赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビ トップ > プレママの起業

子育て中のママに人気の「プチ起業」

子育て中のママに人気の「プチ起業」

■ 子育て中だからこそ「プチ起業」

子育て中でも、仕事をしたいと思っているママもいるでしょう。

子どもの頃からの夢を叶えたり趣味を活かして仕事してみたいと思っても、子どもを預けるのに罪悪感があったり、子育て優先で仕事が中途半端になるのが嫌だったり、色々な思いに悩まされ仕事をするのを諦めてはいませんか?

子育てしながら仕事がしやすい会社が見つからないときは、ママが起業するという方法もあります。「起業」と言うとハードルが高いイメージがありますが、今流行りの「プチ起業」ならリスクも少なく、在宅など自分の望む方法でお仕事することができます。

そこで今回は、特に子育てママにおすすめの「プチ起業」の職種についてご紹介します。

まずは、プチ起業とはどういうものなのか、副業との違いについてみていきましょう。

■ プチ起業って何?

事業を立ち上げることを起業と言いますが、その中で小さな事業を始めることを「プチ起業」と言います。

プチ起業をすると、会社に雇用され給料を得るのではなく、直接仕事を請け負ったり販売したりし、収入を得ることとなります。

会社勤めとは違い、与えられた仕事をするのではなく、仕事を得るために宣伝活動や営業活動を行い、請求書の発行から入金確認などの経理業務まですべて自分で行わなければなりません。

そう考えるととても難しいように感じますが、インターネットが使える今は、これらのことに手間や時間をあまりかけずに処理することが可能で、比較的誰でも簡単にプチ起業をすることができます。

最近では女性を中心にプチ起業が話題となっており、特に子育て中のママのプチ起業家が増えているようです。

また、プチ起業は、本業以外に収入を得る「副業」とは異なり、店舗経営などを含めるのが大きな違いです。自宅でネイルサロンやエステサロンなどを開業するのもプチ起業に含まれます。

企業で働くという既成概念にとらわれず、出産や子育てを経験したからこそできるライフスタイルの提案や、趣味や仕事のキャリアで得た自由な発想を活かせることが、プチ起業の最大の魅力ですね。

■ 子育て中のママに人気のプチ起業

プチ起業をしたいと考えるママのために、人気のプチ起業をいくつかご紹介します。

【在宅講師】

資格保持者におすすめなのが、在宅スクールの先生です。

子ども向け英会話教室やピアノの講師など、自宅の一部を改装してレッスンを行います。大人向けであれば、料理教室やヨガ教室なども良いでしょう。口コミなどで顧客を確保できれば、安定した収入が見込めます。

【家事代行業】

料理や掃除が得意なママには、家事代行業がおすすめです。

共働きの夫婦や独居老人など、忙しくて家事をする時間がないという方のために、家事を代わって行うサービスです。子どもが幼稚園に行っている間の数時間で働けるのが魅力です。

【せどり】

せどりとは、安く仕入れたものをネットで高く売って利益を得ることです。

せどりは、高く売れるものを見極めるための目効きが必要となります。また、今人気の商品は何かなどの情報収集も大切です。

フリマアプリなどで簡単に始められますが、せどりといえど中古品を販売する場合は、「古物商許可証」が必要なこともありますので気をつけましょう。

【店舗経営】

子どもの頃からの夢を実現したくて、カフェや雑貨のお店を開きたいママも多いでしょう。人通りの多い場所にお店を持てれば、集客して売上も見込めます。

店舗の賃貸料、商品や材料の購入、在庫の収納場所など、初期投資にかなりかかる割に、すぐに収入につながり難いところが難点です。

【ネットショップ】

ネットショップを利用すれば、今やだれでもすぐ簡単に仮想店舗を持つことができます。

フリマアプリを使えば、初期投資が少なく簡単に販売できますが、プチ起業として販売をする場合、フリマアプリの機能では物足りないかもしれません。

ネット上のショッピングモールから出店すれば、初期費用がかかったり、売り上げから手数料を支払うことになったりしますが、比較的始めやすいと思います。

一方、個人でネットショップを運営する場合、ショップのウェブデザインや商品の写真撮影、クレジットや代金引換などの支払い代行や配送業者との契約など、出店するまでに細々とやることがたくさんあります。

手間はかかりますが、自分の好きなようにショップ構築できるため、こだわりの強いママには向いているでしょう。

【在宅ワーク】

パソコンがあり、インターネットにつなげられる環境があれば、Webデザイナー・ライター・イラストレーターなどの在宅ワークが可能です。

在宅ワークでも、安定した収入が得られれば立派なプチ起業と言えます。在宅で仕事ができるため、子どもの急な病気も対応しやすいですね。

■ まとめ

プチ起業を始めるママの中には、収入を得るためばかりではなく、育児のために家庭に入り社会との接点が無くなったことに焦り、居場所や自分らしい働き方を見つけ、社会貢献したいという意義もあるようです。

プチ起業という方法で、趣味を活かして仕事したい・夢を叶えたいという子育て中のママが、自分らしく働き、女性として輝けることは素晴らしいことです。是非皆さんも、これを機にプチ起業について考えてみてください。