赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビ トップ > 月齢フォト

赤ちゃんの月齢フォトを撮るコツ

赤ちゃんの月齢フォトを撮るコツ

■ 赤ちゃんの月齢フォトって何?

赤ちゃんの月齢フォトを撮って、インスタグラムなどSNSなどに載せるママも増えてきましたよね。

月齢フォトとは、赤ちゃんの毎月の成長が見ただけではっきりわかるように、同じ場所で同じ目線から撮影する写真のことです。「〇ヶ月」などと書いた小物やガーランドなどで、赤ちゃんの周りを飾って、かわいらしく撮るママも。

SNSなどにアップしなくても、撮っておくと成長の思い出に残ります。今回はそんな赤ちゃんの月齢フォトを撮るコツや更に可愛く撮るためのアイテムなどをご紹介します。

■ 赤ちゃんの月齢フォトを撮るコツとは?

赤ちゃんの月齢フォトを撮るコツは次のようなものがあります。

【月齢フォトを撮るコツ①上から撮る】

月齢フォトを撮るときは赤ちゃんの全身が写るように、赤ちゃんの上から撮るのがコツです。時には踏み台などを利用しながら、真上から撮りましょう。

新生児の頃は身長が50cm前後だった赤ちゃんも1歳を迎える頃には75cm前後に成長します。その成長が分かるように、斜めや横からではなく上から撮るのがおすすめです。

【月齢フォトを撮るコツ②同じ場所で撮る】

いつも撮る場所や構図を決めておくのもいいでしょう。構図が同じだと、月齢フォトを見返したときに成長も分かりやすくなります。

おすすめなのが同じマットや座布団の上に寝かせて撮ること。座布団内に収まっていた赤ちゃんが、いつの間にか座布団よりも大きくなっている!などの成長も感じられることでしょう。

【月齢フォトを撮るコツ③アイテムを添えると素敵】

赤ちゃんを撮影するだけでもとってもキュートな写真にできあがりますが、アイテムを添えると更にかわいらしさがアップします。月齢が書かれたステッカーを置いたり、バルーンなどを添えると見た目も華やかですね。

【月齢フォトを撮るコツ④赤ちゃんの機嫌がいいときに撮る】

赤ちゃんを写真に撮るのって、結構大変ですよね。撮っている間にぐずったり、泣いてしまったり。動けるようになると、じっとしていられず、なかなか上手く撮れないことも。

無理して「〇ヶ月0日目」に撮る必要はないので、授乳後など機嫌がいい時間、機嫌がいい日に撮りましょう。気持ちよさそうに寝ているときに撮るのもひとつの方法です。遊んでいる途中やお腹が空いているときに無理矢理…など、大人の時間の都合で撮るのは好ましくありません。

大人も赤ちゃんも楽しく撮影ができるといいですね。

【月齢フォトを撮るコツ⑤光をうまく取り入れて撮る】

写真を撮るときの上級テクニックでもありますが、赤ちゃんの柔らかい雰囲気を写真に収めるには光をうまく取り入れるのがコツ。部屋の中で撮る場合がほとんどかと思いますが、明るい自然の光が差し込む窓際で撮るのがおすすめです。

とはいえ、眩しすぎるのも赤ちゃんがかわいそうですから、レースカーテンなどを使って直射日光が当たらないように工夫しましょう。

また、撮影するママが白い服を着るのもおすすめ。写真館などではよく使われますが、被写体に光を反射させる、簡易的レフ版になります。赤ちゃんをふんわりと明るく撮ることができますよ。

■ 赤ちゃん月齢フォトが映えるアイテム

撮るコツでもご紹介しましたが、月齢フォトに添えるアイテムにこだわってみませんか。更に月齢フォトがかわいらしく仕上がること間違いなしですよ。

【月齢ステッカーやカード】

写真を撮った後にスマホアプリ等で装飾するのもかわいいですが、赤ちゃんの服に月齢を書いたステッカーを貼ってみたり、横に月齢カードを置いたりするのも可愛いですね。

【数字バルーン】

数字のバルーンも人気のフォトアイテムです。バルーンが気になって遊んでしまう赤ちゃんもいるかもしれませんが、その瞬間も貴重なシャッターチャンス!思い出に残る写真を撮ってみてくださいね。

【フォトプロップス】

SNSなどで人気のアイテム、フォトプロップス。吹き出しや季節を感じられるアイテムなどたくさんの種類のフォトプロップスが市販されています。そんなアイテムと一緒に月齢フォトを撮ると、おしゃれな写真に仕上がるでしょう。

月齢カードなどと一緒にフォトプロップスも自作してみると、更に愛着が沸くかもしれませんね!

【お気に入りの服やおもちゃ】

その月齢時の1番のお気に入りの服や、よく遊んでいるおもちゃと一緒に撮るのもいいでしょう。写真を見るだけで、その当時の懐かしい思い出がよみがえるかもしれません。

また、おむつ姿も赤ちゃんの時しか撮れない写真です。体の成長の分かりやすい写真が撮れるのでおすすめです。

【ガーランドやお花】

更に写真を華やかに仕上げるなら、ガーランドやお花を添えるのもいいでしょう。お花は季節が感じられるものにすると、その月齢時の季節も分かっておしゃれです。

■ まとめ

赤ちゃんの月齢フォトは一生に一度の赤ちゃんの時にしか撮れない写真。忘れずに撮って思い出に残していきながら、成長を感じてみませんか。

先月はできなかったことが今月はどんどんできるようになった。そんな思い出が月齢フォトを見るだけで思い出せるかもしれません。ぜひ、月齢フォトを撮るコツをつかんで、素敵な写真を撮ってみてくださいね。