産後の体型回復



産後に体型が変化する理由

妊娠中は体重が増え、体型も変わります。
しかし「出産したのに体重が戻らない、体型が戻らない」という悩みを抱えているママも多いのではないでしょうか。ホルモンの働きにより、ママの皮下脂肪が増えることもその一因ですが、赤ちゃんに合わせた生活が原因になる場合もあります。
赤ちゃんと一緒にママも横になることが多く、低月齢のうちはあまり外出もできないのでどうしても運動不足になりがちです。

また、母乳のためにと食事量を増やしてしまったり、楽だからとリラックスウェアばかり着ているママもいることでしょう。
妊娠中についてしまった余分な脂肪、出産によりゆるんでしまった骨盤。これらは時間がたてば自然に元通りになるというわけではありません。産後太りがそのままの体型になってしまう前に、元の体型に戻しやすい時期を逃さず積極的に体型戻しに取り組んでみましょう。

 

産後の体型戻しを始める時期

産後の体型で特に気になる部分といえばバストとお腹ではないでしょうか。個人差もありますが、体型戻しを始める時期は、産後2~3ヶ月が目安です。無理のない範囲で進めていきましょう。

 

【バストケアを始める時期】

妊娠から授乳期にかけて、ママのバストは大きく豊かになりサイズアップします。しかし、バストが急激に大きくなると皮膚に負担がかかり、バストの重みを支えられず次第に垂れてしまうことがあります。授乳期が終わると乳腺や脂肪が急激に減り、妊娠前よりもサイズダウンして「しぼんでしまった」と感じるママもいるようです。 妊娠中の大きさをキープすることは難しいですが、元のサイズに戻った時に形を崩さないように授乳中からバストケアが必要です。

 

【骨盤ケアを始める時期】

妊娠中に分泌されるホルモンには、産道を確保するために骨盤の靭帯を緩め、骨盤を開きやすくする作用があります。妊娠出産時に開いた骨盤は、産後3~4ヶ月くらいかけて徐々に元の位置に戻っていくのが一般的です。

しかし、産後の運動不足や筋力低下により、骨盤は正常な位置に戻りにくくなることがあります。

いつまでも骨盤が戻らないと下半身を中心に脂肪がつきやすくなってしまい、産後太りにつながります。また、冷え性、便秘、尿漏れなどの原因になることもあります。 産後の床上げが終わる3ヶ月頃から骨盤戻しに取り組みましょう。

 

産後の体型戻しの方法

産後の体型回復は肥満解消のためのシェイプアップとは異なります。無理な体型回復は体調を崩したり、子宮下垂などの後遺症を引き起こす危険もあるため注意しましょう。

まずは体調の回復を優先的に進めていき、徐々にステップアップしていきます。

 

【食事のバランス】

バランスの良い食事を心がけ、甘いおやつや脂っこいものを控えましょう。授乳中はカルシウムが不足しがちですので、小腹が空いたときはヨーグルトがおすすめです。また、便秘になるママも多いので野菜を中心にしたメニューを考えてみましょう。

 

【運動不足の解消】

外出できるようになったら、積極的に赤ちゃんとのお散歩を楽しみ、運動不足を解消しましょう。おなかに力を入れ、腹筋を意識しながら歩くようにします。また、自宅でできるエクササイズとして、産後すぐから始められる産褥体操などの軽いストレッチや体操を行うのもおすすめです。赤ちゃんと一緒に楽しめるエクササイズもあるので、育児をしながら取り組んでみましょう。

 

【バストケア】

保湿、マッサージ、エクササイズ、補正下着などが有効です。

授乳期は、赤ちゃんの口に入っても安心なオーガニックや植物由来の保湿剤を選びましょう。ただし、はちみつ入りの製品は、乳児ボツリヌス症の危険があるので避けましょう。

授乳中の下着は補正効果が弱いものが多いですが、就寝中も下着を付けたり、乳首の引っ張り飲みをやめさせるだけでもバストの形の崩れを防ぐのに効果があります。

 

