんなサービス?

子育てタクシーはどんなサービス? 子どもやパパママ、妊婦さんのための「子育てタ...

赤ちゃんのための出産準備リスト

出産準備リストで安心して迎えよう 初めての赤ちゃん。 出産準備には何を揃えた...

12月生まれの赤ちゃんに人気の名前は?

12月生まれの赤ちゃんの名前 赤ちゃんの誕生月が12月だとわかったら、12月に...

大学病院での出産

特徴 大学病院とは、総合大学の医学部や歯学部、あるいは医科歯科大学の付属施設で...

新生児用布団を選ぶときのポイント

新生児用布団を選ぶときのポイント

新生児には新生児用布団を用意しよう 退院するとすぐに赤ちゃんのねんねスペースが...

赤ちゃんの名前はいつから考える?

赤ちゃんの名前を決める時期 お腹に赤ちゃんがいることが分かってから、生まれてか...

初めてのベビーバスタオルの選び方

初めてのベビーバスタオルの選び方

赤ちゃんにはベビー用のバスタオルを 赤ちゃんのバスタオルは、ママやパパが使って...

母乳パッドは必要?

母乳パッドの役割は? 出産準備品の1つとして挙げられる「母乳パッド」。 母乳...

出産するお金がないときの解決策4選

出産するお金がないと不安なママへ 妊娠出産は、新しい命の誕生ですから嬉しいもの...

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php