【骨盤ケア】

ウォーキング、ストレッチ、骨盤回復用下着(ニッパー、ガードルなど)など、取り入れやすいものから始めてみましょう。

産後は徐々に体が回復する時期です。出産直後は骨盤の回復を促す程度のニッパーやサポーター付きのガードルタイプでやさしく保護しましょう。無理な締め付けはかえって骨盤底の回復を妨げるだけでなく、軽失禁の原因となったり、体型を崩す恐れもありますので、注意が必要です。

 

この記事を書いたライター

赤ちゃん成長ナビ
赤ちゃん成長ナビ

育児のポイントと成長度合いがわかるポータルメディア「赤ちゃん成長ナビ」。
生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。

生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

この記事もおすすめ

int(36)

ママの年金が免除になる期間とは

ママの年金が免除になる期間とは

産前産後、ママの年金保険料が免除に 2019年4月から、産前産後期間、ママの国...

ベビーカーで電車に乗る際の注意点

ベビーカーで電車に乗る時の注意点とは

ベビーカーで電車に乗るのは不安… これまで通勤やお出かけの際、電車を利用したこ...

赤ちゃんの名前の画数は気にする?

赤ちゃんの名前の画数 赤ちゃんの名前を決める際、画数で悩むママは多いのではない...

里帰り出産のメリット

メリット①安心して出産に臨める 里帰り出産の最大のメリットは、先輩ママである母...

名づけの注意点

名づけの注意点 赤ちゃんの名前をつけるときは、注意しなければならない点がいくつ...

冬生まれの赤ちゃんの名前におすすめの漢字

冬生まれの赤ちゃんの名前におすすめの漢字

「冬生まれ」の赤ちゃんの名前 パパやママの思いが詰まった赤ちゃんの名づけ。 ...

赤ちゃんのへその緒の胎内での働き

赤ちゃんのへその緒はいつ作られる? 赤ちゃんとママをつなぐ大切な「へその緒」は...

2人目出産時の上の子の預け先は?

2人目出産時の上の子の預け先は?

出産時の上の子の預け先はどうしよう? おめでたい2人目の出産。しかし、最も気が...

診療所・専門病院での出産とは

特徴 一般的に病院と呼ばれていますが、大きく分けて診療所と病院の2種類がありま...

ベビー服を簡単に手作りする方法

【初心者編】ベビー服を手作りする方法

ベビー服を簡単に手作りするには? 妊娠中、体調が良く、ゆっくりと時間を過ごせる...

プレママの出産準備グッズ

プレママの出産準備 出産準備とは、入院中や産後すぐには外出できないため、ママと...

プレママに必要な栄養素

基本は栄養バランスのとれた食生活 普段からバランスよく栄養をとることは大切です...

【ベビー用品】ベッドインベッドの選び方

【ベビー用品】ベッドインベッドの選び方

ベッドインベッドでベビーベッド代わり 赤ちゃんが生まれたら眠る場所を用意してあ...

ベビーベッドのメリットデメリット

ベビーベッドのメリットデメリット

ベビーベッドは絶対必要? 赤ちゃんを迎える準備をするにあたり、気になるのがベビ...

あると便利な出産入院準備グッズ9選

あると便利な出産入院準備グッズ9選

出産入院の準備にあると便利なものは? いよいよ出産の時期が近づいてくると、入院...

お産が死産だったら…赤ちゃんの供養は

お産が死産だったら…赤ちゃんの供養は

死産の赤ちゃんの供養について お腹の中にやってきてくれた赤ちゃんですが、残念な...

ベビーソファのメリットデメリット

ベビーソファのメリットとデメリット

ベビーソファとは?いつから使う? ベビーソファとは、足を入れて座れるようになっ...

名づけについてのQ&A

Q.名前に使用可能な文字は? A.戸籍法50条1項により、人の名前に使える文字...

産休前に仕事でしておくべき3つのこと

産休前には仕事のやり残しがないように 妊娠中、毎日体調や気持ちの変化に戸惑いな...

妊娠の不安や心配の相談窓口は?

ひとりで悩まないで!妊娠の相談先は? 妊娠出産とは、新しい命をさずかり育ててい...

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php